ワン・ショット・プレイ/one shoot pleyって何?バスケ用語

ワン・ショット・プレイ/one shoot pley

2019/09/12up
マニアック度★☆☆☆☆
ワン・ショット・プレイとは、各クォーターの残り24秒を切ってポゼッションを得た場合に選択するオフェンスのことです。
時間を使いきってシュートして、相手にポゼッションを与えずに終わらせます。

時間のコントロール

理想としては、10秒までボールをキープします。
8秒程度でアイソレーションかピックプレイで仕掛けます。
残り3秒程度を目安にレイアップかジャンプシュートします。
外れてオフェンスリバウンドを取れればワンチャンスあり、外れてディフェンスリバウンドを取られてもリスクはありません。

ワンショットプレイのやり方

・攻め方
時間の関係で、シンプルな方が良いです。
セットオフェンスのように複数回パスが必要なプレイは時間をマネジメントしにくいです。
具体的に言うと、アイソレーションが最も簡単になります。
または、ピックプレイからのドライブや合わせでも時間をコントロールしながら攻めやすいです。

・アライメント
ボールマンにヘルプディフェンスがこないような極端なスペーシングがおすすめです。
1-4ベースライン(1-4ローセット、4ダウン)だと、ボール周辺にヘルプがくることはありません。
このままステイし続けると、ボールマンが1on1からのロングシュートフェニッシュとなります。
4ダウンから4コーナーに展開すると、そのままハンドラーがレイアップまで行くことも可能です。