vs 深夜特急(2015春季江東区OPトーナメント二回戦)

文京区などで活躍する深夜特急。
一部優勝しているチームにも接戦に持ち込んでいたり、
知り合いに聞くと、
「みんな走るよ、強いよ」とのこと。

【戦評】
人数のアドバンテージを活かして、
激しいディフェンスをすることで、
相手のターンオーバーを作り速攻で得点をする。

しかし、セットになるとミドルシュートが入らず、
得点が伸び悩み、3ピリまで一進一退。

得点ではほぼ一緒だが、
疲労度とファウル数できっちりとアドバンテージを取り、
4ピリにつなげた。


4ピリで遂に相手を捉え、
10点差以上広げる。

残り2分切ったところで10点差をつけ、勝利を確信した。
しかし、ここから戦略的に喰らいつかれる。
きっちりとファウルゲームで時間を止められ、フリースローが8本中4本。
その間、4回のオフェンスで相手が11を取り、7点詰められ、3点差。
最後は相手の3Pのタフショットがエアーボールとなり、辛勝。

vs 深夜特急(江東区OPトーナメント二回戦)

【スコア】
COSMOS-深夜特急
8-9(8-9)
27-23(19-14)
43-41(16-18)
67-64(24-23)

2015年(9勝3負:勝率75.0%)