タグ別アーカイブ: 審判

普段から審判をやろう

あとんす
さぁ、プレイヤーとしての責任として、
審判やTOも積極的にやりましょう!


普段から審判をやろう】

〇目標
全員が練習試合でスムーズに吹けるようになろう。
2~3名は公式試合で吹けるようになろう。

〇そのために
・最低限のルールを把握。
・なるべく笛を携帯する意識。
・練習の時に積極的に吹く。

〇メリット
チームに貢献できる、重宝される。
審判を通して、バスケやルールを深く知れる。

〇審判の位置
基本的な位置取りはエンドラインと左側のサイドコート。
ボールに近い審判は、
ボールを持っているオフェンスとディフェンスの間が見える位置。
もう一人の審判は、それ以外を見る意識。
特にゴール下。

〇ミスジャッジは気にしない
公認審判でも1試合に数回ミスジャッジしますし、
大会で文句を言われます。
自分でもミスジャッジだと思ったら次回に活かす。
よくわからなかった時は終わった後に詳しい人に聞く。
ちょっとずつ、上手になりましょう。


【ファウルについて】
ファウルを吹くと吹かれた人が文句を言い、
ファウルを吹かないと吹かれなかった人が文句を言う。
何を言っても文句を言われるのが審判なので、いちいち気にしない。
今のレベルなら、分からずに吹けないより、
分からずに吹いた方がまし。
失敗しましょう!
ファウルかな?って思ったら全部ファウルでOK。
細かいことは気にしない。

一応、本来のファウルの定義、
3つの要件を満たしているかどうかを確認すること。
1、接触:人と人との接触があるか?
2、責任:その接触はどっちが悪いのか?