ドライブへの合わせ(4D)

2016/11/15練習記
あとんす

【ドライブへの合わせ(4D)】

〇合わせの概念

合わせとは、主にドライブに合わせて、周りが動くプレイです。
ダイブ、ドリフト、ドラッグ、ディフェンスの4つの選択肢があり、4Dと呼ばれます。
ボールウォッチャーにならず、4Dから選択するのが理想です。
自分の位置、体格、能力、ディフェンスとの距離に応じて選択します。

4d

〇ダイブ

ゴール方向へ動き、ゴール近辺でのシュートを狙う。
メリット:ゴール下でもらえる、オフェンスリバウンドに参加できる。
デメリット:ドライブの邪魔になりやすい、体が小さいとノーマークでないとシュートまでいけない。

〇ドリフト

パスラインに移動し、ミドル(ロング)シュートを狙う。
メリット:パスがもらいやすい。ゴール下があきやすい。
デメリット:外でもらうので、シュート力がないと意味がない。

〇ドラッグ

ドライブした選手が元々いた位置へ動くなどスペーシングに合わせて動く。
メリット:5人全体が均一なスペーシングを保ちやすい。
デメリット:直接ボールには絡めない。

〇ディフェンス

ターンオーバーを警戒し、セーフティーマンとなる。
メリット:ターンオーバーだった場合、失点を防ぎやすい。
デメリット:オフェンスに絡めない。

〇合わせの総括

ボールに絡む場合は、ダイブかドリフトを選択する。
ボールに絡めない場合は、ドラッグ(というかスペーシング)、ディフェンス(というかセーフティ)を選択する。

%e3%83%80%e3%82%a4%e3%83%96%e3%81%a8%e3%83%89%e3%83%aa%e3%83%95%e3%83%88

〇2:2練合わせ習方法

合わせるという意識(マインド)×合わせる選択肢(スキル)なので、ダイブかドリフトを選択する、反復練習。

1、左45度にボールマン、ディフェンスは一線、右45度にオフェンス、三線の位置にディフェンスの状態でスタート。

2、ボールマンがウィークサイドにドライブすると、三線がゴール下付近に移動し、ハイポが空くのでドリフト→ミドルシュート
ボールマンがストロングサイドにドライブすると、三線がハイポに移動するので、ローポストが空くのでダイブ→ゴール下シュート

これを繰り返すことで、自然とドライブに合わせて体が動くようにする。

〇3:3合わせ練習方法

2:2だと動きが選択肢が二個しかないので、慣れてきたら3:3に広げる。
ドラッグとディフェンスの選択肢も増やして、対応する。

最終的なゴールはドライブに合わせて、一人もボールウォッチャーにならないようにすること。

【本日の練習メニュー】

〇参加者

・コーチ1人
・男9人
・女8人

〇男子メニュー

・2対2合わせの練習
・ゲーム、三線意識
・インターバル、インナーマッスル

〇女子メニュー

・フォーメーションの確認(サイドナンバー)
・2対2合わせの練習
・ゲーム(合わせとナンバーを意識)
・インターバル、ミーティング

【所感・PDCA・ミーティング】

とりあえず、台東区優勝記念Tシャツを配布できました!

〇男子練習

10人に満たなかったので、もうちょっと集客強くしますね。
10ギリだと、体力の問題もあるので、基準を高めにした指示が出しにくいので、まずはそこからですね。
手を抜いたら、交代させられるって危機感をあおる必要がありますね。

〇女子練習

女子はフォーメーション練習の反復をしました。
まだまだセカンドネイチャーとは程遠いけど、思っていたよりも早く形になってますね。
合わせも後半になるにつれ、いい形が増えました。
是非、継続したいと思います。
あとは、新しく来た人が楽しんでもらえる雰囲気作りを意識したいと思います。
初めて来る人は緊張するって前提が抜けていました、今まで来てくれた人はごめん。
必ず、改善します。

あん・どぅ・とろわー
シャー