トピックス」カテゴリーアーカイブ

富樫勇樹の逆転3Pで千葉ジェッツが天皇杯3連覇!

【富樫勇樹の逆転3Pで千葉ジェッツが天皇杯3連覇!三行まとめ】
☑富樫の3Pで千葉が逆転優勝。
☑MVPも富樫。
☑女子優勝はやっぱりJX。

クラブチームにも出場機会がある夢のオールジャパン(天皇杯・皇后杯)。
いや~行きたかった
招待チケットをもらっていたので行く気マンマンでしたが、COSMOSの2019年1試合目と被っていたので泣く泣く会社の後輩にペアチケットをあげてしまった。
こんな接戦になるならば、試合をすっぽかして行くべきだった!!!

【富樫勇樹の逆転3Pで千葉ジェッツが天皇杯3連覇!】

2019/1/13にさいたまスーパーアリーナで「第94回天皇杯・第85回皇后杯 全日本バスケットボール選手権大会」ファイナルラウンドの男子決勝が行われた。
初優勝からの3連覇を狙う王者千葉ジェッツと天皇杯での初優勝を目指す栃木ブレックスの対戦となった。
大会初優勝を目指す栃木はジェフ・ギブス、遠藤祐亮、渡邉裕規、鵤誠司、ライアン・ロシターの5人が先発出場。
大会2連覇中の千葉は富樫勇樹、マイケル・パーカー、アキ・チェンバース、ギャビン・エドワーズ、石井講祐がスターティングファイブを務めた。
なかなかシュートが決まらず、リズムに乗れない千葉に対し、#9遠藤祐亮の3ポイントシュートなどで主導権を握った栃木のリードで試合は進んでいく。
後半に入り千葉は#3パーカーのシュートなどで追いつくと、そこからは抜きつ抜かれつを繰り返し、最終クォーターでも決着はつかず、決勝戦としては8年ぶりの延長戦へ。
先行したのは栃木だったが、そこからシーソーゲームとなり、栃木1点リードの残り2・6秒、千葉#2富樫祐樹が値千金の逆転3ポイントシュートを沈め、71-69で栃木を振り切り、3連覇を達成した。

参照:第94回天皇杯・第85回皇后杯 全日本バスケットボール選手権大会

【ゲームレビュー】

〇1Q

千葉#21ギャビン・エドワーズの得点で幕を開けた決勝戦だが、その後千葉はシュートが決まらず栃木にリードを許す。
対する栃木は#9遠藤の2本の3ポイントシュートなどで11-4とリードする。
千葉はタイムアウトで立て直しを図るも栃木のゾーンディフェンスに苦しみミスが続く。
しかし、それでも#10アキ・チェンバースの3ポイントシュート、#1ジョシュ・ダンカン、#21エドワーズがつなぎ、13-17と栃木のリードで第1クォーターを終了。

〇2Q

千葉はディフェンスで栃木の得点を約2分間無得点に抑えると、攻めては#1ダンカンにボールを集め、残り8分に17-17の同点に追いつく。
しかし、そこから栃木は#21ライアン・ロシターの3ポイントシュート、#10竹内公輔のオフェンスリバウンドからの得点などで再びリードを奪うと、リズムを取り戻し、連続11得点で再び千葉をリードする。
千葉は終了間際にスティールからの速攻で反撃。
32-26と栃木の6点リードで前半を終えた。

〇3Q

栃木は#4ジェフ・ギブスのシュート、#9遠藤の3ポイントシュートなどで得点。
対する千葉は#21エドワーズのインサイドにボールを集めポストプレーで徐々に差を詰めていき、#3マイケル・パーカーのゴール下で残り6分2秒で38-38の同点に追いつく。
そこからは互いに譲らず一進一退。
栃木が#21ロシターのダンク、リバウンドからの速攻で得点すると、千葉は#34小野龍猛の3ポイントシュート、#21エドワーズのフリースローなどで加点。47-47の同点で最終クォーターへ。

〇4Q

FIBAチェアマンが「私見だが、日本の開催国枠は問題ない」

男子バスケ日本代表に喜ばしいニュースです。
2018年12/17(月) 6:12配信 スポーツ報知をご覧ください。

国際バスケットボール連盟(FIBA)は16日、都内で会見し、5人制と3人制の日本代表に与えられる開催国枠について、2019年3月29、30日にコートジボワールで開催される中央理事会で決定すると発表した。世界ランク10位の女子と3人制の男女代表は開催国枠で出場確実とされる。厳しい情勢だった同47位の男子代表について、FIBAのインゴ・バイス共同チェアマンは「私見だが、日本の開催国枠は問題ないと思う。開催国が出場しない五輪にどんな魅力があるのか」と発言。1976年モントリオール大会を最後に途切れていた男子の44年ぶり五輪出場に前向きな見解を示した。

開催国枠確約には世界で戦える実力を示すことが条件とされ、5人制の男子は1か月に1度、代表合宿を行うなど強化を図ってきた。19年W杯のアジア予選では、米ゴンザガ大の八村塁(20)や、日本人2人目のNBAプレーヤーとなった渡辺雄太(24)=メンフィス・グリズリーズ=の参戦も追い風となり、敗退危機だった0勝4敗から6連勝し出場圏内に浮上。バイス氏は「6連勝は素晴らしく、強化が進んでいることは証明されている」と高く評価。19年2月に決まるW杯出場を逃しても「3月の決定に影響はない」と語った。

過去には、国内男子の2リーグ併存が続き、男女代表はFIBAから国際試合出場停止の制裁を受けた。だが、16年にプロのBリーグを始動するなどした日本協会の組織健全化への取り組みに対しても称賛し、「FIBAは日本のバスケ(の取り組み)に満足している」と話した。

◆東京五輪団体競技の開催国枠

野球、ソフトボール、バレーボール男女、ハンドボール男女、7人制ラグビー男女は開催国枠が与えられており、東京五輪の出場が決定している。体操男子団体は18年世界選手権で3位となり、自力で出場権を獲得した。

現在、バスケ日本代表男子はFIBAワールドカップアジア予選の最中です。
泥沼の4連敗から、ファジーカスの帰化と八村・渡邊の加入。
一気に6連勝、しかもオーストラリアに大金星と、乗りに乗ってる状態です。
残り2戦もきちんと勝ってもらって、8勝4負で2位か3位で、2006年以来のワールドカップには確実に出場して欲しいと思います。

しかし、ワールドカップは枠が32カ国に対して、オリンピックは枠が12カ国しかありません。
ワールドカップに出て、予選突破のベスト16がオリンピックの開催国枠のボーダーラインと言われてました。
4連敗の時は、オリンピック出場が妄想レベルですが、現在は明確に目指せるラインでした。
さらに今回のニュース。
もうワールドカップもオリンピックもメダルを目指してもらいたいと思います。

とりあえずファジ様、ありがとう!…

バスケットボールではヘルメットを身につけてはいけない

2.第 4 条 ユニフォーム – 身につけるもの
【変更理由】 ゲームのイメージを損なわない範囲で身につけられるものの制限を最小化するため。
【新ルール】 チームで身につける全てのもの*は同一の単色かつ無地**でなければならない。
* =腕や脚のコンプレッションスリーブ、ヘッドギア、手首や腕のバンド
**=同一の単色かつ無地でチームの身につける全てのもの
【解釈】 身につけてはいけないもので「ヘルメット」を追加 →詳細は競技運営より

いや、これまじで、誰も突っ込まないのかな??
ネットで検索しても、これに突っ込んでるサイトは見当たらない。
とりあえずJBA(FIBAか?)はユーモアのセンスが高いという結論で。

ん、とゆうことは、2019年の4月まではヘルメットかぶれるのか?

そういえば、B級公認審判からの情報ですが、下記も不可となるようです。
実施時期や真偽はわかりません。
・シャツとパンツで色合いの異なるユニフォームは不可
・左右色の違うシューズは不可
・シューズからソックスが見えないのは不可…