ハドル/huddle

【ハドル/huddle】

バスケットボールで使われるハドルとは、試合前や試合中に選手が集まって円陣を組み、プレイの確認をしたり、リラクゼーションやサイキングアップして緊張をコントロールしたりすることです。

ハドル(huddle)を直訳すると、『密集する、詰め込む』という意味です。
アメリカンフットボールでは、試合中に選手がフィールド内に集まって行う短い作戦会議のことを指します。

【ハドルの動画集】

サイキングアップ系のハドル

戦術確認系のハドル(スパイ編)

Wリーグだと、プレイの合間に頻繁に短いハドルを組みます。

COSMOS女子チームもコート内のコミュニケーション不足を補うために、フリースローの時はハドルを組むことを習慣づけています。