バックドアカットからのプレイ

2017/8/3プラクティスレポート

【レポート】

〇メニュー

・バックドアカットからのランニングプレイ
1、バックドア→レイアップ
2、バックドア→バックシュート
3、バックドア→合わせのパス→ジャンプシュート
・クォーターでの2対2
・クォーターでの3対3

〇参加者

男12人、女10人

〇所感

女子はアップもゲーム中もペイントエリアおよびミドルシュートの成功率が低すぎでした。
秋季スーパーハイシーズンになったということで、疲労がたまらないようにシュート系のメニュー中心に差し替えます。
また、シュートスタッツとりますので、よろしくお願いします。

目安のシュート成功率は下記です。
・ミドル50%(1/2)
・3P33%(1/3)
・フリースロ75%(3/4)

ROI(投資効率)
2点×50%=1.0点
3点×33%=1.0点
1点×2本×75%=1.5点

バスケの攻撃回数を70回とし、ターンオーバーをチームで10回までに抑え、上記のシュート率を達成すると、
(70回-10回)×シュート効率1.0点=70点ぐらいは・・・そんなに甘くはないか。
まぁ、なんにせよ、シュート成功率のアップを狙っていきましょう。