タグ別アーカイブ: リバウンド

リバウンド後のキープ姿勢、スクリーンアウトの正面と背面の違い

2017/2/7練習記
日曜の女子試合はかなりの身長差がありました。
よってリバウンドを取られてしまうのは仕方ないことですが、策もなく、一方的に取られ続けるのも考え物ですね。
試合中にでも、悪い部分は良くしていくことで、価値のある敗戦につなげていきましょう!

【スクリーンアウトの向きの比較】

今回はスクリーンアウトをさぼっていた訳ではありません。
しかし、身長差が20cmもあれば、考えながらスクリーンアウトしないと、抑えようがありません。
スクリーンアウトしてもリバウンドを上から取られてしまうのであれば、正面からスクリーンアウトしましょう。

〇項目
背面(通常のスクリーンアウト)
正面(背面でも抑えられない場合)

〇バランス
背面:押されると倒れやすい
正面:押されても倒れにくい

〇力
背面:力を入れにくい
正面:力を入れやすい

〇視野
背面:相手の動きが見にくい
正面:相手の動きが見やすい

〇力の方向
背面:ぶつかってくるのを耐える受け身
正面:自分から抑えに行く自発

〇リバウンド
背面:優位なポジションをキープしリバウンドにいける
正面:スクリーンアウトがメインになり、リバウンドには行きにくい

結論、相手との力関係を考えて、スクリーンアウトの向きを背面>側面>正面と切り替える。

【リバウンド後のボールキープ】

リバウンド後にパスコースを探している間に寄られて、ボールを奪われることがまだ散見されます。
速攻につなげるためには、ディフェンスリバウンド→アウトレットパス(横)→タッチダウンパス(縦)→ワンマン速攻がベストだと思います。
しかし、無理せずに確実なボールキープを優先でいきましょう。
トリプルスレットの位置でボールを持っても二人に囲まれたら奪われるので、抱え込む習慣をつけてください。

【本日の練習メニュー】

〇参加者

・男13人
・女9人

〇メニュー

男子、ミートシュート→
・ミートシュート
・男子…

オフェンスリバウンドとディフェンスリバウンド

2017/1/24練習記
女子は決して能力では劣っていないチームに大差で敗れました。
原因はリバウンドと、リバウンドからの失点です。
今回は、リバウンドとスクリーンアウトにフォーカスして、練習しました。

【リバウンドは意識の差】

例えば、「シュート」。
シュート力は技術ですが、シュートをするかどうかは意識の差ですよね。
リバウンドも同じです。
リバウンドに参加後は、技術や体力などが大事ですが、まずは「リバウンドに絡む」という意識が必要です。

【リバウンドの目標】

試合での目標は、「常に相手+1名がリバウンドに絡むようになる!」です。
練習での取り組みは、「セーフティの1名以外は全員がリバウンドに絡む」です。
一旦、効率は置いておき、リバウンドに絡むという意識づけをやっていきましょう!

【リバウンドメニュー】

練習でやったリバウンドメニューです。
・飛びつきリバウンド→シュート
・飛びつきリバウンド→ポンプフェイク→シュート
・内側の人がマークマンに寄ってスクリーンアウト→落ちたボールを拾って→シュート
・外側の人がスクリーンアウトをされた→ゴール下に押し込んでリバウンド→シュート
・ゴール下に押し込もうとしたら、押し返された→後ろに少し下がって横に動いてかわしてリバウンド→シュート
・ゴール下に押し込もうとしたら、押し返された→スイムで肩を絡めて前にでてリバウンド→シュート
・3Pラインから飛び込んでランニングリバウンド→シュート
・3Pラインから飛び込んできた人をバンプして止めて、落ちたボールを拾って→シュート

【オフェンス・リバウンド】

・シュートの軌道を見て、落ちるコースを瞬時に予測する。
・同時に自分のマークマンを見て、優位なポジションを奪う。
・セーフティ1名を除き、全員がリバウンドに絡む。
・リバウンドを取られたら、近くのディフェンスが奪いにいくことで、速攻を遅らせる。

【ディフェンス・リバウンド】

・シュートの軌道を見て、落ちるコースを瞬時に予測する。
・同時に自分のマークマンを見て、優位なポジションを奪う。
・自分のマークマンが近い場合は、スクリーンアウトする。
・自分のマークマンが遠い場合は、ランニングリバウンドを警戒し、寄ってきたらコースに入り、バンプする。

【本日の練習メニュー】

〇参加者

・男8人、目指せ12人!
・女10人

〇メニュー

・リバウンドシュート(8パターンぐらい)
・ゲーム…