タグ別アーカイブ: オフェンスリバウンド

オフェンスリバウンドの役割

2017/11/7プラクティスレポート
まずは今回、男子参加者が多くなりすぎてしまい、多大なご迷惑をおかけしました。
練習の出欠をとっていないもので、ムラがありますが、なるべく調整できるように頑張ります。

【オフェンスリバウンド】

セーフティー以外は、全員がオフェンスリバウンドに絡めと伝え続けてきましたが、精神論に傾いてきたので、技術的な解説をします。

〇オフェンスリバウンドの役割

・トライアングルポジション3名
・ハーフリバウンダー1名
・セーフティー1名
自チームのシュートに対しては、上記の3+1+1の役割分担を担います。

〇トライアングルポジション

トライアングルポジションとは、フリースローレーンにある四角いブロック(ニュートラルブロック)2つとセミサークルの頂点を結んだ三角形です。
下記の画像の矢印が指している黒い三角形です。

3名はこのポジションを目指して飛び込みます。
相手にスクリーンアウトされないようにかわしながら飛び込みます。
万一スクリーンアウトされたら、ファウルにならないようゴール下に押し込むか、緩急を使って回り込みます。

〇ハーフリバウンダー

ハーフリバウンダーとは、ロングリバウンドに対応する選手です。
シュートと同時にフリースローラインを目指し、ボールがリングにあたる頃にはフリースローラインを踏んでおきたいです。
ボールがロングリバウンドになりそうならば飛び込んでリバウンドを狙います。
相手チームにリバウンドをとられそうになったら、セーフティーを手伝うか、タッチダウンパスを出されないよう、ボールにプレッシャーをかけて、速攻を出させないようにします。

〇セーフティー

セーフティーとは、相手の速攻に備えるための選手です。
他のプレイヤーがオフェンスリバウンドにいけるのは、セーフティーがしっかりしているというのが前提です。
セーフティーの理想は、ボールがリングにあたるタイミングでハーフラインを踏むです。
ハーフラインよりも相手チームが後ろにいるのであれば、もっと下がります。
相手の速攻に対して並走して追いつける位置ではなく、迎えられる位置まで戻ることが理想です。
基本的にはポイントガードがセーフティー。(PGでなくてもいいですが)
ウイングよりも高い位置からの3Pであれば、シュートをうったプレイヤーがそのままバックランでセーフティー。
シューターが自分で軌道を読めるのであれば、そのままリバウンドにいくので、一番高い位置(通常PG)がセーフティー。

〇オフェンスリバウンドは意欲と技術

ディフェンスリバウンドは体格とスクリーンアウトが大事ですが、オフェンスリバウンドで大事なのは意欲と技術です。
特に意欲が大事です。
位置やタイミング的にリバウンドに行っても取れないからとあきらめてしまうプレイヤーもいますが、基本は可能な限り絡むことです。
自分がリバウンドに絡むと、2:3が3:3になり、他のプレイヤーがオフェンスリバウンドをとりやすくなるからです。
オフェンスリバウンドはチームのシュートミスを帳消しにできる最高の武器です。
是非、意欲的に取り組んでください。

【レポート】

〇メニュー

男子、ランニングシュート→3対2→3対3…

オフェンスリバウンドとディフェンスリバウンド

2017/1/24練習記
女子は決して能力では劣っていないチームに大差で敗れました。
原因はリバウンドと、リバウンドからの失点です。
今回は、リバウンドとスクリーンアウトにフォーカスして、練習しました。

【リバウンドは意識の差】

例えば、「シュート」。
シュート力は技術ですが、シュートをするかどうかは意識の差ですよね。
リバウンドも同じです。
リバウンドに参加後は、技術や体力などが大事ですが、まずは「リバウンドに絡む」という意識が必要です。

【リバウンドの目標】

試合での目標は、「常に相手+1名がリバウンドに絡むようになる!」です。
練習での取り組みは、「セーフティの1名以外は全員がリバウンドに絡む」です。
一旦、効率は置いておき、リバウンドに絡むという意識づけをやっていきましょう!

【リバウンドメニュー】

練習でやったリバウンドメニューです。
・飛びつきリバウンド→シュート
・飛びつきリバウンド→ポンプフェイク→シュート
・内側の人がマークマンに寄ってスクリーンアウト→落ちたボールを拾って→シュート
・外側の人がスクリーンアウトをされた→ゴール下に押し込んでリバウンド→シュート
・ゴール下に押し込もうとしたら、押し返された→後ろに少し下がって横に動いてかわしてリバウンド→シュート
・ゴール下に押し込もうとしたら、押し返された→スイムで肩を絡めて前にでてリバウンド→シュート
・3Pラインから飛び込んでランニングリバウンド→シュート
・3Pラインから飛び込んできた人をバンプして止めて、落ちたボールを拾って→シュート

【オフェンス・リバウンド】

・シュートの軌道を見て、落ちるコースを瞬時に予測する。
・同時に自分のマークマンを見て、優位なポジションを奪う。
・セーフティ1名を除き、全員がリバウンドに絡む。
・リバウンドを取られたら、近くのディフェンスが奪いにいくことで、速攻を遅らせる。

【ディフェンス・リバウンド】

・シュートの軌道を見て、落ちるコースを瞬時に予測する。
・同時に自分のマークマンを見て、優位なポジションを奪う。
・自分のマークマンが近い場合は、スクリーンアウトする。
・自分のマークマンが遠い場合は、ランニングリバウンドを警戒し、寄ってきたらコースに入り、バンプする。

【本日の練習メニュー】

〇参加者

・男8人、目指せ12人!
・女10人

〇メニュー

・リバウンドシュート(8パターンぐらい)
・ゲーム…