タグ別アーカイブ: ゼロステップ

ゼロステップ×ユーロステップ

【ユーロステップ】

「ユーロステップ」とは、ランニングシュートの一種です。
通常のレイアップが前方に進むのに対し、ボールを持ってからの一歩目と二歩目の進行方向が、左右逆にステップするのが特徴です。
左右ジグザグに移動することから「ジグザグステップ」とも呼びます。
ユーロ(ヨーロッパ)出身選手がよく使うことでアメリカを中心とした世界に広まりました。
特にアルゼンチン代表選手である「エマニュエル・ジノビリ」の代名詞的なプレイだったことから初期の頃は「ジノビリステップ」とも呼ばれていました。

【ゼロステップ】

ゼロステップとはクラブだと2018年4月に解禁された新ルールのことです。
詳しくはこちら
ざっくり言うと、「動きながらキャッチした時についている足は一歩目にカウントしない」ってことです。

【ゼロステップ×ユーロステップ】

今回の本題です。
一歩目と二歩目をジグザグに行くユーロステップを、最初のゼロ歩目を、まっすぐではなく左右に進むことで、ゼロ歩→一歩目でジグザグにステップすることができます。
最後の二歩目を相手の動きに合わせて縦か横を選択すれば、マッチアップの相手目線だと三歩進んでいるように見えて対応がしにくいです。

ちょっと前の感覚だと「歩いてる!」としか思えませんね。
審判の技量や主観によってはトラベリングを吹かれる可能性はあります。
しかし、先取りしておいた方がよい技術であることは間違いありません。

う~ん、トラベリングを吹かれそう・・・

「ゼロステップ×ユーロステップ」
「ゼロステップ×ギャロップステップ」
「ゼロステップ×ステップバック」
可能性の幅を広げていきましょう!…

ゼロステップ(動きながらの1歩目は0歩目とする)

JBA プレーコーリング・ガイドライン(20180201 修正)
国内適用は2018 年4 月1 日

8 .トラベリング
(2)動きながら、足がフロアについた状態で、ボールをコントロールした場合
④動きながら、足がフロアについた状態でボールをコントロールした場合、フロアについている足は0 歩目とし、その後2 歩までステップを踏むことができる。その場合、1 歩目がピボットフットとなる。

上記の通り、2018/4/1からいわゆるゼロステップが正式に解禁(Bリーグは適用済み)となります。
今までもトラベリング吹かれたり、流されたりと曖昧で面倒でした。
これを機に、リーガルに統一されたので、皆さん、気を付けてください。
ちなみに、私の場合はドリブル終わりのゼロステップは流していましたが、パスキャッチの時のゼロステップは吹いていました。

最後はダンクで決めるのがゼロステップのコツですね。…