スクエアパス&ピック

2017/1/17練習記
さぁ2017年大会が男女ともに始まってきました!
頑張りましょう!

【スクエアパス&ピック】

リングが使えない廊下でやるメニューです。
最低8人(2人×4カ所)いないと出来ない練習です。

〇強化ポイント

・周辺視野
バスケは同時に10人が動くので、全体を把握する能力が必要である。
ボールの動き(パス)と、人の動き(スクリーン)が同時に行われるので、両方捉える練習。

・状況判断力
パスしていい方向とスクリーンに行っていい方向が限定されています。
瞬時に判断し、行動に移すことで、状況判断力と一歩目の早さ(アジリティ)を鍛えます。

・アジリティ
判断したら一歩目を素早く動きます。
イメージを即行動化することでアジリティを鍛えます。

・スクリーン
ついでにスクリーンのかけかた・もらいかたを復習します。
スクリナーは、ディフェンスに密着(シール)し、距離を空けません。
ファウルにならない程度にディフェンスを押して、重心をずらすとスクリーンがかかりやすいです。
ユーザーは、スクリナーの間にディフェンスが入られないようブラッシング(体を触れあう)しながら動きます。

〇ルール

・4カ所×2人以上に別れます。(最低8人必要)

・図の番号1
初期のボールの位置をAとします。
初回のみ好きな場所にパスします。(今回はB)
Aはパスを出した方向以外のどちらか(C or D)の先頭のプレイヤーをディフェンスと見立てて、スクリーンをかけにいきます。(今回はC)
スクリーンをもらったら、二番目に並んでいるプレイヤーが、スクリナーが来た方向(A)に移動します。

・図の番号2
同時に、パスをもらったBは、AとAがスクリーンにいったC以外のDにパスをします。
BはDにパスをしたら、D以外にスクリーンをかけにいきます。(今回はA)
以下、同じです。

h3>【本日の練習メニュー】

〇参加者

・男8人
・女9人

〇メニュー

・一線、二線、三線練習のレイアップ
・ゲーム
・インターバルでスクエアパス&ピック
・インターバルで体幹

【所感・PDCA・ミーティング】

今日は新しい人がちらほらいて、レベルもまばらになってしまいました。
それでも継続するということで、今回練習にきた方は次回率先してできるよう用意しておいてください。

あん・どぅ・とろわー
ニャー