こうゆう変則ゾーンもあります

あとんす
今日からアウトサイドシュートに絞って練習します。
積極的にシューティングしましょう。


【参加者】
男11人、女8人

【練習メニュー】
・男女別アップ(女子ミートシュート)
・男女別ゲーム
※女子インターバルは
動的ストレッチ→体幹トレ→クリスクロス→三角パス


【変則2-3ゾーン】
まず、23ゾーンの基本は、
この守備範囲です

こうゆう変則ゾーンもあります1

1&2
トップ、45度、ハイポ
3&4
45度、0度、ローポ
5
ローポ、ハイポ

機動力がないプレイヤーがいるなどの場合、
守備範囲を変えます。

こうゆう変則ゾーンもあります2

例えば、センターが二枚いる。
怪我をしているプレイヤーがいる。
相手に3Pシューターがいる。
などの場合に守備範囲を変えます。
これは、
4番は、右45度まで出れない。

ならば、2番は45度を空けないよう、
トップにはなるべく出ない。

代わりに1番は、
積極的にトップに出る。

合わせて3番も、
積極的に左45度まで出る。



一連の作業を感覚でやらず、
事前の打ち合わせのあと、
はっきりと出ることで、
明確にし、周りに動きやすくさせます。

【ゾーンの最終案】
ゾーンは最終的には、
アウトサイドシュートを撃たれても仕方ありません。
よって、
「最も可能性が低いところにシュートを撃たせる」
というコントロールをしていくことで、
ディフェンス成功率を高めます。
まずはノーマークを作らない

無理なら、どこに撃たせるのかを方向付けする

それも無理なら早めにゾーンを諦める

時間は10分×4ピリオドあるので、
1ピリ程度は、スカウティング(相手の戦力分析)に、
時間を費やしても大丈夫です。
あん・どぅ・とろわ
にゃ~~~~~!!!!!