火曜浜松町バスケ【COSMOS/五右衛門ペタキャッツ】

港区浜松町男女バスケットボールクラブチームの「COSMOS(旧名五右衛門ペタキャッツ)」です!
毎週火曜の夜に東京都港区浜松町駅近くの中学校で練習しています。
当サイトは主に練習・試合の振り返りを基に情報をアップしています。
限られた資源で勝利を目指すクラブチームを対象とした内容となっています。


【練習スケジュール】

12/04(火)〇
12/11(火)×
12/18(火)〇
12/25(火)〇

01/01(火)×
01/08(火)〇
01/15(火)×
01/22(火)〇
01/29(火)〇

01/01(火)×
01/08(火)〇
01/15(火)×
01/22(火)〇
01/29(火)〇


【チーム理念】

大前提として、まずは楽しくやりましょう!
勝ち負けが関わってくるので、時には辛い時もあるかもしれませんが、楽しさを損なうことはしたくないですね。
それでいて、末長く継続できると幸いです。

〇男子コンセプト

目標:区民大会優勝、都民・青年大会出場、全大会の一部昇格および残留!
コンセプト:大会で好成績が残せるように、頑張りましょう!

〇女子コンセプト

目標:葛飾区制覇!青年大会出場および勝利!個人の成長!
コンセプト:個人のスキルアップとチームの一体感の両立。その結果、優勝できたら理想的です。

〇練習コンセプト

毎週火曜に練習をしています。
男子はアップ後にピックアップゲームをやります。青年大会などの選抜前はチーム練習もやります。
女子はテーマに沿った練習を行い、大会を意識したゲームを行います。

〇5つの行動指針

JFA(日本サッカー協会)のバリューを参考にチーム運営の行動指針を定めました。
・エンジョイ:バスケの楽しさと喜びを原点とすること(楽しさが損なわれてはならない)
・プレイヤーズファースト:選手にとっての最善で考えること(運営者にとっての最善で考えてはならない)
・フェア:オープンかつ誠実な姿勢で公正を貫くこと(不透明、不誠実、不公正であってはならない)
・チャレンジ:成長への高い志と情熱で挑戦を続けること(バスケやコーチングを惰性で行ってはならない)
・リスペクト:バスケに関わる全てに感謝すること(審判やメンバーに不遜な態度で接してはならない)

小難しいことを言って申し訳ありません。
プレイヤー側ではなく、チームを運営する立場側の行動指針です。
運営者が指針から大きくずれたり、バランスを崩したら、お申しつけください。


【バスケットボールプレイヤー募集】

COSMOSでは、下記を募集しております。
男子プレイヤー
女子プレイヤー
マネージャー
アシスタントコーチ

【連絡先】
cosmosbbtokyo@yahoo.co.jp
COSMOSバスケ連絡係まで


【公式試合戦績】

〇男子試合戦績

【公式通算】(209勝142負5分)
【2018年】(17勝3負)台東区秋季一部優勝、千代田区冬季二部優勝、江東区春季三部優勝、港区春季二部優勝
【2017年】(16勝11負1分)江東区秋季四部優勝
【2016年】(22勝13負1分)台東区秋季一部優勝
【2015年】(26勝15負1分)江東区秋季四部優勝、葛飾区春季二部優勝、港区春季二部優勝
【2014年】(19勝23負)墨田区春季一部優勝、港区春季四部優勝
【2013年】(30勝20負)港区夏季五部優勝、港区冬季七部優勝、新宿区冬季Gリーグ優勝
【2012年】(28勝25負2分)墨田区秋季二部優勝、港区秋季八部優勝、墨田区春季三部優勝
【2011年】(26勝10負)台東区秋季二部優勝、葛飾区秋季二部優勝、品川区冬季二部B優勝
【2010年】(25勝22負)

〇女子試合戦績

【公式通算】(29勝25負)
【2018】(12勝8負)
【2017】(14勝10負)葛飾区秋季一部優勝
【2016】(2勝6負)
【2015】(1勝1負)


【COSMOSの歴史】

1985年頃:千代田クラブのセカンドチームとして『Cクラブ(CHIYODA)』が設立、名称を『COSMOS(コスモス)』に改称。
2000年代前半:秋葉原コートのメンバーが加わり、シニア・若手の二体制となる。
当時若手参加大会:都民大会・千代田・葛飾・品川・江東・板橋・新宿・台東・品川(多分、参加大会数日本1)
2010年代前半:大手町一家として活動していたメンバーが加わり、シニア・ミドル・若手の三体制となる。
2013年:若手(以下男子)の活動拠点を港区浜松町に移動。
2014年春:男子墨田区一部優勝
2015年:女子チーム結成し、女子チームの名称を『五右衛門ペタキャッツ』とする。
2015年秋:女子が民間大会を経て、中央区大会に初参加初試合初勝利を飾る。
2016年秋:男子台東区一部優勝
2017年:女子の名称が『COSMOS』となり、シニア・ミドル・若手・女子の四体制となる。
2017年秋:女子葛飾区一部優勝
2018年秋:男子台東区一部優勝(二回目)

男子は、徐々にレベルがあがっていき、関東実業団やクラブチームでA登録をしているメンバーが大半を占めるようになり、今ではプロ志望や現役プロ選手もオフシーズンには在籍する強豪チームとなりました。
女子は、リクルーティングに頼らず、個人とチームのレベルアップを図り、楽しさを損なうことなく、上位成績を目指しております。


【COSMOSの由来】

COSMOSとは、宇宙、調和、秩序という意味です。
バスケットボールでは、同じエリアに複数の人が被ったり、チームワークがバラバラなプレイの状態をカオス(混沌)と表現します。
対して、適切なスペーシングで、意思疎通のとれたプレイの状態をコスモス(秩序)と表現します。
チーム名ありきだったので後付けですが、個人の力に頼らず、チームワークを武器に調和の取れたチームを目指します。
ついでに宇宙一(cosmos)のチームを目指します(笑)

【COSMOSニュースリリース】

2018男子台東区制覇 2018/10/13up
祝!小林和世選手、東京エクセレンスとプロ契約 2018/08/30up
祝!男子通算200勝達成! 2018/04/16up
2017女子葛飾区秋季制覇 2017/10/01up
2016男子台東区制覇 2016/10/16up
李ビン武のシュートと同じ感覚 -くりぃむしちゅーのTHEレジェンド 2016/05/03up
祝!古賀雷選手、ライジング福岡とプロ契約 2015/07/15up
祝!旭康介選手、東京サンレーヴスとプロ契約 2015/06/24up
DINOSAUR SAMU(阿部理)クリニック 2015/6/16up
熊谷宜之選手byトヨタ自動車アルバルク参戦 2013/07/01up