松本稔」タグアーカイブ

ファウルアフターシュートってなに?バスケの複雑なルールを解説

【ファウルアフターシュート三行まとめ】
☑ボールコントロール(オフェンス)は、シュートのボールがプレイヤーの手から離れたときに終わる。
☑シュートモーションは、両足が床に着地した時に終わる。
☑ボールが手から離れてから、両足が床に着地するまでのグレーゾーンが存在する。

【両足が着地したらシュート動作は終わる】

まずは画像をご欄ください。

第15条:ショットの動作中のプレイヤー
15-1-2:ショットの動作は:プレイヤーがボールを相手チームのバスケットに向けて、スロー、タップ、ダンクをしようと、ひと続きの動作を開始したと審判が判断したときに始まり、ボールがそのプレイヤーの手を離れるか、シューターが空中にいる場合は両足がフロアに着地したときに終わる。

ルールブックの条文通り、両足が床につけばシュート動作が終わるので、そのあとにディフェンスがぶつかってファウルしても、フリースローにはなりません。
というか、シュートの後の接触はプレイに影響がないので、通常はファウルにはなりません。
例えば、上から覆いかぶさるぐらいに、接触が強くて、影響が大きい場合のみファウルをコールします。
ちょっとの接触でシューターが倒れた場合はオフェンス側のフェイクアファウルで、二回目からはオフェンスのテクニカルファウルとなります。

【小さいようで大きな差】

仮にシュートが成功した場合は、フリースローワンスロー(期待値1.0)なのか?シュートを成功したチームのスローイン(期待値1.0)なのか?なので、大きな差は生じません。

しかし、スリーポイントを外した場合には決定的な違いが発生します。
スリーポイントを外した場合は、スリースロー(期待値2.4)なのか?ワンポゼッション(期待値1.0)なのか?になります。
ここは審判が判定ミスすると、かわいそうな部分です。

【ファウルアフターシュートかの検証動画】


例えば上記の動画。
空中でぶつかっていたらシュートファウル、着地後にぶつかっていたら通常のパーソナルファウルとなります。
このケースの場合は・・・・・微妙過ぎる。
ほぼ同時で判別がつかない場合は、フリースローの方がよい気がします、雰囲気的に。
動画の例が悪くてすみません、見つからんので仕方ない。
とりあえず、フォロースルーがしっかりと残っていても、両足が着地していたらフリースローにならないということだけはお間違えなく。

【三井寿vs松本のフォーポイントプレイの疑惑】


私、このプレイに昔から疑惑を感じていました。
残念ながら三井(濃ユニ#14)の足が見えないので、両足がついていたかどうかわかりません。
だが、松本(白ユニ#6)の高さを見れば、三井が地面付近にいたのではないかと推測できます。
もし、三井がある程度の高さでジャンプをしているとすれば、松本のジャンプ力は半端ないことになります。
まぁ漫画ですし、全国優勝常連チームだから半端ないジャンプ力かもしれませんが。
なんてったって、松本稔は山王工業でなければ、どこでもエースを張れる選手なもんで。
結論、スラムダンクはいつだって、絶対に正しい!!

【シュートファウル?クイズ】

ここまでは茶番みたいな内容でしたが、ここから本編になります。
下記の問題に答えてみてください。…