セットオフェンス」タグアーカイブ

オフェンス戦術区分~フリー、モーション、オプショナル、セット~あなたはフリー派?セット派?

【オフェンス戦術四行まとめ】
☑フリーオフェンスとは、プレイヤーの自由意思のオフェンス
☑モーションオフェンスとは、約束事のあるフリーオフェンス
☑セットオフェンスとは、決まった方法で攻めるオフェンス
☑オプショナルオフェンスとは、ロジックツリーに従って攻めるオフェンス

【フリーとセット以外の選択肢】

対マンツーマンオフェンスと対ゾーンオフェンス(ゾーンアタック)。
オールコートを使ったファーストブレイクとセカンダリーブレイク、ハーフコートになればフリーオフェンスと一定の条件で発動するセットオフェンス。
大体こんな感じにとらえていました。

モーションオフェンスという言葉は、昔からよく聞くけど、結局良くなんだか分からないオフェンスでした。
セットオフェンスのひとつのプレイのこと?
ただでさえオフェンスの種類は複雑なので、今まで曖昧でしたが、「バスケットボールの教科書2~戦術と戦略の核心」にてわかりやすく説明されており、やっと理解することができました。
鈴木良和先生にスペシャルサンクスですね。
バスケットボールの教科書2よると、オフェンス戦術はフリー、モーション、オプショナル、セットの四つに区分けできるそうです。

【フリーオフェンス】

フリーオフェンスとは、プレイヤーがそれぞれ状況を分析して、その場にあった最適な選択を自由に行うオフェンスです。
その場で集まったピックアップゲームだと、当然フリーオフェンス一択になります。
また、クラブチームのように人の入れ替わりが多いチームもフリーオフェンス一辺倒のチームが多いです。
フリーオフェンスは個人の能力がそのまま試合に反映されます。
高いバスケIQを持っているチームであれば、フリーオフェンスの中でも色々なコンビネーションプレイを生み出せます。
正しい判断力がないと、チームオフェンスが機能せず、個の力で勝負してしまうことになります。

【モーションオフェンス】

モーションオフェンスとは、チームで統一した約束事のあるフリーオフェンスです。
フリーオフェンスから何も発展しないと、個の力を磨いてもらうしか、チーム力の向上ができません。
そこで、フリーオフェンスで発見したことを共有し、「こうなったら、必ずこれをする」などという約束事を作っていきます。

〇カッティング&リプレイス

パスを出した後の決まり事がないと、トップからパスを出した後にトップにとどまり続けるプレイヤーがいます。
チーム方針や状況によっても変わりますが、トップの動きが止まると、全体の動きも少なくなります。
そんなときパスを出したプレイヤーは必ずカッティングして、空いたスペースは他のプレイヤーがリプレイスすることを約束事とします。
この約束事のおかげで、一つの動作に連動して周りが動くことになります。
「どう動けばいいか分からない」と迷っているプレイヤーに対して、受け身の形で連動して動けます。…

ナンバープレイなどのフォーメーション(セットオフェンス)を覚える流れ。バスケに役立つ知識

【セットオフェンス(フォーメーション)を覚える三行まとめ】

ゾーンアタックやナンバープレイなどのように、システマチックなオフェンスをチーム内で浸透させるための流れを整理しました。
以下、セットオフェンスと呼びます。

☑作戦盤などで伝える
☑ウォークスルー→リミテッド→フルディフェンスで実践
☑紅白試合→練習試合→公式試合で実践

【流れ】

イメージング
→ウォークスルー
→リミテッドディフェンス
→フルディフェンス
→スクリメージ
→プラクティスゲーム
→オフィシャルマッチ

【イメージング】

イメージングとは情報を伝え、プレイヤーに動きをイメージさせることです。
タクティックボード(作戦盤)をつかって教えることが多いと思います。
最近では、YouTubeのおかげで、動画を使ってイメージさせることが多いですね。
居酒屋だと、ジョッキをプレイヤー、おしぼりをボールに見立てて、即席の作戦盤を使って説明したりしています。

【ウォークスルー】

ウォークスルーとは、共有したイメージをコートで確かめることです。
歩きまたはジョグ程度のスピードで、エントリー(最初の動き)からシュートまでの一連の動作を確かめます。
最初はディフェンスがいない状態で始めて、イメージするためにディフェンスに入ってもらう順番です。
ここで、動きを理解できていなければ、そのまま説明するか、再度作戦盤を通して説明します。
「アウトプットは最大のインプット」の言葉通り、分からない人に作戦盤を使って説明してもらうのが一番、本人の理解度が最も高まる方法となります。

【リミテッドディフェンス】

リミテッドディフェンスとは制限つきのディフェンスを入れた状態でナンバープレイをすることです。
ウォークスルーを通して、動きそのものを理解した後は、実際にディフェンスについてもらいます。
しかし、オフェンス側はプレイを理解するために、応用のプレイをしません。
ある意味制限つきのオフェンスとなります。
制限つきオフェンスに対してディフェンスが自由に守ると、オフェンスが成功するのが困難となります。
よって、ディフェンスにも制限をつけてもらうのが通常の流れです。
よくあるのは「スイッチをしない」などの制限(リミテッド)ですね。
もしくは、ディフェンスも同じ動きを確認しているので予測ができてしまうのを「知らない前提で守る」とかです。
リミテッドディフェンスを通してファーストオプションを確立させます。
制限があったとしてもディフェンスがいる状態で成功させることでプレイヤーの自信をつけさせることも価値があります。

【フルディフェンス】

憶えるという段階の最終章であるフルディフェンスです。
実戦でも通用するように、自由かつタイト(激しめ)に守ってもらいます。
ここでディフェンスが最初の想定にはなかった動きで対応してきます。…