ワシントン・ウィザーズ残り12秒5点ビハインドからの大逆転勝利

2/1の試合ですが・・・

とんでもない大逆転劇でしたね。
やはり、試合終了まで諦めてはだめですね。

ウィザーズ逆転劇は0.04%の奇跡 過去25年に米メディア注目「これで9勝:2万3498敗」
米プロバスケットボール(NBA)は1月31日(日本時間2月1日)、八村塁が所属するウィザーズが149-146でネッツに勝利し、連敗を4で止めた。
第4クォーター(Q)残り約10秒から5点差を大逆転。
米メディアによると、試合残り10秒以下の時に5点差以上を追いかけているという条件で勝利したのは、過去25シーズンでは9件のみ。
確率にして約0.04%の奇跡的な勝利であることを伝えている。

今年のウィザーズは。
R.ウエストブルックの加入で一気に期待大!
しかし、流行性角結膜炎で開幕から八村の欠場。
チームもなかなか勝てず。
八村復帰してこれからって時に、急成長を遂げたT.ブライアントの怪我による全休決定。
またコロナ関連で次々と試合の延期。
ようやく試合が再開となっても主力の大半がコロナ関連で欠場。
やっと、やっと、メンバーがそろって来たところで、相手は今やイースタン最強とも名高いネッツ相手に2万に9つの大大逆転勝利!
ここからがウィザーズの本当の20-21シーズン開幕ということで。
とりあえずプレイオフには出て欲しい!


頼んだビール&ウエストブルック!!