♀ vs K’sプランニング(2018冬季葛飾区OP一回戦)

【スコア】
COSMOS♀ vs K’sプランニング
1Q:15-10(15-10)
2Q:31-37(16-27)
3Q:44-56(13-19)
4Q:66-75(22-19)

一年前の大会決勝で負けた相手です。
前回は行けなかったのでよくわからなかったのですが、今回の試合で分析済みなので次回は勝てます、いや必ず勝ちます!
まだ敗者復活にまわれるので、決勝でリベンジしましょう!
と、その前にアグレッション、アンサー、米山と強敵が続きますので、まずは一戦一戦を確実に。

試合はOR20(平均14)と、TO13(平均17)ともに悪い数字ではありませんでした。
悪かったのはeFG%30%(平均38%)と、なによりも失点が75点(平均50点)の部分ですね。
感情論で言えば、オフェンスリバウンドが取れていた時間帯はリードしており、とれなくなった時間帯は引き離された感じです。
しかし、試投数81本(平均71本)・ポゼッション数79(平均76)を考えて、一試合に慣らすと十分にオフェンスリバウンドは頑張ったと思います。
ましてやスモールチームですからね。
失点で目立つのは、三線カバーに行っているマークマンにパスがまわり、アウトサイドからほぼノーマークでうたれる失点ですね。
カバーの意識が強いと発生してしまうので、ディフェンスのせいにはしにくいのですが、結果的には失点率を高めてしまいます。
一線が抜かれることはあまりないので、ストレートマンツーで対応した方が、失点は防げると思います。
女子にはファンディフェンスとストレートマンツーの使い分けが難しいのかもしれませんが、柔軟に対応できると素晴らしいと思います。
もしくは、三線にいっても、自分のマークマンは絶対にうたせない気迫でもOKです。
とりあえずは、次回必ずリベンジで!

2018年(10勝8負:勝率55.5%)