オフボールスクリーン(ピック)の種類とコツ、オフェンスの80%はオフボールである

【オフボールスクリーン三行まとめ】
☑ピックの種類ごとにポイントが異なる
☑一度でダメなら二度かける
☑練習では「ずれ」で満足せず、しっかりかけることを意識する

オンボールスクリーンに比べてオフボールスクリーンは、そもそもスクリーンがかからないなど、得意不得意の差が大きい気がします。
オンボールピックがサイドにセットすることが多いのに対して、オフボールスクリーンは種類ごとにコツが異なるからだと考えております。
正面からかけるフロントスクリーン、横からかけるサイドスクリーン、背後からかけるバックスクリーン(フラットスクリーン)、すべてコツが異なります。
種類の違うスクリーンを全部同じスクリーンとしてセットしようとしても、なかなかうまくいきません。
そこで、種類ごとのスクリーンのコツを解説します。
念のため、サイト内での用語の整理をします。
「スクリーン」と「ピック」は同じ意味で使っています。
スクリーンを使う人を「ユーザー」、オンボールで使う人を「ハンドラー」と呼びます。
スクリーンをかける人を「スクリナー」または「ピックマン」と呼びます。

【オフボールスクリーンの種類】

オフボールでのアウトサイドプレイヤー(ユーザー)とインサイドプレイヤー(スクリナー)の組み合わせのスクリーンプレイです。
この4つだけを抑えておけば十分です。
カッコ内の方向はユーザーの方向です。

・アップスクリーン(下)
・ダウンスクリーン(上)
・フレアスクリーン(外)
・アウェイスクリーン(中)

〇アップスクリーン

スクリナーがエンドライン方向から、アップしてセットするスクリーンです。
この形で多いのは、ターゲットの背後からかける形(バックスクリーン)です。
ルール上では、ディフェンスがよけられるように一歩の距離をあけるよう指示がありますが、私はシール(ターゲットにくっつく)までやるべきだと思います。
NBAでも、Bリーグ・Wリーグでも、クラブでも、学生でも、この手のファウルを吹かれたのを見たことがありません。(吹かれたら試合中にアジャストすればいい)
ターゲットの背後からかけられるので、シールが簡単にできます。
ユーザーは、一度フェイクを入れて、ゴール方向に素早くカッティングします。
通常は、ノーマークにならないよう、もう一人のディフェンスがバンプすると思うので、当たり負けしなければ、ゴールの可能性が生まれます。
コツ:スクリナーはシール。ユーザーはフェイク+素早いカッティング。

〇ダウンスクリーン

スクリナーがエンドライン方向に、ダウンしてセットするスクリーンです。
ダウンスクリーンが一番、得手不得手がはっきりするスクリーンだと思います。
この形で多いのは、ターゲットの正面からかける形(フロントスクリーン)で、いわゆるスタックの形になります。
ターゲットに見られながらかけるので、無理やりシールできません。
なので、スクリナーよりもユーザーが頭を使う必要があります。
ディフェンスの位置を見ながら、レギュラーカット、バックドアカット、カールカット、フレアカットなどを選択します。
ユーザーの動きが大事なので、ブラッシングを特に意識してやります。
ナスティプレイ(汚いプレイ)になるので、あまり推奨できませんが、スクリナーにおすすめの動きがあります。
スクリーン&ダイブという言葉があり、スクリナーは通常、スクリーン後にリングへダイブします。
ターゲットがスクリナーよりもリング側にいる場合は、このダイブを利用して、ターゲットに体をぶつけてしまいます。
スクリーンっぽくやってしまうと、ムービングスクリーンになりますので、ダイブっぽくやります。
コツ:ユーザーはディフェンスの動きに合わせて選択+ブラッシング。

〇フレアスクリーン

フレアとは、「広がる」という意味です。
主に、コーナー(0度)方向にリングから離れるフレアカットを意図したスクリーンです。
なので、スクリナーは外側から横向きに(サイドスクリーン)スクリーンをかけます。
外側に広がる動きなので、ディフェンスの警戒感が薄く、スイッチやバンプしてまで止めようとはあまりなりません。
しかし、3Pでノーマークになりやすいので、個人的にはおすすめのスクリーンプレイです。
スクリナーはシールまでしますが、ターゲットの足を両足で挟むと、ターゲットの動きを封じやすいです。
ユーザーはボールから目を離さず、横歩きまたはバックランで広がります。
コツ:スクリナーはシール+足で挟む。

〇アウェイスクリーン

アウェイとは敵地などのことです。ホーム&アウェイのアウェイですね。
アウェイスクリーンとは、スクリナーがボールから離れる方向にスクリーンすることです。
フレックスカットなどを生み出すスクリーンとなります。
フレックスとは、フレアの反対に、リング方向にカッティングする動きです。
日本ではフレックスタイムという言葉が先行しているので、初めて聞くと、時間差?入れ替わる?などのように解釈し、よくわかりませんでした。
フレックスの意味は、「畳む、曲げる」です。
フレックスカットを生み出す動きなので、フレックススクリーンなどと呼ぶこともあります。
スクリナーはフレアの時と同様にシール+足。
ユーザーは、アップスクリーンの時と同じく、フェイク&素早いカッティングです。
コツ:スクリナーはシール+足挟み。ユーザーはフェイク+素早いカッティング。

【一度でダメなら二度スクリーンをかける】

ピックを試みて、うまくずれが作れなかった場合、もう一度ピックを試すことで引っかかることもあります。

〇リスクリーン(リピック)

リスクリーン(リピックと呼ぶことの方が多いかな)とは、スクリーンを二回かけることです。

もし一回のスクリーンでかからなかった場合は、もう一度スクリーン(リスクリーン)をかければ、一回目よりもかけやすくなります。
ダウンスクリーンからのアップスクリーンなどは個人的には好きです。

オンボールピックですが、リピックの参考動画です。

〇スクリナーアフターユーザー(造語)

リスクリーンのひとつで、ユーザーとスクリナーが入れ替わるスクリーンプレイもおすすめです。
アップスクリーンの後に、スクリナーとユーザーが入れ替わってのアップスクリーンは引っかかりやすいです。

スクリナーアフターユーザーの動画です。

【特に練習ではスクリーンをしっかりかけることを意識する】

バスケットボールでは5人が1個のボールをシェアして攻撃します。
つまり、オフェンスの4/5の時間帯に当たる80%はオフボールの動きとなります。
オフボールでは、スペーシングとスクリーンプレイがとても重要となります。
なので、スクリーン技術の向上はそのままバスケットボール技術の向上につながります。
スクリーンプレイはうまくかからなくてもズレを生み出すことができます。
このわずかなズレ程度でも、上手なプレイヤーは、得点に結びつけることができます。
しかし、練習では小さなズレを作る程度で満足せず、しっかりとスクリーンをかけることを意識して取り組んでください。
一度、ピックしてかからなければ、リピックしてしっかりかけることが大事です。

【スクリーンの全種類】

最後は資料として、思い付く限りのスクリーンの種類をあげます。

〇オンorオフの分類

・オンボールスクリーン:ボールマンディフェンスにスクリーンすることです。
・オフボールスクリーン:ボールを持っていない選手のディフェンスにスクリーンすることです。アウトスクリーンと呼ぶ人もいました。

〇ターゲットへの向きによる分類

・フロントスクリーン:ターゲットの正面からかけるスクリーンです。
・バックスクリーン:ターゲットの背後からかけるスクリーンです。
・サイドスクリーン:ターゲットの側面にかけるスクリーンです。一般的なスクリーンとなります。

〇ターゲットへの角度による分類

・フラットスクリーン:ターゲットと平行にかけるスクリーンです。バックスクリーンに多いです。フラットは「平(たいら)」という意味です。
・バーティカルスクリーン:ターゲットに垂直にかけるスクリーンです。バーティカルは「垂直」という意味です。
・アングルスクリーン:ターゲットに斜めにかけるスクリーンです。ファイトオーバーさせたい時やスイッチさせたい時に使います。アングルは「角度」という意味です。

〇スクリナーの移動方法による分類

・アップスクリーン:スクリナーがエンドラインから上がってスクリーンすることです。
・ダウンスクリーン:スクリナーがエンドライン側に下ってスクリーンすることです。
・ピンダウンスクリーン:ダウンスクリーンとほぼ同義ですが、特にターゲットをピン(針)で動きを止めることを強調して使います。
・アウェイスクリーン:スクリナーがボールから離れる方向にスクリーンすることです。アウェイは「向こうに」という意味です。
・クロススクリーン:スクリナーがミドルライン(コート中央の縦の仮想ライン)を横切ってスクリーンすることです。
・ダイアゴナルスクリーン:スクリナーが対角線に斜めに移動してスクリーンすることです。ダイアゴナルは「対角線」という意味です。

〇スクリーンのセットがコートの内側か外側かによる分類

・インサイドスクリーン:ミドルライン側(コートの内側)にセットするスクリーンです。オンボールのウイングピックの時はインサイドスクリーンがおすすめです。
・アウトサイドスクリーン:ベースライン側(コートの外側)にセットするスクリーンです。

〇ユーザーのカッティングによる分類

・フレアスクリーン:ユーザーがボールから離れるようにカッティングするようスクリーンすることです。フレアは「広がる」という意味です。
・フレックススクリーン:ユーザーがコートの外側から内側(横)にカッティングするようスクリーンすることです。フレックスは「折りたたむ」という意味です。
・UCLA:トップのオフェンスがハイポのスクリーンを使ってダウンすることです。

〇スクリーンの回数による分類

・リピック:同じスクリーンが二回スクリーンすることです。
・スクリナーアフターユーザー:ユーザーとスクリナーが入れ替わって、二回目のスクリーンをすることです。(造語)

〇スクリナーが2人いる時の分類

・ダブルスクリーン:二人のスクリナーが同じターゲットにセットするスクリーンです。左右両方にセットするケースもあります。
・スタッガードスクリーン:二人のスクリナーが同じターゲットに少し離れてセットするスクリーンです。スタッガードは「千鳥配列(斜めに配置みたいなニュアンス)」という意味。
・スクリーントゥザスクリナー(STS):ディフェンスにスクリーンをかけているスクリナーのディフェンスにスクリーンを同じタイミングでセットすることです。

〇オンボールスクリーン

オフボールスクリーンの特集ですが、一応、入れておきます。
・ハイピック:トップ(90度)の位置からセットするオンボールスクリーンのことです。現在の主流です。
・ウイングピック:ウイング(45度)の位置からセットするオンボールスクリーンのことです。昔は主流でした。ウイングとは「翼(左右の広がった部分)」という意味です。
・コーナーピック:コーナー(0度)の位置からセットするオンボールスクリーンのことです。使用頻度はあまり高くありません。コーナーとは「隅」のことです。
・ドラッグスクリーン:アーリーオフェンスでディフェンスがまだ戻り切れていない時にセットするオンボールスクリーンのことです。ドラッグは「引きずる、引き出す」という意味です。
・ドリブルスクリーン:ドリブルしているプレイヤーが手渡しパス(ドリブル・ハンズ・オン、通称DHO)して、そのままスクリナーになることです。
・ピック&ロール(PnR):オンボールピックからスクリナーがダイブする代表的なコンビネーションプレイです。

〇そのほかのスクリーン関係

・コンタクトスクリーン:スクリナーがターゲットに対してシール(体をくっつける)するようセットすることです。スクリーンがかかりやすくなるコツです。シールを意識させた造語です。
・スプリットスクリーン:ボールマンがスクリーンを使って、自分のマークマンから離れること。
・スリップ:スクリーンをセットしたら、すぐキャンセルすることです。スリップは「滑る」という意味です。
・オウンユアースクリーン:オフェンスが自分のマークマンをスクリーンして、スイッチの対応をさせないことです。
・ポストトゥポストスクリーン:インサイド同士のスクリーンのことです。クロススクリーンでよく見かけます。
・アフタースクリーン:スクリナーがオフボールスクリーンの後に積極的にボールに絡む動きです。ユーザーとスクリナーの両方がボールをもらう意識を持てばパッサーの選択肢が広がります。
・スクリーンアウト:リバウンドに入る選手が、リバウンドで好位置を保つために、相手を押し出すこと。一応、入れておきました。

他にも見かけたら、追加します。