タグ別アーカイブ: クールダウン

ウォームアップとクールダウン

寒くなってきましたね。
この時期は怪我には最善の注意を払い、予防を意識してください。
また、年齢が30代を過ぎたあたりから疲労が抜けきらないことが増えてきました。
最近ではウォームアップよりクールダウンの方が大事に感じてくるようになりました。
今回は、ウォーミングアップとクーリングダウンを考察したいと思います。

【理想的なウォームアップとクールダウン】

ウォームアップ
1、ドリブル練習(手が冷えている時はランニング)
2、シューティング(ゴール下→ミドル程度まで)
3、張りがある部分だけ、短めの静的ストレッチ
4、股関節のみ動的ストレッチ
5、ランニングシュート(スピードよりもステップ重視)
6、インターバルがある時だけ動的ストレッチ
7、ゲーム

クールダウン
1、ゲーム
2、ランニング(着替える前)
3、入浴(当日夜)
4、ストレッチ(入浴直後)
5、マッサージ(翌日)

個人的に社会人の練習時間の兼ね合いから考える理想的なルーティーンです。
練習環境や人によって異なると思いますが、無駄は少ないと思います。
本当はランニング直後に静的ストレッチを入れたいのですが、エンドの時間はぎりぎりまでゲームをやることが多く、終了後は即時退館が原則なので、妥協しています。
マッサージは行ける人が少ないと思いますが、なじみの接骨院を作っておくことをお勧めします。

【ウォーミングアップの目的と効果】

1、怪我の予防
2、パフォーマンスの向上
なんといっても、怪我の予防が大きな目的となります。

【運動前の静的ストレッチについて】

練習前に入念に静的ストレッチをしている人をよく見かけます。
しかし、静的ストレッチをする必要がある人は体の張りを感じる人だけだと思います。(諸説あり)
ほとんどの人は「運動前にストレッチをしないといけない」という思い込みからの習慣だと思います。(もしくは単純に動的ストレッチは疲れるけど、静的ストレッチは気持ちいとか)
そうは言う物の、ストレッチをしたことによる怪我をしないのではないかというプラシーボ効果は期待できます。
これはパフォーマンスアップや怪我予防には影響ありませんが、思い切ったプレイができるきっかけになるかもしれません。

一応、静的ストレッチによるデメリットも記載しておきます。
・体が冷える(これこそ怪我につながる)
・気持ちのダウン(リラックス効果が悪影響)
・弾性エネルギーの低下(やり過ぎた場合)

【運動前は動的ストレッチ】

静的ストレッチの必要がないというよりかは、動的ストレッチの方が確かな効果を見込めるので、どうせなら動的ストレッチに時間を費やした方がいいと思います。…