入ると思ってシュートすると成功率があがるのか?バスケ心理学

【シュートとはシュート動作のルーティーンワーク】

「自信を持ってシュートをうて!」
「決めるつもりでシュートしろ!」
私も良く言いますし、よく耳にする言葉です。
ですが、実はこの言葉、あまり好きではありませんでした。
シュートはシュート動作(ルーティーンワーク)の追求作業。
自信があろうがなかろうが、動作が一緒ならば成功率に変化はない。
これが私の持論でした。

【接戦に強い】

過去3試合で、女子は4Qでの逆転負けに苦しんでいます。
試合後のミーティングで終盤での気持ちについて話しました。

「4Qで10点リードが3点リードにまで詰められた時に、負けるかも?と思った人いる?」
ほぼ全員が負けるかもと思っていたことが発覚。
「男子は接戦に驚異的に強いよ。
絶対に負けるかもなんて思わないから、絶対に勝つと思ってプレイし、実際に勝ってるよ。
まずは、負けるかもなんて思わないで、絶対に勝てるとマインドセットしようよ」
私はこれで簡単にマインドセットできちゃう人間なんですが、女子はマインドセットが難しいのでしょうね。

ただ、論点はこの先。
ん?「勝てるんだ」とマインドセットした方が本当にいいのか?
勝敗とは関係ないんじゃないのかな??
と、自問自答しました。

【単なる感情論では?】

・決めるつもりでシュートする。
・勝てると思って接戦をプレイする。
上記の二個はともに精神論で結果を変えようという試みですね。
これって感情論であり、本当に結果に影響を与えるのでしょうか?
悶々とする日々が過ぎた中、一つの書籍と出会い、疑いが晴れ、感情論ではないという確信に変わりました。

【PKでの心理と結果の関係】


スポーツ心理学者ジョルテの「期待の科学」に出てきたデータを図にしてみました。

サッカーのPKの平均成功率は75%のようです。
初対戦(直近でPKで試合したことがない相手)のチームに対しては成功率が74%と、平均成功率とほぼ一緒です。
4本中3本の成功が、一般的なPKの成功率だと思ってください。

それに対し、直近でPK勝ちしている相手チームに対してはシュート成功率が87%となります。
心理状態で言うと、勝てるかもと思っている状態ですね。
平均よりも12%アップという結果になります。

反対に、直近でPK負けしている相手チームに対してへのシュート成功率は63%となります。
心理状態で言うと、負けるかもと思っている状態ですね。
平均よりも12%ダウンという結果になります。
奇しくも、同じ12%の変化という結果になりました。

【PKでは先攻を選ぶ】

PK戦の勝率は、先攻チーム60%:後攻チーム40%となります。
実に先攻チームが1.5倍の勝率となります。
これは先制点を入れることで、心理的優位に立てることができ、75%の確率で先制点が入るからです。
実際、コイントスに勝った主将は、95%の確率で先攻を選ぶそうです。

【バスケのオープンシュートとサッカーのPKは同じクローズドスキル】

バスケットボールのディフェンスやリバウンドなどのプレイは、フィジカルや身体能力や意欲などが大きく影響をします。
しかし、オープンシュートはバスケットボールで唯一、フィジカルなどから解放され、技術と心理で成功率が決まるアクションだと思います。
いわゆる「クローズドスキル」ですね。
クローズドスキルとは、外的要因左右されない、自分のペースで行える技能のことです。
サッカーだとPK、他のスポーツだと、ダーツ、ボウリング、アーチェリーなどが該当します。

【因果関係は不明だが、相関関係で実証】

因果関係(原因と結果)としては、やはり良く分からないみたいですね。
性格や経験値にもよると思いますが、自信を持った方が体も正確に動くとか??
相関関係として、自信が持てそうな状況の方が、成功率が上がったという実証が出ています。
ぶっちゃけ、証拠レベルは相当低いですが、サッカーのPKに自信と成功率の影響が認められているのであれば、バスケのシュートでも自信を持てばシュート確率があがるはずです。

【結論、自信を持ってシュートをうて!】

・決めるつもりでシュートする。
・勝てると思って接戦をプレイする。

これは次の行動につながる感情論としてではなく、結果に影響を与えるために必要なことです。
当記事のタイトルである、「入ると思ってシュートすると成功率があがるのか?」に対しては、成功率は上がります!