タグ別アーカイブ: ランニングシュート

アンダーハンドレイアップとオーバーハンドレイアップ

先日の女子の試合でレイアップがポロポロ落ちて負けたので、バリューワークスのコーチに相談させて頂きました。
そこでレイアップを勉強し直して、再定義し、練習から取り組むことにしました。
目指すは、「レイアップを絶対に外さないチーム」です。

【レイアップとは】

レイアップシュートとはバスケット(リング)付近からのシュートのことです。
引用元:【Skills&Drills】事実、多くの指導者が知らないレイアップシュートの真実
海外では上記のように定義していることが多く、私も同じ考えです。
よって、パワーレイアップだけでなく、フックシュート、ステップインシュート、アンダーハンドもオーバーハンドも全部がレイアップです。

皆さんが想像するレイアップは、おそらくスラムダンクの「庶民シュート」が強烈に印象づけたのだと思います。

私は「庶民シュート」を「アンダーハンドのランニングシュート」と呼んでいます。
勿論、普段は総称の「レイアップ」と呼んでいます。

まずは庶民シュートはレイアップの一種であり、レイアップ=庶民シュートという常識は捨ててください。

【置いてくるという感覚】

よく、「リングにボールを置いてくる感覚でうつ」という話がでます。

「置いてくる」というのは、ミドルレンジのシュートとは違って、柔らかくうつということを指しているのだと思います。
なので決して間違いではありませんが、「置いてくる」を額面通りに受け取ってはいけません。
画像のように、リングまでボールを持っていける人は、「ボールをリングに置いてくる」が最も最適な表現だと思います。
しかし、小学生や女子選手のように力がないプレイヤーに置いてくるという感覚を伝えるのは最適ではないと思います。
しっかりとボールをリリースすることを伝えた方が良いと思います。
後で述べますが、アンダーハンドレイアップは「置いてくる」という感覚が理解できる体躯ができてから取り組めばいいと思います。

【レイアップの何が難しい】

理屈から説明すると、レイアップだろうとロングシュートだろうとシュートとは前後と左右と高さの三点のずれをなくす作業です。
距離の短いレイアップの場合は、前後や左右よりも高さのずれをなくすのが最も困難となります。
力のない体躯でアンダーハンドレイアップをすると、より難しくなります。
結果、両手でコントロールする癖がついてしまうプレイヤーもいます。

両手でレイアップをすることが絶対に悪いわけではありませんが、デメリットの方が多いです。
両手のレイアップは高さを放棄することになり、リリースからゴールまでの距離(高さ)が遠くなるのでコントロールが難しくなるのと、リリースが低いのでブロックされやすくなります。

【オーバーハンドレイアップ】

では、どうすればいいかというと、オーバーハンドレイアップをお勧めします。

私の考えるオーバーハンドの利点は3つです。
・オーバーハンドだとリリースポイントがアンダーよりも高くなる。
・下から上に放るアンダーよりも、前方に放るオーバーの方が狙ったところに投げやすい。(バンクシュートが前提)
・普段のシュートがオーバーなので、レイアップだけアンダーにするよりも慣れている。(大人でもすぐ慣れると思います)

ランニングシュートバリエーション、台風の中おつかれバスケ@お盆

2016/8/17練習記
あとんす

今回はお盆ということもあり、普段来られない人も来て多めになると思いましたが、台風直撃ということで、逆に少なかったですね。
おかげでアップに時間を使うことができたので、普段やらない色々なランニングシュートを色々とやりました。


【ランニングシュート】

〇右側からのランニングシュート

レギュラーステップ:ボールを空中でキャッチして二歩でレイアップ。普通のレイアップシュートです。
右手右足:レギュラーと一緒です。
左手左足:右からのレイアップを左手で行います。
右手左足:普段と違う反対足をあげます。頭を使って行わなければならず、体がバラバラになります。
左手右足:先ほどの反対です。試合で使うレイアップというよりかは頭の体操に近いです。
リングシュート:バックボードを使わずに直接リングに沈めるレイアップです。
右手オンリー:ボールのキャッチからレイアップのリリースまでを右手のみで行います。
右手オンリー&リングシュート:さきほど二つの合わせ技です。慣れないとちょっと難しいです。
レイバック:ボードに近い方の手で行うバックシュートです。
リーチバック:ボードに遠い方の手で行うバックシュートです。
ワンステップ:いわゆるパーカーステップです。空中でボールをキャッチして、片足だけを地面に付け、そのまま踏み切ってレイアップします。ドリブルの後にレイアップのタイミングをずらすのに使います。
ツーステップ:空中でボールを受け取って、両足着地。そのまま両足ジャンプしてリリース。ゴール下シュートのようにオーバーハンドシュートがおすすめです。
ギャロップステップ:ボールをキャッチし、ワンドリと同時に片足で踏み切り、両足で着地。あとはツーステップと同じ動きです。

〇左側からのランニングシュート

レギュラーステップ:今更ですが、左側のレイアップは左手でうてるようにしておきましょう。
スピードレイアッ:そろそろ体も温まってきたので、最速のスピードでレイアップします。
バックドア:ゲームを意識したレイアップです。ややゆっくりめにVカットし、最速でレイアップにいきます。緩急が大事です。…