ダイブ」タグアーカイブ

ドライブへの合わせ(4D)

【ドライブへの合わせ(4D)】

〇合わせの概念

合わせとは、主にドライブに合わせて、周りが動くプレイです。
ダイブ、ドリフト、ドラッグ、ディフェンスの4つの選択肢があり、4Dと呼ばれます。
ボールウォッチャーにならず、4Dから選択するのが理想です。
自分の位置、体格、能力、ディフェンスとの距離に応じて選択します。

4d

〇ダイブ

ダイブは飛び込むという意味で、ゴール方向へ動き、ゴール近辺でのシュートを狙うプレイです。
メリット:ゴール下でもらえたり、オフェンスリバウンドに参加できたりします。
デメリット:ドライブの邪魔になりやすい、体が小さいとノーマークでないとシュートまでいけません。
ダイブに合わせたパスをディッシュ(皿)と呼びます。

〇ドリフト

ドリフトは流れ漂うという意味で、パスラインに移動し、ミドル(ロング)シュートを狙うプレイです。
メリット:パスがもらいやすく、ゴール下があきます。
デメリット:外でもらうので、シュート力がないと得点しにくいです。
ドリフトに合わせたパスをキックアウトと呼びます。

〇ドラッグ

ドラッグとは動かすという意味で、ドライブした選手が元々いた位置へ動くなどスペーシングに合わせて動くことです、リプレイスとも呼びます。
メリット:5人全体が均一なスペーシングを保ちやすいです。
デメリット:ドラッグ自体は、直接ボールには絡みません。

〇ディフェンス

4Dで使うディフェンスとは、ターンオーバーを警戒し、セーフティーマンとなることです。
メリット:ターンオーバーだった場合、ワンマン速攻を防げます。
デメリット:オフェンスに絡めません。

〇合わせの総括

ボールに絡む場合は、ダイブかドリフトを選択します。
ボールに絡めない場合は、ドラッグ(というかスペーシング)、ディフェンス(というかセーフティ)を選択します。

%e3%83%80%e3%82%a4%e3%83%96%e3%81%a8%e3%83%89%e3%83%aa%e3%83%95%e3%83%88

〇2対2合わせの練習方法

「合わせるという意識(マインド)×合わせる選択肢(スキル)」なので、ダイブかドリフトを選択することをターゲットにした反復練習です。

1、左45度にボールマン、ディフェンスは一線、右45度にオフェンス、三線の位置にディフェンスの状態でスタートします。

2-1、ボールマンがウィークサイドにドライブすると、三線がゴール下付近に移動し、ハイポが空くのでドリフト→ミドルシュートします。

2-2、ボールマンがストロングサイドにドライブすると、三線がハイポに移動するので、ローポストが空くのでダイブ→ゴール下シュートします。

これを繰り返すことで、自然とドライブに合わせて体が動くようにする。

〇3対3合わせ練習方法

2対2だと動きが選択肢が二個しかないので、慣れてきたら3対3に広げます。
ドラッグとディフェンスの選択肢も増やしていきます。

最終的な目標はドライブに合わせて、一人もボールウォッチャーにならないようにすることです。

【本日の練習メニュー】

〇参加者

・コーチ1人…