タグ別アーカイブ: コート

バスケットボールのラインとエリアなどの名前を覚える

2016/7/26練習記
あとんす

広尾人戦で、相手のゾーンに自滅してしまった(自滅というか、相手の戦術にうまくはめられた)ので、今回からしばらく2ゲームはゾーンも織り交ぜます。
ただゾーンをやるだけでなく、インターバルの時間に話し合って、改善していきましょう。
目指すべき目標は、相手がゾーンで来た時に苦手意識を持たない状態まで持っていきます。


【バスケットボールのラインとエリアなどの名前を覚える】

前回は一名を対象にバスケIQアップの課題を出しましたが、今回から女子全体にも同じ課題を出すことにしました。
男子にも共有まではしておきます。
さて、二回目のテーマは、ライン・エリアにおける用語の習得です。

〇言葉の力

そもそも何故、こんなことをやるかというと、言葉の力は絶大だからです。
例えば日本では「蝶(チョウ)」は、ひらひらと舞うイメージで、人気の虫です。
それに対して「蛾(ガ)」は、蝶に比べると嫌われています。
しかし、フランスでは両方を合わせて「パピヨン」と呼びます。
蝶を見ても「パピヨン」と呼び追っかけ、蛾を見ても「パピヨン」と呼び追っかけます。
日本人も「蛾」と言う言葉がなければ、が言葉の力によって「蛾」に悪いイメージを持たなかった可能性もあります。
※伝聞なので、事実と異なっていたらすみません(笑)
本来、言葉とは物を表す記号でしたが、実際は、言葉が物をイメージさせてしまう力を持っています。

〇言葉を統一する

現在、私の指導のポリシーとして、言葉のレベルを落とさないことを意識しています。
「相手が分かるようにかみ砕いて伝えてあげることが大事」と言われることがありますが、私は顧客を対象にしている訳でもなく、ミニバスを対象にしている訳ではありません。
分からないことは分からないままにしない、自分で調べる、自分で聞くことができる社会人サークルです。
よって、バスケの言葉のレベルは必ず高いレベルを維持します。
そして、全員が同じ現象を、同じ意味で、同じ言葉で使えることを目指します。
結果的には、相互理解が深まり、意思疎通が容易になり、方向性とフェアウェイが一致していきます。

私たちのチームでは、「スリーポイントラインの45度」ではなく、「ウィング」。
「外側に抜かせる」ではなく、「ウィークサイドに抜かせる」
「体をぶつける」ではなく「バンプする」で統一していきます。

繰り返しますが、理解できる言葉で話すのではなく、言葉を覚えてください。

〇バスケットボールのラインやエリア名称一覧

前置きが長くなってしまいましたが、下記の34個を問題に出しました。
是非、力試しでやってみてください。
回答は当記事の一番下に記載しておきました。

バスケットボールのラインやエリア名称一覧


【参加者】

・男10人
・女8人…