ドライブスルー・レーン/drive-through laneって何?バスケットボール用語

【ドライブスルー・レーン/drive-through lane】

ドライブスルー・レーンとは、ドライブしたハンドラーがゴール下をくぐってペイントエリア(レーン)を横切って逆サイドにまで切れることです。
造語かもしれません。

ドライブした後にベースライン付近で立ち止まってしまうとディフェンスの餌食になります。
ドライブした後にリトリートして元の位置に戻れば、ボールをロストする可能性は減りますが、得点には繋がりません。
ドライブした後、レイアップが狙えなくても、ドライブスルー・レーン(ペイントを横切る)すれば、逆サイドのオフボールマンにボールをつなぐことができます。
オフボールマンはリングに正対した方向からパスが来るので、より高確率なシュートを狙うことができます。

完全に主観ですが、千葉ジェッツの富樫選手がよくやっているイメージです。
ディフェンスに囲まれている状態で無理してレイアップには行かず、ドライブルスルーレーンをするか、手前でフローターを狙う印象が強いです。