富樫勇樹の逆転3Pで千葉ジェッツが天皇杯3連覇!

【富樫勇樹の逆転3Pで千葉ジェッツが天皇杯3連覇!三行まとめ】
☑富樫の3Pで千葉が逆転優勝。
☑MVPも富樫。
☑女子優勝はやっぱりJX。

クラブチームにも出場機会がある夢のオールジャパン(天皇杯・皇后杯)。
いや~行きたかった
招待チケットをもらっていたので行く気マンマンでしたが、COSMOSの2019年1試合目と被っていたので泣く泣く会社の後輩にペアチケットをあげてしまった。
こんな接戦になるならば、試合をすっぽかして行くべきだった!!!

【富樫勇樹の逆転3Pで千葉ジェッツが天皇杯3連覇!】

2019/1/13にさいたまスーパーアリーナで「第94回天皇杯・第85回皇后杯 全日本バスケットボール選手権大会」ファイナルラウンドの男子決勝が行われた。
初優勝からの3連覇を狙う王者千葉ジェッツと天皇杯での初優勝を目指す栃木ブレックスの対戦となった。
大会初優勝を目指す栃木はジェフ・ギブス、遠藤祐亮、渡邉裕規、鵤誠司、ライアン・ロシターの5人が先発出場。
大会2連覇中の千葉は富樫勇樹、マイケル・パーカー、アキ・チェンバース、ギャビン・エドワーズ、石井講祐がスターティングファイブを務めた。
なかなかシュートが決まらず、リズムに乗れない千葉に対し、#9遠藤祐亮の3ポイントシュートなどで主導権を握った栃木のリードで試合は進んでいく。
後半に入り千葉は#3パーカーのシュートなどで追いつくと、そこからは抜きつ抜かれつを繰り返し、最終クォーターでも決着はつかず、決勝戦としては8年ぶりの延長戦へ。
先行したのは栃木だったが、そこからシーソーゲームとなり、栃木1点リードの残り2・6秒、千葉#2富樫祐樹が値千金の逆転3ポイントシュートを沈め、71-69で栃木を振り切り、3連覇を達成した。

参照:第94回天皇杯・第85回皇后杯 全日本バスケットボール選手権大会

【ゲームレビュー】

〇1Q

千葉#21ギャビン・エドワーズの得点で幕を開けた決勝戦だが、その後千葉はシュートが決まらず栃木にリードを許す。
対する栃木は#9遠藤の2本の3ポイントシュートなどで11-4とリードする。
千葉はタイムアウトで立て直しを図るも栃木のゾーンディフェンスに苦しみミスが続く。
しかし、それでも#10アキ・チェンバースの3ポイントシュート、#1ジョシュ・ダンカン、#21エドワーズがつなぎ、13-17と栃木のリードで第1クォーターを終了。

〇2Q

千葉はディフェンスで栃木の得点を約2分間無得点に抑えると、攻めては#1ダンカンにボールを集め、残り8分に17-17の同点に追いつく。
しかし、そこから栃木は#21ライアン・ロシターの3ポイントシュート、#10竹内公輔のオフェンスリバウンドからの得点などで再びリードを奪うと、リズムを取り戻し、連続11得点で再び千葉をリードする。
千葉は終了間際にスティールからの速攻で反撃。
32-26と栃木の6点リードで前半を終えた。

〇3Q

栃木は#4ジェフ・ギブスのシュート、#9遠藤の3ポイントシュートなどで得点。
対する千葉は#21エドワーズのインサイドにボールを集めポストプレーで徐々に差を詰めていき、#3マイケル・パーカーのゴール下で残り6分2秒で38-38の同点に追いつく。
そこからは互いに譲らず一進一退。
栃木が#21ロシターのダンク、リバウンドからの速攻で得点すると、千葉は#34小野龍猛の3ポイントシュート、#21エドワーズのフリースローなどで加点。47-47の同点で最終クォーターへ。

〇4Q

#21エドワーズの3ポイントシュートで第1クォーター以来のリードを奪った千葉は、#11西村文雄が約2分で7得点と千葉のオフェンスをけん引し、リードを広げる。
対する栃木も#10竹内のバスケットカウント、#22ロシターがオフェンスリバウンをねじ込みむなどで対抗し、残り3分11秒、再び同点に追いつく。
両者互いに決勝シュートを決めきれず、延長戦にもつれ込んだ。

〇OT

栃木が#18鵤誠司の3ポイントシュートで先行すると、千葉は#21エドワーズのバスケットカウントで対抗する。
残り28秒、千葉は#21エドワーズがリバウンドを押し込み、68-67と千葉が1点リード。
残り16.1秒、栃木は#21ロシターがフリースローを2本決め、70-69と栃木が逆転。
千葉の最後のオフェンスはボールを運んだ#2富樫がスクリーンを使って3ポイントシュートを放つと、これがゴールに吸い込まれ、残り2.6秒で71-69と千葉が再逆転に成功し、そのままタイムアップ。
71-69と連日の逆転劇を演じた千葉が3年連続3回目の天皇杯を手にした。

【スコア】

栃木ブレックス-千葉ジェッツ
1Q:17-13(17-13
2Q:32-26(15-13
3Q:47-47(15-21
4Q:60-60(13-13
OT:69-71(9-11

【チームスタッツ】

項目:栃木ブレックス - 千葉ジェッツ
FG%(2P+3P):32.9%(26/79) - 43.1%(28/65)
2Pシュート%:35.1%(20/57) - 51.2%(22/43)
3Pシュート%:27.3%(6/22) - 27.3%(6/22)
FT%:50%(11/22) - 75%(9/12)
リバウンド(Off-Def-TO):23-28-51本 - 10-31-41本
アシスト:16本 - 18本
ターンオーバー:10本 - 14本
スティール数:6回 - 5回
ブロックショット数:2回 - 6回
ファール数:16回 - 22回

【個人スタッツリーダース】

項目:栃木ブレックス - 千葉ジェッツ
得点:#22ロシター 23点 - #21エドワーズ 27点
アシスト #13渡邉 8本 - #2富樫 10本
リバウンド(Off-Def-TOT):#22ロシター 7-12-19本 - #3パーカー 5-9-14本

【オールジャパン表彰】

男子優勝:千葉ジェッツ(3年連続3回目)
準優勝:栃木ブレックス
第3位:京都ハンナリーズ、アルバルク東京

MVP:富樫勇樹(千葉ジェッツ #2/初)
●大会ベスト5
富樫勇樹(千葉ジェッツ #2/2年ぶり2回目)
ギャビン・エドワーズ(千葉ジェッツ #21/2年連続2回目)
遠藤祐亮(栃木ブレックス #9/初)
ライアン・ロシター(栃木ブレックス #22/3年ぶり2回目)
馬場雄大(アルバルク東京 #6/初)

女子優勝:JX-ENEOSサンフラワーズ(6年連続23回目)
準優勝:トヨタ自動車 アンテロープス
第3位:デンソー アイリス、富士通 レッドウェーブ

MVP:宮澤夕貴(JX-ENEOSサンフラワーズ #52/2年連続2回目)
●大会ベスト5
渡嘉敷来夢(JX-ENEOSサンフラワーズ #10/9年連続9回目)
宮澤夕貴(JX-ENEOSサンフラワーズ #52/3年連続3回目)
馬瓜エブリン(トヨタ自動車アンテロープス #0/初)
長岡萌映子(トヨタ自動車アンテロープス #2/2年ぶり4回目)
町田瑠唯(富士通レッドウェーブ #10/初)

【オールジャパン参加チーム一覧】

2018-19オールジャパンファイナルラウンドトーナメント表

〇男子出場チーム

レバンガ北海道(B.LEAGUE)
秋田ノーザンハピネッツ(B.LEAGUE)
栃木ブレックス(B.LEAGUE)
サンロッカーズ渋谷(B.LEAGUE)
アルバルク東京(B.LEAGUE)
千葉ジェッツ(B.LEAGUE)
川崎ブレイブサンダース(B.LEAGUE)
横浜ビー・コルセアーズ(B.LEAGUE)
新潟アルビレックスBB(B.LEAGUE)
富山グラウジーズ(B.LEAGUE)
滋賀レイクスターズ(B.LEAGUE)
三遠ネオフェニックス(B.LEAGUE)
シーホース三河(B.LEAGUE)
名古屋ダイヤモンドドルフィンズ(B.LEAGUE)
京都ハンナリーズ(B.LEAGUE)
大阪エヴェッサ(B.LEAGUE)
ライジングゼファー福岡(B.LEAGUE)
琉球ゴールデンキングス(B.LEAGUE)
宮田自動車(北海道)
鶴田クラブ(青森県)
ST-IWATE(岩手県)
東北学院大学(宮城県)
JR東日本秋田ペッカーズ(秋田県)
YAMAGATA KUBERA(山形県)
福島教員A(福島県)
日立金属ブルドッグス(茨城県)
白鷗大学(栃木県)
ALSOK GUNMA CLUB(群馬県)
曙ブレーキ工業(埼玉県)
六実レイダース(千葉県)
黒田電気Bullet Spirits(東京都)
東海大学(神奈川県)
山梨学院大学(山梨県)
長野吉田クラブ(長野県)
新潟経営大学(新潟県)
富山大学(富山県)
金沢大学(石川県)
北陸高等学校(福井県)
Gifu Seiryu Heroes(岐阜県)
常葉大学(静岡県)
リンタツ(愛知県)
O55(三重県)
太神山(滋賀県)
京都産業大学(京都府)
大阪学院大学(大阪府)
信和建設(兵庫県)
天理大学(奈良県)
D-ride(和歌山県)
T.W.B(鳥取県)
HOKURYO-CLUB(島根県)
ファイサンズ岡山(岡山県)
広島大学(広島県)
徳山大学(山口県)
徳島クラブ(徳島県)
四国電力(香川県)
東レ愛媛(愛媛県)
UNITE(高知県)
福岡第一高等学校(福岡県)
佐賀BALLOONERS(佐賀県)
浦上自動車学校(長崎県)
東海大九州(熊本県)
日田協会(大分県)
Magic(宮崎県)
EXPLORERS KAGOSHIMA(鹿児島県)
Beasty(沖縄県)

〇女子出場チーム

JX-ENEOSサンフラワーズ(WJBL)
デンソー アイリス(WJBL)
トヨタ自動車 アンテロープス(WJBL)
シャンソン化粧品シャンソンVマジック(WJBL)
富士通 レッドウェーブ(WJBL)
三菱電機 コアラーズ(WJBL)
トヨタ紡織 サンシャインラビッツ(WJBL)
日立ハイテク クーガーズ(WJBL)
Thirty Girls(北海道)
A-BITS(青森県)
岩手大学(岩手県)
聖和学園高等学校(宮城県)
秋田銀行(秋田県)
山形銀行(山形県)
福島大学(福島県)
筑波大学(茨城県)
白鷗大学(栃木県)
関東学園大学(群馬県)
大東文化大学(埼玉県)
QUEEN BEE(千葉県)
ミツウロコ(東京都)
松蔭大学(神奈川県)
山梨学院大学(山梨県)
長野大学(長野県)
新潟医療福祉大学(新潟県)
Blue Sky(富山県)
北陸大学(石川県)
niko(福井県)
岐阜女子高等学校(岐阜県)
浜松開誠館高等学校(静岡県)
愛知学泉大学(愛知県)
県立四日市商業高等学校(三重県)
滋賀銀行(滋賀県)
京都精華学園高等学校(京都府)
大阪人間科学大学(大阪府)
OTCくきや(兵庫県)
奈良学園大学(奈良県)
紀陽銀行ハートビーツ(和歌山県)
米子クラブ(鳥取県)
クリスタルBBC(島根県)
ELEVEN(岡山県)
広島大学(広島県)
日立笠戸(山口県)
JOIN(徳島県)
明善クラブ(香川県)
今治オレンジブロッサム(愛媛県)
高知中央高等学校(高知県)
日本経済大学(福岡県)
ひらまつ病院(佐賀県)
長崎女子高等学校(長崎県)
鶴屋百貨店(熊本県)
藤蔭高等学校(大分県)
日ノ出ホルモン(宮崎県)
鹿屋体育大学(鹿児島県)
OMガス石油SS(沖縄県)

【いつか同じコートにたてることを夢見て】

外国人枠2人+帰化選手1人+アキ・チェンバースとビッグサイズの千葉に対して、田臥勇太や3P王の喜多川修平を欠くメンツ。
栃木がオールコートゾーンやハーフコートゾーンなど要所でディフェンスをチェンジしてリズムを崩していました。
富樫祐樹にはディフェンスもかなりきつくあたり、4Q終わって0得点に抑えていました。
しかし、延長に入って富樫祐樹の3Pは流石の一言!
最後の最後に決勝点を決めて、インパクトだけでMVPまで持っていくなんて、持ちまくってる。
得点やEFFだけで見れば、ギャビン・エドワーズがMVPだと思うけど(笑)
でも1ブロックもしてるし、MVPで間違いない!
いつか、品川で一緒にコートに立てるのを夢見て・・・

栃木も負けてしまったけど、このメンツに比江島慎が合流するので、リーグ後半戦も面白い!