品川区立総合体育館のバスケットボール一般開放体験記

火曜の練習がなかったので、近隣で一般開放をやっているバスケに参加させてもらいました。

五反田駅・大崎駅にある品川区立総合体育館の一般開放バスケです。
隔週火曜にやっているようで、品川区在住・在勤者しか利用できません。
価格は200円でした。

2面あって、約80人ぐらいいました。
奥側のコートはシューティング用にずっと開放しております。
手前のコートでウォーミングアップしてゲームという流れになっています。
20人ぐらいレイアップの列に並んでいました。

5~6人ぐらいの組で9チームできました。
友達同士でも組めるようで、5チームが組んでいました。
残り4チームは男女混ぜて背の順で一列に並んで、5~6人に振り分けました。

ファウルは全て一点で6点取ったら終了となります。
また、何分かは分かりません(3分ぐらい?)が時間でも区切っていました。
試合はすぐ終わるので、9チームあっても回転は早かったです。
代々木公園のストリートだと、5チームぐらいあったら、次にまわってくるのが1時間ぐらいかかることもあるので。

審判は品川区バスケットボール連盟の皆さんがスリーパーソンでやっていました。
初心者の方が多いのもあって、ファウルは割と軽めに鳴らしてくれるので、怪我などは少なそうです。

レベルとしては、今まで行った一般開放の中では一番低かったです。
他の一般開放だと、上級者とそれ以外でレベル別にわけたり、男女で分けたりしていましたが、品川区ではごちゃ混ぜでした。
私のチームは初心者3人でした。

試合は初心者が複数いたこともありターンオーバーからレイアップの失点が続き、またリバウンドはほぼとれずに負け続けました。
最後の試合だけ、ちょっとムキになり、ディフェンスを強めに当たって、シュートも自分で行って、7-0で勝ちました。
全部で5~6試合ぐらいできました。

ちょっと人数が多かったので満足度は低いですが、シューティングとハンドリング練習ができるので、また行くかもしれません。