3対2と3対3

【LINEの続き】
長くなるので割愛させてもらいましたが、
3対3では、ミドルレンジで空いたら、
ジャンプシュートをファーストオプションにするのが鉄則なのに対し、
3対2では、ミドルレンジで空いても、
ミドルシュートを狙わずに、
レイアップを狙った方がベターな理由
を解説します。

理由1:シュート成功率
3対2というアウトナンバーは、
確実に点を取るか、フリースローまで持ち込みたい。
なので単純にミドルシュートよりも、
レイアップの方が確率が高い
というのが一点。
しかし、ミドルシュートの成功率や、
相手ディフェンスの兼ね合いで、
「レイアップよりもミドルシュートの方が確率が高い」
という意見もあり、
確かに、そういったケースも存在しますので、
これだけを理由にレイアップに行くという考えではありません。

理由2:オフェンスリバウンド奪取率
次に見るポイントは、
リバウンドです。
ミドルシュートを狙うというのは、
比較的、
オフェンスもディフェンスも広がっている、
というケースが多いです。
必然的にミドルシュートの場合は、
ディフェンス側のリバウンド確保エリアが広がり、
オフェンスリバウンドの成功率が下がることになります。
レイアップの場合は、
ゴール下に5人の敵味方が混戦している状態なので、
ディフェンス側のリバウンド確保エリアが狭くなるうえに、
数的有利が効果的になり、
オフェンスリバウンドを奪える可能性があります。

理由3:逆速攻のスピードダウン
次に逆速攻です。
ミドルシュートで、広がっている状態だと、
ディフェンスがリバウンドを取った後に、
一発でタッチダウンパスを狙われる
ことになります。
しかし、レイアップで混戦状態だと、
ディフェンスリバウンドを取った後に、
奪われないようにキープすることを優先し、
逆速攻を抑えることができたり、
プレッシャーをかけることでターンオーバーを誘発することも可能です。
3対2のアウトナンバーで速攻に失敗すると、
2対3の逆アウトナンバーの速攻を喰らいます。

強豪チームでは、
3対2のアウトナンバーを高確率で決めてきます。
なので、逆アウトナンバーを作る機会は極力減らすべきです。

3対3の場合、
逆速攻を喰らっても、
2対2のタイトナンバーで迎えることができるので、
同じ速攻だったとしても、
3対3の場合は、
シュート力に自信があるのであれば、
積極的にミドルシュートを狙っても、
問題ありません。

バスケットボールは、
1点の重みが試合を決定づけるような野球やサッカーとは異なり、
得点(習慣)の積み重ねが結果を作る、
「ハビットスポーツ」と呼ばれています。

ひとつひとつのプレイを「ポイント」で見るのではなく、
次のプレイの「つながりや影響」まで考え、
常に確率が高い方、
良い影響が出る方を、
選び続けることが勝利につながります。

よって、
「俺の場合は、レイアップよりもミドルシュートの方が確率が高い」
というひとつのポイントで見るのではなく、
「ミドルシュートの後の、
リバウンドの後の、
タッチダウンパスの後の、
3対2のアウトナンバーの逆速攻まで」
意識できると理想です。

しかしまぁ、
そんなことを考えて続けても、
プレイに集中が出来ないので、
「ベストはレイアップまで持ち込む」という知識だけ蓄え、
「でも、俺はミドルシュートを決める」でいいと思います。

結果的に、レイアップで外しても仕方ないけど、
ミドルシュートで外したら、選択肢が失敗だった。
程度の考えで構いません。

【練習記】
さて、
港区がそろそろ始まるので、
二分間という劇短なハーフアップを想定した、
メニューでアップをしました。
・スクウェアパス&レイアップ1分
・タップ1分
これをちゃんとやったら、わずか2分でも
十分に体があったまります。

続いて宣言通り、
3対2と3対3をやりました。

3対2では、
ペイントエリア外からのシュートを禁止し、
詰将棋のように、相手を崩して、
なるべくレイアップやゴール下でシュートすること。

3対3では、
個人技に頼らず、
オフボール同士のスクリーンで、相手をずらして、
空いたら積極的にミドルシュートを撃つこと。

この二点を、練習での約束事にしました。
しかし、試合では、そんなことは言ってられません。
3対2でも、体の大きさやシュート力を考え、
空いたらミドルシュートを狙う。
3対3でも、ミスマッチを考え、
どんどん1on1を仕掛ける。

シュートが成功した時は結果論で考え、
シュートを外した時は内容を見直す。
練習では頭を使い習慣化し、
試合では練習で培った本能で動く
というのが、うちの方針です。

【参加者】
男14人、女5人
今日は男子が多くて、女子が少な目でした。
男子は新規を紹介以外とめました。
女子は引き続き、安定して10人になるよう集めていきます。
最近、これてない皆さん、よろしく。

【練習メニュー】
・スクウェアパス&シュート右3左5
・タップ
・3対2(ペイントエリアからのシュート縛り)
・3対3(オフボール同士のスクリーン縛り)
・男女別ゲーム、男子負けチーム点差×往復
・男子サイドメニュー
体幹:フロント→右足上げ→左足上げ→サイド肘左右→サイド手左右→右手左足→左手右足
腕立て→スクワット→腹筋→ジャンプ
・17タッチ→プランク→インターバル→17タッチ
【次回(4/28)のメニュー予定】
・ランニングシュート
・シェルディフェンス(しばらくやろっかな?)
・男女別ゲーム
・17タッチ→プランク→17タッチ