ボーナス/bonusって何?バスケ・NBA用語。フリースローの時に使う言葉

ボーナス/bonus

2019/11/18up
マニアック度★☆☆☆☆
ボーナス/bonusとは、チームファウルが4個以上あり、次にファウルされたらフリースローになる状態のことです。

【ファウル・マネジメント】

1Qのチームファウル数(1試合の個人ファウル数)に上限があるので、ファウル数をコントロールする試みです。
ファウルマネジメント例
・Qの序盤にチームファウルが貯まってしまった場合、ゾーンにしてファウルをケアする。
・ファウル数に余裕がある時はワンショットプレイに対してファウルしてプレイを途切れさせる。
・リードされた最終Qに、いつでもファウルゲームに持ち込める準備をするため、チームファウル数をあえて増やしておく。

【ハック・ア・シャック】

NBAではボーナスのルールを利用して、フリースローの下手な選手にファウルする「ハック・ア・シャック」という作戦が存在します。

ハック・ア・シャックの利点は、相手のオフェンスで消費する残り時間を止めることができることです。
終盤で少し差がついて負けている場合、少しでも早く、少しでもシュートが下手で、リバウンドの強い選手に対してファウルすることで、通常よりも若干ですが勝率を高めることが可能となります。
尚、FIBAでは、ボールに対するファウルでないと、アンスポーツマンライクファウルとなり、ボーナス+ポゼッションとなるため、露骨なハック・ア・シャックは存在しません。