原因論と目的論

あとんす

ちょっと最近、
女子だけでゲームができない感じが続いているので、
少し外部から募集を開始したいと思います。

男子は多くなりすぎてしまったので、
紹介以外は打ち止めしています。
年末に向けて頑張りましょう。


【原因論と目的論】

さぁ、バスケとは関係ありませんが、
表題の「原因論と目的論」とは、

人間の行動や感情に、
原因は存在しない、
行動や感情は、
目的のために創りだされる。
という理論です。

例えば、
熱いコーヒーをこぼされたAさんがウェイトレスに怒鳴っている。

原因論だと、
Aさんは、熱いコーヒーをこぼされたので、
怒鳴っている。

目的論だと、
Aさんは、怒鳴りたくて怒鳴っている。
コーヒーをこぼされたことは怒鳴るための目的として、
作り出された感情である。

どうゆうことかって言うと、
コーヒーをこぼされても、
怒鳴らないといけない訳ではありませんよね。
怒鳴るか許すかは
Aさん次第です。

もうちょい分かりやすい例を出すと、
「このプレイ練習でやったことないから、
試合で出来ない。」

練習でやろうとしたら、
「人が集まらないので、練習できない。」

練習できたとして、
試合の時になったら、
「あのプレイヤーがいないから出来ない。」

駄目な理由を探し続けると、、
問題をひとつひとつ解決しても、
根本的な解決にはなりません。

問題を解決するのではなく、
考え方を変えることの方が大事なのです。
これが「アドラーの目的論」です

つまり、
まいんどまいんどまいんどまいんど


【参加者】

男11人、女4人
代表者会議の参加予定者は、
宜しくお願いします。


【練習メニュー】
・合同レイアップ
・男女別ゲーム


あん・どぅ・とろわ
にゃ~~~~~!!!!!