投稿者「stardamire」のアーカイブ

バスケットボール専門書紹介

今までに読んだバスケ専門書です。
主に自分への記録として紹介します。
カテゴリーや能力によって「マッチング率」は変わってくると思います。
私にとってマッチング率が高かった書籍だけAmazonのリンクを張っておきます。

【バスケセンスが身につく88の発想 レブロン、カリー、ハーデンは知っている(2019/4/24)】


著者:小谷究、網野友雄
「レブロン、カリー、ハーデン」というタイトルが、ファッション性を意識してしまい、逆に私を遠ざけていました。
しかし、呼んでみると面白い内容でした。
従来は良しとされている常識以外にも、様々な選択肢提案してくれます。
基本的なバスケIQがないと、伝わりにくいかもしれませんね。

【100問の“実戦ドリル”でバスケiQが高まる(2018/12/3)

著者:小谷究、 佐々木クリス
「バスケ版の詰め将棋」という触れ込みでしたが、違和感が大きいですね。
バスケは、全く同じ状況でもプレイヤーや対戦相手、残り時間や点差によって判断がかわるので、しっくりは来なかったですね。

【バスケットボールの戦い方 [ピック&ロールの視野と状況判断](2018/9/4)

著者:佐々宜央
■序 章:ピック&ロール戦術について
■第1章:ドライブ&リアクトの導入
■第2章:ピック&ロール(サイド)
■第3章:ピック&ロール(サイド)
■第4章:ピック&ロール(エルボー)
■第5章:ピック&ロール(トップ)
書籍での3Dは見ごたえはありました。
クラブチームではピックプレイをここまで細分化されていないので、実践はできませんでした。

【バスケットボール 判断力を高めるトレーニングブック(2018/9/4)

著者:鈴木良和、森高大
■第1章:バスケットボールにおける判断力とは――
■第2章:判断力を磨くトレーニング
■第3章:オンボールスクリーンの認知・判断・実行
■第4章:ディフェンスの工夫を上回る

【バスケットボール 勝つためのディフェンスの教科書(2018/9/3)

著者:倉石平、田渡優
■PART1:ディフェンスのセオリー
■PART2:ディフェンスの種類と特徴…

vs 亀戸連合(2019秋季江東区一部リーグ)

【試合結果】

相手は前回準優勝で江東区の優勝常連の亀戸連合でした。
結果から言うと、5点差の敗戦。

相手はフルメンバーではなかったので、総戦力では勝っていました。
もう、完全にコーチのせいですね。
今回はベンチでのノイズが多くて、コーチングに専念できませんでした。
試合では聞く時間や判断する時間はないので、一切受け付けないことをルール化します。
やったことのないセットオフェンスやゾーンアタックをいきなり試合でやることはしませんので、ご了承ください。
意見がある方は、積極的に意見を取り入れたいのですが、練習から参加してどんどん提案してください。
それを前提に試合にご参加ください。

と、ちょっと愚痴っぽくなってしまいましたが、試合は完全に後手にまわってしまいました。
人数も揃っていたのに、活かすこともできず、相手エースが尻上がりにあがってきたのを早めに対応できませんでした。
得点の偏りとしても30~40%ぐらいエースだったので、入れ替わりでフェイスガード&バンプで削っていけばよかったです。

1Q:?-?(?-?)
2Q:?-?(?-?)
3Q:?-?(?-?)
4Q:78-83(?-?)

2019年:8勝3負
2010年~:173勝126負4分(57.9%)

【リーグ戦展望】

まだワンチャンスありますね。
門仲も戦力が充実しているので、亀戸連合とどっちが勝つかわかりません。
2勝1負で3チームが並べば、ワンチャンあります。
ただ、港区との兼ね合いもあるので、もう無理しません。
台東区は2勝3負か3勝2敗ぐらいで残留を目標に。
江東区か港区のどちらかで優勝したいと思います。

【今後のチーム方針】

試合後にも宣言しましたが、勝利至上主義からは脱却しました。
今までは勝つことから逆算して、余計な感情はなるべく排除していました。
参加してくれたメンバー個々の満足度を高めることを意識したいと思います。
そのためには、まずはプレイタイムのシェアをうまくできるような戦術を考えたいと思います。
これからもよろしくお願いします。…