フォーファクター」タグアーカイブ

スタッツとボックススコアの見方

【スタッツとボックススコアの見方】
☑バスケットボールはほとんどを数値化でき、分析が可能である。
☑得点、リバウンド、アシストなどの主要スタッツを抑える。
☑EFF、フォーファクターなど重要なスタッツを抑える。

【スタッツとボックススコアとは】

スタッツ(stats)とは、statistics(統計)の略で、チームや個人のプレーの成績をまとめたものです。
ボックススコアとは、1試合における両チームのスタッツ一覧のことです。

バスケットボールは全てを数字で表すことができるので、試合の良しあしを雰囲気だけでなく数字で分析できます。
当クラブチームでも、公式試合を一過性のものにしないために、スタッツをつけて、改善に役立ててます。

「そもそも、見方がわからない」
「どう使えばいいの?」
「この時は、どっちに記録するの?」
などという意見が多かったので、まとめました。

【ボックススコアの見方】


上記は2019年のオールジャパン決勝の勝利チームである千葉ジェッツのボックススコアです。
最後の富樫の3Pは凄かった!
まずは、基本的な見方を抑えます。

NO.(number、#、背番号)

まずはプレイヤーに関する情報です。
Noとは、ナンバーの略で、背番号のことです。
#などで表記されることもあります。
0(または00)から99となります。

S、GS(game starts、先発出場)

Sとは、スターティングメンバーの略で、先発出場のことです。
GS(ゲームスタート)と表記されることもあります。
*がついている5人が先発出場したということです。
単純な出場試合数はGと表記します。

選手名(name)

プレイヤーの名前です。
NBAでは、ニックネームなどの登録(ネネ、ペニー・ハーダウェイ、マジック・ジョンソン等・・・古い)も可能となります。

その他、POPなど書いてあったら、ポジションを差します。
ポジションはG、F、Cの三段階で表記するか、PG、SG、SF、PF、Cの五段階で表記されます。

PTS、P(points、得点)

続いて、シュートに関する記録です。
PTSは、ポイントの略で、得点です。

例えば、#21ギャビン・エドワーズの場合は、(3点×2本)+(2点×7本)+(1点×7本)=27点となります。

3PFG、3FG、3P(3