対ピックディフェンス/ホワイト・ブルー・レッド

現在オンボールピックに対して、当チームの男子はブリッツ、女子はスイッチアップをベースにしています。
もう一度、おさらいしておきます。

【オンボールピックのオフェンス側の狙い】

「スクリーンを使ってそのままドライブしてレイアップ」
これが理想的な狙いですが、そんなに簡単にはうまく行きません。
よって、オフェンス側の狙いは下記の二つと考えています。

・スイッチさせてミスマッチを作る

特にディフェンス側に取り決めがないと、スクリーンで抜かれた後にヘルプの感覚でスイッチすることが多いと思います。
ハンドラーに対してビックマンが、インサイドに対してガードがつくことで、高さと速さのミスマッチが同時に作れます。
優先順位としてはインサイドでのミスマッチが最も効果的です。

・2対1を作る

ストロングサイド側にスクリーンをかけると、外側からD→O→D→Oの順番になります。
一番外側のDをロックすることで、O→D→Oの2対1を作り出すことができます。
ピックマンがダイブ、ハンドラーがドライブすることで、Dはゴールに進む両方に対応しなくてはいけなくなります。

オフェンスの狙いから逆算して考えると、現在当チームの女子が適用しているスイッチアップはベストではないと思っています。

【レッド、ブルー、ホワイト】

実戦では、レッド、ブルー、ホワイトに呼び分けて、状況に応じて使い分けます。
使い分けるのが難しければ、状況に関わらず事前に決めておいても、ある程度は防げます。

【ホワイト(アンダー)】

ホワイト(アンダー)とは、スクリナーディフェンスがスクリーンの後ろ(アンダー)で構えることです。
ユーザーよりもスクリナーのロールなどを優先してケアしたい時は、ホワイトにせざるをえません。
また、ユーザーの3Pがない時は、ハンドラーが一瞬ノーマークになっても怖くないので、ホワイトで消極的守備しても大丈夫です。
メリットは、ピック&ロールに対応できるので、ディフェンスが二人で完結できることです。
デメリットは、ボールマンがフリーになるので、ディフェンスが後手になることです。

【ブルー(ショー&バック)】

ブルー(ショー&バック)とは、スクリナーディフェンスがソフトショー(スクリーンの横程度に出て存在感を見せる)して、ドライブを止めます。
ドライブを止めたら、すぐに戻ることで、マッチアップを入れ替えずにスクリーンに対応します。
オンボールピックに対して、最もベーシックな守り方となります。
メリットは、ボールマンとスクリナーの両方を均等にケアできることです。
デメリットは、ショーをしてしまうのでピックマンのダイブ(ピック&ロール)に弱いことです。
ショーしている間にボールマンのディフェンスがロックすることで、ダイブを阻止できます。

【レッド(ブリッツ)】

レッド(ブリッツ)とは、スクリナーディフェンスがハードショー(スクリーンの前(オーバー)まで出る)して、ボールマンを完全に止めます。
ボールマンディフェンスもすぐにダブルチーム(急襲=ブリッツ)に切り替えます。
激しいディフェンスでボールを奪うのが理想です。
または、ダイブしたオフェンスにパスを狙うふわっとしたパスを三番目の選手(スタント)でインターセプトします。
詳しくは動画を参考にしてください。

レッドは3つのディフェンスの中で最も攻撃的なディフェンスとなります。
メリットは、勿論、ターンオーバーを誘発することができます。
デメリットは、三人目(スタント)が必要となりカバーのカバーまであるので運動量もあがります。
ディフェンスの穴もでてくるので、ギャンブル的要素も高まります。
それでも、ブリッツが可能であるのならば、最優先にしていいと思えるほど魅力的なディフェンスです。

【まとめ】

ハンドラーとピックマンの能力や位置に応じて、「レッド・ブルー・ホワイト」を使い分ける。
または、プライマリティ(優先順位)をあらかじめ決定しておくとよいでしょう。
また、そもそもスクリーンに対してはバンプすることで、スクリーンそのものをキャンセルさせることができます。
スクリーンバンプが最も手っ取り早い解決策だと思います。