フロム・ダウンタウン/from downtownって3Pのこと?バスケの用語解説

フロム・ダウンタウン/from downtown

2019/03/31up
マニアック度★☆☆☆☆

フロム・ダウンタウン(from downtown)とは、3Pシュートのことです。

フロム・ダウンタウン(from downtown)を直訳すると、「町の中心部から」という意味です。
「downを下」、「townを町」と訳すと、「下町」という表現になりますが日本人のやりがちな誤訳です。
かく言う私も、今までは、NBAのアリーナがある繁華街から離れた下町(ダウンタウン)からのシュートだから3Pという認識でしたが、誤りでした。

諸説あるそうですが、1971年から1984年までシアトル・スーパーソニックス(現オクラホマシティ・サンダー)で活躍したフレッド・ブラウン選手に由来するそうです。

リンカーン高校を2度の州チャンピオンに導いたフレッドを、ミルウォーキーの中心街(ダウンタウン)にあるリンカーン高校に通うので、「ダウンタウン(中心街の)・フレッディー・ブラウン」とあだ名をつけて呼んでいたそうです。

キャリア総得点は球団史上2位の14,018得点。
ラッセル・ウエストブルックと並ぶ58点の1試合球団最高得点記録もマークしています。
そんな得点マシーンのフレッドがシュートを決めると『ダウンタウンが決めた!』と連呼されていたそうです。
そして、そのフレッドの得意技が長距離シュートであり、1979年から採用された3Pラインに適応している選手がそんなに多くない中、3Pの名手として活躍したそうです。
『ダウンタウンが決めた!』のフレーズだけが受け継がれ、『ダウンタウンから決めた!』と変化したものが定着したそうです。

参照:3点シュートは何故“フロム・ダウンタウン”なのか?