2020/xx練習記、スタックからの3対3(神奈川大メニュー改)

雨にも負けず、怪我に負けず、コロナにも負けず、頑張ろう!!

【レイアップ】

いつもより人数が少なかったので、シンプルなレイアップ練習を。
両手を使ってレイアップをうつ人は気になるな~
あと、上に飛ばずに前に飛ぶ人も悪い習慣なので、正したい。

【ジャンプシュート】

ミドル20本イン、3P10本イン。
今週も一か所しかできず。
今はオープンシュートの成功率を高めたいので、シュート練習はもう少し増やしたいですね。

【3対3】

ローポストからのスタック縛り
ユーザーは、ディフェンスの動きに合わせて、レギュラー(ストレート)、カール、フレア、バックドアから選択できるようにします。
スクリーナーは、ユーザーの動きに合わせて、Fレギュラー→Cシール、Fカール→Cフレア、Fフレア→Cハイポプラッシュ、Fバックドア→Cフレアとリアクトします。
Gは、臨機応変ですが、バナナムーブで2対2のスペースを作りつつ、オープンでパスが受けれるようズレを作れるのが最適です。

今回、3対3でスタック縛りにした理由は、ゲーム中、エントリー前のスクリーンが圧倒的に少ないと感じたからです。
セットプレイの時は、ほぼエントリー前にオフボールスクリーンプレイから始まります。
しかし、フリーオフェンスになると、GからウイングのFまたはハイポのCへのパスか、Gがドライブする形でエントリーします。
スタックから始めるフリーオフェンスも確立したいと思います。
もっと、コートに指示をだした方がいいかもね。

【ゲーム】

スタックを意識したvsマンツーを8分×2試合。
ゾーンアタックを8分×2試合。
マンツーで5分を1試合

ゾーンアタックはいい感じの改善ができましたね。
同時にハイポフラッシュすることでディフェンスに悟らせない。
1stオプションはハイポパスエントリー、駄目ならウイング経由でハイorロー。
この概念に統一していきましょう。

【インターバル】

今日は人数が少なかったのでインナーマッスルだけをやりました。
プランク45秒+インターバル15秒を3セット。

【ゲームアフター】

スタックプレイをディフェンスなしで再確認しました。
今までもユーザーの動きにフォーカスしたことはありますが、スクリーナーの動きにフォーカスしたことはありませんでした。
なので、「~ハードワークは全ての才能を打ち負かす~神奈川大学バスケットボール部のオフェンス強化メニュー」から動きを採用し、使うボールを1つから3つに増やしたオリジナル練習を試しました。

共通する動きとして、ウイングのFがローポストにダウンしてCとスタックします。
そこから、ユーザー(F)の4パターンの動きに合わせて、スクリナー(C)もリアクトします。
Fがレギュラーカットしたなら、Cはゴール下でシールして、1on1を仕掛けます。
Fのボールレシーブの位置はどこでも大丈夫です。
通常はミドルシュートの距離、シューターなら3Pライン程度まで、インサイド寄りのプレイヤーはハイポ付近でもらってジャンプシュートでもいいです。

Fがカールしたら、Cはゴール下のスペースを空けるためにコーナー方向へフレア(広がる)します。

Fがフレアしたら、GとFのパス距離が遠くなるので、保険という意味も含めてCはハイポへプラッシュします。

Fがバックドアしたら、Cはカールの時と同様にフレアします。

FはGからのパスを受けてシュートをします。
CはFの列で待っていた次のプレイヤーからパスを受けてシュートをします。
Gはパスを出した後、バナナムーブでCの列で待っていた次のプレイヤーからパスを受けて3Pシュートをします。

ボールが6個、プレイヤーが8~9人いるとスムーズにまわりますね。
このメニューは1~2か月程度は継続したいです。

【感想】

毎日接骨院に通ったおかげで、指の方もだいぶ良くなりました。
このままだと一か月程度で治りそうなので、折れてなさそうです。
ありがとう、スポーツ保険!

チラホラと大会の開催も耳に入り始めました。
他チームと比べて順調に準備できると思います。
一発目の大会から、良い結果が残せるように頑張りましょう。