ボースハンドシュート

2016/8/10練習記
あとんす

あたり前のことですが、「シュート試投数」・「シュート成功率」・「リバウンド数」・「ターンオーバーの少なさ」の全てを相手チームに上回れば、まず負けることはありません。
勝敗への影響力が大きい右記の3つの中では、「シュート精度 > リバウンド > ターンオーバー」の順で大事だと思います。
今回はチームとしても掲げているシュートにフォーカスしました。

参照ページ:バスケットボールの技術を学ぼう「シュートをまっすぐ打つ(ボースハンドシュート)」


【ノーマークでシュートを決める】

シュートは、左右・前後・高低が一致して、はじめて成功します。
角度が2度ずれると、10cmずれると言われています。
バスケットボールが約25cm、リングが45cmなので、ど真ん中から10cmずれるとリングにぶつかります。
数字的にみると2度のずれも許さないなんて、神業ですよね。

〇左右のずれ

フォームで左右のブレをなくす。
→左右のブレが多いならフォームから見直しする。

〇前後のずれ

スキーマ(深視力などの感覚)で前後のブレをなくす。
→前後のブレはシューティングで調整する。

〇高低のずれ

アーチで高さの質を保つ。
→アーチは体格や筋力との兼ね合いもあるが、高い方が好ましい。45度~50度が理想的であるが、もっと高いアーチのシューターもいれば、ローアーチでも安定して決めれるシューターは存在する。

〇バックスピンで補完

バックスピンはブレを減らし、飛距離が伸びるので推奨。
さらにリングにぶつかった時にバックスピンがかかっていると慣性の法則でボールが上に跳ねやすくなるので、ラッキーシュートが増える。


【実戦でシュートを決める】

どんなにフリーのシュートが入ったとしても、試合で入らなければ意味がありません。
シューティングでしっかりとフォームと感覚を確認し、対人練習で試合におけるシュート成功率を高めてください。
一人で黙々とやるシューティングよりも、ペアでシューティングをしたり、ディフェンス役の壁を作ってグループでやるのも良いでしょう。

〇ディフェンスがいても打てる

ミートやスクリーンを習慣化する。

〇どの場所からでも打てる

→A色々な場所で打つ。
→Bある場所で絶対的な自信をつける。
当然、どの場所からでも打てるプレイヤーの方がいいのですが、このポジションは絶対的に自信をつけるのもお勧めします。
私の場合はトップの3Pですが、45度のミドルはシュートチャンスも多いので、是非ともマスターして欲しい位置です。

〇筋力や体力の変化があっても打てる

→クラブチームの場合は、アップ不足ということもあり体がほぐれきれていないので始めは強めに打つと良いでしょう。
一本目のシュートで状態を把握し、二本目のシュートから調整していけば良いでしょう。

〇プレッシャーがあっても打てる

→自信と経験で不要なプレッシャーがかからないようにしたいですね。
シュートなんか半分は入らないという割り切りもいいと思います。
クラッチタイム(終盤の重要な局面)でシュートを打って決めれるようになることが理想です。


【ボースハンドシュートフォーム例】

私は男でボースハンドを練習したことがないので良く分かりません。
参考程度にしておいてください。

〇指先

両手の人差し指がリングの中心を指す。
手首を回内させるエネルギーでボールを飛ばす。
フォロースルーは手の甲と甲が合わさるようになり、親指が下を向く。

〇腕

肘は両脇からこぶし一個分くらい離す感じ。

〇肩、胴、足

肩・胴・足をゴールに正対し、体を捻らない。
片足だけを前に出すと肩のラインが傾き、指先をそろえづらくなる。※筋力との兼ね合い

〇全体

鼻とリングの中心を結んだラインがシューティングラインとなる。
このラインにボールの中心を乗せることでシュートをまっすぐ飛ばすことができる。

ボースハンドシュート
画像参照
スキルアップのために|JX-ENEOSバスケットボールクリニック


本日の練習メニュー

〇参加者

・コーチ1人
・男8人
・女11人

〇男子メニュー

・レイアップ
・3対2、3対3
・ゲーム(4対4)※1本目のみ負けチーム1往復ダッシュ
・男女対抗3P連続4本→負け(2往復ダッシュ)

〇女子メニュー

・スタッツ撮影付きシューティング(ゴール下→フリースロ→3P→ミドル)
・タップ
・セットナンバーUCLA
・ゲーム(マンツー対ゾーン)
・インターバル:ダイナミックストレッチ→シュートについて話し合い→チームごとにミーティング

〇男子シューティングスタッツ

ゴール下:66/76(87%)
フリースロー:0/0(-)
ミドル:210/427(49%)
スリー:63/233(27%)

〇女子シューティングスタッツ

ゴール下:359/449(80%)
フリースロー:69/133(52%)
ミドル:421/986(43%)
スリー:226/739(31%)


【所感・PDCA】

シュートフォームの撮影が思っていたよりもいい感じに編集できたので、是非役立てて欲しいと思います。

あん・どぅ・とろわー
しゃー