バンプ

バンプについて詳しく語っているサイトが見当たらなかったので、言語化してみました。

【バンプとは】

バンプ(bump)とは、「衝突、突き当たる、押しのける」という意味です。
バスケットボールでは、主にディフェンスが相手との接触すること、または接触時に押しのけることを指します。
通常、ディフェンスが相手の進路を妨害することはファールの対象となります。
よって、オフェンスよりも先に進路に入ることで、相手に遠回りさせる。
または先に進路に入ってバンプして、相手の進行を止めてしまいます。

【バンプをするシチュエーション】

狭義のバンプは基本的にオフボールマンに対して行います。

〇ボールカットバンプ

ローポストからハイポストへフラッシュする際、または逆サイドからフレックスカットする際。要は両方ともボールに寄ってくる動きに対して、バンプしてタイミングを遅らせたりキャンセルさせます。

〇ゴールカットバンプ

3Pラインよりも外のオフボールマンがゴール方向にカッティングの動きに対して、バンプしてタイミングを遅らせたりキャンセルさせます。

本当はもうちょい突っ込みたかったのですが、睡魔に襲われたので、今日はここまでにします。

〇スクリーンバンプ

自分のマークマンがボールマンDにスクリーンをかけに行こうとした動きに対して、バンプしてタイミングを遅らせたりキャンセルさせます。

〇リバウンドバンプ

オフェンスリバウンドにロングで飛び込んでくる動きに対して、バンプしてタイミングを遅らせたりキャンセルさせます。

〇ペイントバンプ

ペイントエリアに面を取ってくる動きに対して、バンプしてタイミングを遅らせたりキャンセルさせます。

【バンプの仕方】

両手(X字)または片手を自分の胸にくっつけます。
腕は使わずに自分の体重を乗せるイメージで体幹でバンプします。

【対バンプ】

〇相手を上回るならパワーで

バンプされてきてもパワーで上回るならばパワーで押しきってしまいます。

〇緩急

ぶつかりにいこうとするとさっと避けて交わし、油断すると体をぶつけてくる。
やられると結構、嫌ですね。

〇ダイブ

たとえばボール方向に進行中にバンプされたとしたら、バスケット側へのダイブに切り替えてしまう。
バンプは、相手の進行方向のひとつを止めるに過ぎないので、バンプへの意識が強すぎても、守りにくくなります。

上記、三つを織り交ぜると非常にバンプしにくくなります。