タグ別アーカイブ: ゾーンディフェンス

女子ゾーンディフェンスコンセプト

2015【基本はマンツー】

基本的にマンツーでいきます。
まずはマンツーのルールを共有してください。

1線:ボールに対して距離を詰める意識

2線:キープレイヤーはディナイ、それ以外は基本ディナイだが各自の判断、カットインのヘルプには行かない。

3線:ヘルプの意識を持つ
自分のマークマンがエースの場合、味方に周知のうえ、ヘルプに行かずにチェックバックで対応。

—————————————-

【2-3ゾーン併用の意義】
ゾーンは、マンツーが機能しない時、あるいはゲームに変化を与えたい時に積極的に使用します。
ゾーンにすると、ゾーンオフェンスのコンセプトがないチームの場合は3Pで崩そうとします。
今の対戦相手レベルだと、ノーマークで打たさなければ、あまり入らないと想定し、相手が自滅すればラッキー。
ただし、連続で決められてしまう場合は、速やかにマンツーに戻します

また、ゾーンディフェンスをすることで、なんとなくゾーンオフェンスの勉強になります。

—————————————-

【ゾーンの利点】
・常に三線の位置に人が立っているので、一線が抜かれても大丈夫。
カットインが得意なチームに有効

・スクリーンプレイの意味が薄いので、相手のナンバープレイを封じれる。

・位置が一定しているので、速攻が出やすい。

・相手がゾーンに慣れていないと、自滅してくれる。

—————————————-

【ゾーンの欠点】
・アウトサイドのノーマークが作りやすいので、3Pが得意なチームに弱い

・ゾーンオフェンスを用意されていると、簡単に崩される。

スクリーンアウトがしにくいので、リバウンドがとられやすい。…

ボックスワンとダイヤモンドワンやりました

【練習メニュー】
・ミドルシュートファンダメンタル
・ボックスワン&ダイヤモンドワン確認
・男女別ゲーム
ボックスワンでディフェンスし、
マンツーでつかれているプレイヤーのシュートはリングにあたれば+1点方式。
・17タッチからの1分間プランク
【つぶやき】
ボックスワンとは、
ディフェンスの1人が、
相手のスコアラーなどに
マンツーマンでついて、
残りの四人が、
ゾーンを組むという、
特殊なディフェンス。

ボックスワンが、
2-2の長方形。
ダイヤモンドワンが、
1-2-1のダイヤモンド型。
マンツー二人に、
1-2の三角形型の、
トライアングルツーなどもあります。

そして、
このディフェンスは有名ではあるものの、
ほとんど実戦では見たことがありません。
それ故、
解説をしているサイトなども見当たらず、
とりあえずやってみようとなりました。

なかなかうまくはいきませんでしたが、
イメージはつきましたので、
早く試合で、実践してみたいと思います。

【次回(3/17)のメニュー予定】
・ランニングシュート
・3on3(スクリーン主体)
・男女別ゲーム
・17タッチ+プランク

3/24はやな&さはるんの、
プチ祝いをやるかも。