ディフェンス」タグアーカイブ

ドライブへの合わせ(4D)

【ドライブへの合わせ(4D)】

〇合わせの概念

合わせとは、主にドライブに合わせて、周りが動くプレイです。
ダイブ、ドリフト、ドラッグ、ディフェンスの4つの選択肢があり、4Dと呼ばれます。
ボールウォッチャーにならず、4Dから選択するのが理想です。
自分の位置、体格、能力、ディフェンスとの距離に応じて選択します。

4d

〇ダイブ

ダイブは飛び込むという意味で、ゴール方向へ動き、ゴール近辺でのシュートを狙うプレイです。
メリット:ゴール下でもらえたり、オフェンスリバウンドに参加できたりします。
デメリット:ドライブの邪魔になりやすい、体が小さいとノーマークでないとシュートまでいけません。
ダイブに合わせたパスをディッシュ(皿)と呼びます。

〇ドリフト

ドリフトは流れ漂うという意味で、パスラインに移動し、ミドル(ロング)シュートを狙うプレイです。
メリット:パスがもらいやすく、ゴール下があきます。
デメリット:外でもらうので、シュート力がないと得点しにくいです。
ドリフトに合わせたパスをキックアウトと呼びます。

〇ドラッグ

ドラッグとは動かすという意味で、ドライブした選手が元々いた位置へ動くなどスペーシングに合わせて動くことです、リプレイスとも呼びます。
メリット:5人全体が均一なスペーシングを保ちやすいです。
デメリット:ドラッグ自体は、直接ボールには絡みません。

〇ディフェンス

4Dで使うディフェンスとは、ターンオーバーを警戒し、セーフティーマンとなることです。
メリット:ターンオーバーだった場合、ワンマン速攻を防げます。
デメリット:オフェンスに絡めません。

〇合わせの総括

ボールに絡む場合は、ダイブかドリフトを選択します。
ボールに絡めない場合は、ドラッグ(というかスペーシング)、ディフェンス(というかセーフティ)を選択します。

%e3%83%80%e3%82%a4%e3%83%96%e3%81%a8%e3%83%89%e3%83%aa%e3%83%95%e3%83%88

〇2対2合わせの練習方法

「合わせるという意識(マインド)×合わせる選択肢(スキル)」なので、ダイブかドリフトを選択することをターゲットにした反復練習です。

1、左45度にボールマン、ディフェンスは一線、右45度にオフェンス、三線の位置にディフェンスの状態でスタートします。

2-1、ボールマンがウィークサイドにドライブすると、三線がゴール下付近に移動し、ハイポが空くのでドリフト→ミドルシュートします。

2-2、ボールマンがストロングサイドにドライブすると、三線がハイポに移動するので、ローポストが空くのでダイブ→ゴール下シュートします。

これを繰り返すことで、自然とドライブに合わせて体が動くようにする。

〇3対3合わせ練習方法

2対2だと動きが選択肢が二個しかないので、慣れてきたら3対3に広げます。
ドラッグとディフェンスの選択肢も増やしていきます。

最終的な目標はドライブに合わせて、一人もボールウォッチャーにならないようにすることです。

【本日の練習メニュー】

〇参加者

・コーチ1人…

プロ選手来場、マンツーマンディフェンスの復習

あとんす

今回は現役プロ選手も参加の、
高いレベルのバスケができました。
プロ選手来場、マンツーマンディフェンスの復習


【参加者】

男12人、女11人


【練習メニュー】
・男女別レイアップ
・男女別ゲーム
・17タッチ


【マンツーマンディフェンスの確認】
そして、女子は大会が終わったので、
急造のフェイスガードやゾーンを一旦やめて、
マンツーマンディフェンスを見直していきます。
☆☆☆一線☆☆☆
位置:ボールに対するディフェンス
考え:抜かれてもいいから激しく→できるようになったら抜かせる方向

用語:
〇ボールボイス
自分のマークマンがボールを持ったら、大きな声で「ボール」と声を出す。

〇ワンアームアウェイ
腕の長さ以下まで距離を詰める。

〇トレースハンド
一線は常にボールに触る努力をすること。
ボールに触った回数をディフレクションと呼び、NBAでは集計しています。

〇ベリーアップ
相手のドリブルが終わったら、お腹で相手を押すぐらい詰める。

〇ファンディフェンス
抜かせる時は、ウィークサイド(外側)。

☆☆☆二線☆☆☆
位置:ボールから隣のディフェンス
考え:パスさせない→ヘルプはチェックバック。

用語:
〇ディナイ
体をマークマンに向けて、マークマンとボールマンの間に手を入れる。

〇フェイスガード
マークマンが得点源の時は、ディナイとバンプを頑張って、絶対にボールを入れさせないようにすること。

〇チェックバック
一線が抜かれた時に、二線がヘルプに行くと、パスアウトされてノーマークが生まれるので、二線はヘルプに行かない。
代わりに一歩寄って相手をびびらせて、パスアウトしたボールをバックしてインターセプトを狙う。

☆☆☆三線☆☆☆

ファンディフェンスとファネルディフェンス

【練習記】
今回は、最近のテーマであるマンツーマン。
もう一度マンツーマンをイチから考えるところからスタート。

現在、主流とされるシェルディフェンス
一線はファンディフェンス
二線はクローズ。
三線はオープン。
ほとんどのチームがこの形を練習している為、
これが正しいマンツーマンだと思っている人もいます。

しかし、マンツーマンには、
一線はファネルディフェンス
二線はオープン。
三線はオープン。
という形もあります。

ファンとファネル。
最初の二文字が一緒でややこしいのですが、
内側に集めるのがファネル(じょうご、下図の左)
外に追い出すのがファン(扇、下図の右)。

ファンディフェンスとファネルディフェンスやりました

理想形のシェルディフェンスを目指しつつも、
オールオープンディフェンスも知ることで、
メンバーや対戦相手によって、
使い分けることもできます。
とりあえず、色々とやっていきましょう。

【参加者】
男12人、女11人
翌日が祝日だと、
やっぱりいっぱい来ますねw
明日の試合、がんばりましょう!

【練習メニュー】
・ランニングシュートファンダメンタルズ
・男女対抗対面シュート
・マンツーマンファンダメンタルズ
・男女別ゲーム
※サイドメニュー&ランメニューなし…