マッチアップゾーンとスライディングゾーン

ゾーンディフェンスのボールに対する守り方による分類です。

【ストレートゾーン】

2-3や3-2などのアライメント(配置)だけを決めるゾーンディフェンスです。
細かい動きなどはプレイしながら調整していきます。
初めて会ったプレイヤー同士でマンツーをやると、決まり事がないので、3線がいない状態が発生する可能性があります。
そんな時は即席ながらもゾーンを組むだけで、ヘルプのディフェンスを配置することができます。
相手チームがゾーンオフェンスのオプションを持っていると簡単に崩されるというデメリットはあります。

【マッチアップゾーン】

ゾーンディフェンスは本来、人ではなく地域を守る戦術となります。
しかし、マッチアップゾーンはゾーンでありながらもマンツーのように、ノーマークを作らないよう心がけるディフェンスとなります。
エンプティ(マッチアップするプレイヤーがいない状態)のディフェンスが発生したら、誰かがマークしている近くのオフェンスをマークし、玉突き式でずれるタイプ(ほとんどこっち)と、思い切ってノーマークのプレイヤーの位置まで移動してしまうタイプ(neoうめや等)があります。
最近は、どこ行ってもマッチアップゾーンがベースのような感じがします。

【スライディングゾーン】

ベテランプレイヤーがよく「本当のゾーンはとても疲れる」と言うのを何度か聞いたことがあります。
ゾーンディフェンスのDVDなんかでもこのよく動くスライディングゾーンを見かけたりします。
スライディングゾーンとは、自分のエリアにいるオフェンス全員をマークするディフェンスです。
絶えず三角形に動き、ポストにボールがきたら二人、時には三人がボールを奪いにプレッシャーをかけにいきます。
個人的にはこっちの方が好みです。
最近女子が対戦したブラックガールズがこのスライディングゾーンで、ポストにボールが入るとディフェンスの激しいプレッシャーがくるので、結構苦しみました。

【それ以外のゾーンの分類方法】

〇アライメントによる分類方法

ハイゾーン:3-2、1-2-2
ローゾーン:2-3、2-1-2
スペシャルゾーン:1-3-1

〇ボールからリングまでの間のディフェンスの数による分類方法

二層式・・・1-2-2、3-2、2-1-2、2-3
三層式・・・1-3-1、1-1-3

〇プレッシャー度合いによる分類方法

攻撃型:ゾーンなので三線がいるという前提で、一線が3Pラインを越えてプレッシャーをかけにいくディフェンス。
防御型:ゾーンが広がり過ぎると崩れにくくなるので、一線は3Pラインを越えないように固く守るディフェンス。

一口にゾーンといっても奥が深いですね。