怒涛のシルバーウィーク

あんにょん
大手町一家#99です。

毎年のことながら秋季スーパーハイシーズンは、本当にやばいですね。
しかもシルバーウィークという制度が出来てから、本当に試合が集中するようになりましたね。
どこのチームも予選勝ち上がっても、シルバーウィークには人が集まらないなどもあって、決勝トーナメントでも大差の試合が多いです。
本当はクラブ選手権一本に気持ちを集中したいのですが、あまりにも試合数が多くて、なかなか気持ちを一つに絞るのは大変です。
あとは、月末をしのげば、なんとか、ひと段落するので、残り試合頑張りましょう!

【4ピリに強い】
台東区の試合で、前回優勝チームと当たりました。
相手には、「UNDERDOG」の三井選手他、有名選手が多数在籍しているチーム。
COSMOSとしてはまだ勝ったことがありません。
逆に言うと、弥生クラブが出ていない今大会は、ここに勝つと優勝の可能性が一気に広がる大事な試合です。

試合開始、相手のエースに立て続けに3Pを決められてしまい、12点ほどのビハインド。
そこをディナイして、ボールを入れさずに徐々に追いついて、前半でなんとか逆転に成功。
最高の流れで前半を終える。

しかし、3ピリにエースがフィジカルで攻めてくる。
そこに対応できず、ずるずると失点。
18点ビハインドで3ピリを追える。
こうなると、頑張っても一桁差で終わってしまうケースが多いのですが、インサイドの大黒柱が一言。
「まだ追いつける、逆転しよう!」
この一言で、チームに火が付き、ディフェンスをチェンジして4ピリに臨む。
うまく戦術がはまり、こちらのシュートもよく入り、4ピリラスト1分を切って、ついに同点に追いつく。
そこから、決められては追いつき、遂に同点でマイボール、残り7秒。
私の安易なトラベリングで相手ボール。
最後は残り2秒からの相手のフリーのミドルシュートが外れ、同点で試合終了。
最後の最後で、勝ちを手繰り寄せられなかったのですが、18点差を追いつくことができたのは、大きな大きな財産となりました。

恩師の言葉は間違えていませんでした。
「あきらめたらそこで試合終了だよ」

【今週の試合結果】2015年43勝15負1分4冠
9/20(日)COSMOS 70-70 USC(台東区一部)
9/20(日)国際電子テラキャッツ 65-44 ファイブスター(中央区一部一回戦)
9/22(火祝)COSMOS 57-91 漢塾(葛飾区二部予選)
9/22(火祝)勉族 56-118 A’nknow(東京都一回戦)
9/22(火祝)荒川ライトニングス 69-62 BUNRIN(荒川区OP一回戦)
9/23(水祝)COSMOS 78-58 MEDLEY(葛飾区二部準々決勝)
9/23(水祝)COSMOS 54-67 酒友会(葛飾区二部準決勝)

正直、試合数が多すぎて、次の試合は人がちゃんと集まるのか?って不安になることもあります。
そして、この時期に風邪です。
仕事もめちゃくちゃ忙しくなってきました。
皆さん、頼らせて頂きます、宜しくお願いします!