投稿者「stardamire」のアーカイブ

オフボールスクリーン(ピック)の種類とコツ、オフェンスの80%はオフボールである

【オフボールスクリーン三行まとめ】
☑ピックの種類ごとにポイントが異なる
☑一度でダメなら二度かける
☑練習では「ずれ」で満足せず、しっかりかけることを意識する

オンボールスクリーンに比べてオフボールスクリーンは、そもそもスクリーンがかからないなど、得意不得意の差が大きい気がします。
オンボールピックがサイドにセットすることが多いのに対して、オフボールスクリーンは種類ごとにコツが異なるからだと考えております。
正面からかけるフロントスクリーン、横からかけるサイドスクリーン、背後からかけるバックスクリーン(フラットスクリーン)、すべてコツが異なります。
種類の違うスクリーンを全部同じスクリーンとしてセットしようとしても、なかなかうまくいきません。
そこで、種類ごとのスクリーンのコツを解説します。
念のため、サイト内での用語の整理をします。
「スクリーン」と「ピック」は同じ意味で使っています。
スクリーンを使う人を「ユーザー」、オンボールで使う人を「ハンドラー」と呼びます。
スクリーンをかける人を「スクリナー」または「ピックマン」と呼びます。

【オフボールスクリーンの種類】

オフボールでのアウトサイドプレイヤー(ユーザー)とインサイドプレイヤー(スクリナー)の組み合わせのスクリーンプレイです。
この4つだけを抑えておけば十分です。
カッコ内の方向はユーザーの方向です。

・アップスクリーン(下)
・ダウンスクリーン(上)
・フレアスクリーン(外)
・アウェイスクリーン(中)

〇アップスクリーン

スクリナーがエンドライン方向から、アップしてセットするスクリーンです。
この形で多いのは、ターゲットの背後からかける形(バックスクリーン)です。
ルール上では、ディフェンスがよけられるように一歩の距離をあけるよう指示がありますが、私はシール(ターゲットにくっつく)までやるべきだと思います。
NBAでも、Bリーグ・Wリーグでも、クラブでも、学生でも、この手のファウルを吹かれたのを見たことがありません。(吹かれたら試合中にアジャストすればいい)
ターゲットの背後からかけられるので、シールが簡単にできます。
ユーザーは、一度フェイクを入れて、ゴール方向に素早くカッティングします。
通常は、ノーマークにならないよう、もう一人のディフェンスがバンプすると思うので、当たり負けしなければ、ゴールの可能性が生まれます。
コツ:スクリナーはシール。ユーザーはフェイク+素早いカッティング。

〇ダウンスクリーン

スクリナーがエンドライン方向に、ダウンしてセットするスクリーンです。
ダウンスクリーンが一番、得手不得手がはっきりするスクリーンだと思います。
この形で多いのは、ターゲットの正面からかける形(フロントスクリーン)で、いわゆるスタックの形になります。
ターゲットに見られながらかけるので、無理やりシールできません。
なので、スクリナーよりもユーザーが頭を使う必要があります。…

審判の基本を押さえる、審判四原則・ファウル三確認主義・3S

【審判の基本三行まとめ】
☑審判四原則を意識して動く
☑ファウルは三つの確認をして判断する
☑笛は3Sを意識して吹く

社会人の区民大会で帯同審判として吹く場合、とりあえずフィーリングでもいいので、思ったことを吹くことが大切です。
審判経験が未熟な時は、ミスジャッジは仕方ない、強気で吹く。
吹かないミスジャッジよりも、吹いたミスジャッジの方が、うまくなります。
でも、いきなり公式試合で吹くのではなく、チーム練習や練習試合で経験してから公式デビューしてください。
今回は二人制審判について解説します。

【審判の呼び名】

〇クルーチーフとアンパイア

主審をクルーチーフ、副審をアンパイアと言います。
クルーチーフとアンパイアにはジャッジに対する上下関係はなく、権限は同一です。

〇リードオフィシャル


攻める方向に先に進む審判をリードオフィシャルと呼びます。
リードオフィシャルはエンドラインと、エンドラインを背にして左側のサイドラインを使って移動します。
上記の図で、4番・5番が責任エリアとなります。

〇トレイルオフィシャル

攻める方向に後追いする審判をトレイルオフィシャルと呼びます。
トレイルオフィシャルはセンターラインと、センターラインを背にして左側のサイドラインを使って移動します。
上記の図で、1番・2番・3番・5番・6番が責任エリアとなります、広いですね。
ゴール下である5番はリードとトレイルの両方が責任を持ちます。

【バイオレーションとファウル】

違反の種類はバイオレーションとファウルに大別されます。

〇バイオレーション

バイオレーションとは、トラベリング、ダブルドリブル、アウトオブバウンズ、オーバータイムなどです。
ペナルティはボール保有権(ポゼッション)の移動だけです。
黒チームのバイオレーションであれば、白チームのスローインからスタートとなります。

〇ファウル

ファウルとは、プッシング、イリーガルユースオブハンズ、オフェンスチャージングなどです。
テクニカルファウルやアンスポーツマンライクファウルなどは省略します。
ペナルティはボール保有権(ポゼッション)の移動と、個人ファウルとチームファウルが追加されます。
個人ファウルは、5個で退場。
チームファウルは、1Qにつき5個目からフリースローとなります。…

オンボールピックコンビネーション

2019/04/09プラクティスレポート

【レポート】

〇メニュー

・男子、7:30~7:45、アップ&シューティング

男女同時に見れないので、男子は放置。

・女子、7:30~7:37、ランニングシュート

オンボールピックを使ったランニングシュート
ボールマンが頭を触ることで、ハイピックを要求というハンドサインを共有。
1、ノーマル(まずはボールマンがドライブを狙う)
2、シュート(ノーマークになったら止まってシュートを狙う)
3、リジェクト(直訳は拒否、スクリーンの反対を行く)
4、ピック&ロール(ショートロール)
5、ポップ&ダイブ
6、スイッチしたらトップのヒットバック


上記以外にも下記の方法があります。
スリップ(すべる)スクリーンをすぐにキャンセルして、スクリナーがダイブすること。
スプリット(分割)ショーディフェンスしてきたスクリーンとボールマンについていたディフェンスの間を通ること。

・女子、7:37~7:45、3対3

前半は縛りなし、テーマは味方との呼吸
後半はオンボールピックからスタート、残りの一人は合わせ(リフト、ダイブ、ドリフト)を意識

・7:45~8:10、5対5

男子は放置しました。
もうちょい仲良くやろうぜ~

女子は色々と。
最初と最後はメンバーを混ぜて、ゲストとの交流も。
2本目以降はホームvsゲストで課題に向けた練習。
課題は、練習でやったオンボールピックを意識、一線二線のあたり(グッドディフェンスだった!)、ボールプッシュ、セットオフェンスの意識
一本ゾーンもやりました。
ゾーンディフェンスはOK!
ゾーンアタックはダメだったな~
まずはエントリーなのか遊びのパスなのか分かりにくいので、セットの動きをしてる人とフリーで動いてる人が混在していたので、ガードがコントロールしましょう。
あとは無理にポストにパスを入れようとしてるけど、外同士の遊びのパスとパスフェイクで簡単に入れられるタイミングがあるので、ギャンブルをしないこと。

・8:10~8:15、ゾーンオフェンスの確認

男子は、シューティング。
女子は、ゾーンオフェンスの確認。

〇所感

前回の練習試合で無理にピック&ロールを狙い、ターンオーバーとなりました。
女子は、オンボールピックからはピック&ロールしか選択肢がありません。
ピック&ロールは1990年代からすでに流行しており、すでに研究し尽され、さすがにこれ一本だときついですね。
なので、今日の練習でオンボールピックを中心としたメニューを組み、選択肢を広げました。…