アタック・ドリブル/attack dribbleとクラブ・ドリブル/crab dribble、二つのドライブの違い

アタック・ドリブル/attack dribble

2019/07/03up
マニアック度★☆☆☆☆

アタック・ドリブル(attack dribble)とは、リング方向へドライブするドリブルのことです。
アタック(attack)は「攻撃」です。
ドリブルアタック、(狭義の)ドライブ、ペネトレイトなどが同義となります。

クラブ・ドリブル/crab dribble

2019/07/03up
マニアック度★★☆☆☆

クラブ・ドリブル(crab dribble)とは、リングを正面に横方向へドライブするドリブルのことです。
クラブ(crab)は「蟹」です。
蟹のように横歩きすることからクラブドリブルと呼びます。
参考文献:Hard work beats Talent! ~ハードワークは全ての才能を打ち負かす~ 神奈川大学バスケットボール部のオフェンス強化メニュー

アタック・ドリブルとクラブ・ドリブルの比較


アタック・ドリブルとクラブ・ドリブルの違いはドライブする方向がリング方向か、横方向かの違いとなります。
参考とした動画では、ドライブはクラブドリブル(横)ではなく、リングにアタックしろと、クラブドリブルを否定的に表現していました。

個人的な意見としては、二線のディフェンスがドライブに対して、安易に寄ってくれるのであれば、意図的にクラブドリブルをしてキックアウトをするのは有効だと思います。

アタックドリブルのメリットは、レイアップやファウルが狙える、ゴールへの合わせ(ダイブ)へのパス(ディッシュ)が狙える、深くディフェンスを引き付けらてからのワイドオープンへのキックアウトが狙えることです。
アタックドリブルのデメリットは、接触が強くなり、位置が深くなるのでターンオーバーのリスクが増大します。

クラブドリブルのメリットは、ディフェンスを抜く必要がないので、簡単にキックアウトができる、通常のパス&ランの動きがパスする前からランができます。
クラブドリブルのデメリットは、引き付けが浅いのでキックアウトしてもオープンになりにくい。二線が反応しなければ、単なるアウトサイド同士のパスになってしまいます。

攻撃的なアタックドリブルをベースに、クラブドリブルを使い分けるのが理想的だと思います。

レブロン・ジェームスが発言したクラブ・ドリブル

レブロン・ジェームスがゼロステップのことをクラブ・ドリブルと発言(言い訳)した過去があり、間違えた意味で認識している人もいます。
詳しくは、「レブロンジェームスとトラベリング 〜 クラブドリブルの謎」で