トピックス」カテゴリーアーカイブ

Gamblers vs 松本一家(2021春季品川区OP一回戦)

全部のクラスが混ざったオープントーナメントのはずなのに、初戦から決勝まで優勝経験のある強豪チームとの連戦となる死のブロックとなりました。

【スコア】

自チーム-相手チーム
1Q:11-10(11-10)
2Q:30-15(19-5)
3Q:46-24(16-9)
4Q:62-30(16-6)

今回もサンレーブスとビックブルーメンツが参加している豪華布陣でした。
全員得点で無事に「松本一家」こと「わたなべ」に快勝です。
モーション、ホーンズ、シャツと試合でしか会わないメンバーと多くのセットプレイがあります。
Bリーグ経験者が多数のチームでバスケIQがみんな高いので、ただただ尊敬です。
次回は前々回に決勝で敗れたグライドボンバーズです。

【前試合の審判】

HMCこと東村山クラブとBLITZの試合の審判を担当しました。
試合は22-5とHMCの圧倒で始まり、ワンサイドゲームになると思いきや4Q終盤で追いつき同点で延長へ。
3分の延長もシーソーゲームでもつれて、最後はHMCが決めきれずに59-58の一点差でBLITZが勝利しました。
そんな中、何回か役員席にいたB級審判に確認したので、忘れないように記録します。

〇ハンドチェッキングのチープファウル

JBAプレーコーリングガイドには下記の記載があります。
・ハンドチェックについては、触れ合いの度合いで判断せず整理するべきプレーである → 軽い判定(チープなファウル)とは区別する
・悪い手・腕・肘は、ディフェンスとオフェンスのリアクションではなくアクションに対して判定する必要がある。

上記の観点から、ボールマンに対するダブルアーム(両手で触る)とロングアーム(肘を伸ばした状態で触る)を、それぞれ一回ずつオートマチックでファウルをコールしました。
ファウルをしたディフェンス側もそうですが、ファウルされたオフェンス側も「今のでファウルなの?」というようなリアクションでした。
ゲームキャプテンからも指摘を受けたので、念のためにインターバルに役員室に行って聞きました。

ハンドチェッキングのオートマチックコールは、結論としては、「一試合通して、同じ基準ならば問題ない」ということです。
つまり、一試合統一していればとりあげてもいいし、とりあげなくてもいいという、やや曖昧な結論でした。
今後もここはオートマチック(ディフェンスのリアクションを見ずに判断)に取り上げたいと思います。

〇ツーミニッツピリオドのタイムアウト

4Qの残り2分きった状態でフロントコートでディフェンスファウルがありました。
その時に、オフェンス側がタイムアウトをコールしました。
この時にスローインの位置を選べるのかどうかが疑問となりました。

その時の説明では、スローインをバックかフロントかを選べるのはゴールが成功した時のタイムアウトだけとの説明を受けました。
念のため、ルールブックを確認したら、失点時だけでなく、ツーミニッツピリオド時にバックコートで請求したタイムアウトに限りフロントかバックを選択できるとの記載を確認しました。

29-2-4…

パークスTシャツ2021シティエディション

【概要】

高輪パークスの初代オリジナルTシャツです。
パークスTシャツ2021シティエディション
デザイナー:KORO
カラー:9色(バーガンディ、ロイヤルブルー、ライトブルー、アーミーグリーン、ガーネットレッド、デイジー、ミントブルー、グレー、ライトパープル)

【カラーバリエーション】

同じデザインの中でも個性が出せるように、シャツの色を9タイプから選べるようにしました。
全員が同じカラーで一致団結するより、おソロの柄で仲良しという方が合ってるチームです。

【ドロップ・ア・ダイム】

パークスのチーム方針である「得点よりアシスト」を「ドロップ・ア・ダイム(drop a dime)」と表現しました。

ダイム(dime)とは、バスケスラングで「アシスト」という意味合いです。
単語ごとに直訳すると、ドロップ(drop)は落とす、ダイム(dime)は10セント硬貨(1ドルの10分の1)となります。
ドロップ・ア・ダイム(drop a dime)は、公衆電話にコインを入れる動作から「密告する」という意味になります。
これがどうしてバスケスラングでアシストを意味することになったかというと、実は定かではありません。
一説によると、公衆電話をかける際に「dimeがなければ電話がつながらない」ことが、「ボールをパスしてくれなければスコアにつながらない」という風に見立て、「ダイム=アシスト」と言われるようになったそうです。

【シティ・エディション】

NBAのユニフォームにシティエディションというのがあります。
シティエディションとは、それぞれの都市が持つ歴史や文化といった個性をテーマにデザインされたユニフォームのことで、チーム名や地域名の代わりに、街の愛称などを入れたりもしています。

パークスは高輪がホームコートなので「東京ゲートシティ」で検討していました。
なんとなくダサいので、規模を港区全域に広げて「東京ベイシティ」に変更しました。
これで、パークスはお台場から六本木までレベゼンしたチームとなります(笑)

NBAで、都市名やチーム名以外を記載したシティ・エディション例です。
※シティ・エディション以外も混ざってるかも。

〇ピストンズ「モーター・シティー」


デトロイトの象徴である自動車産業からモーターシティーとなっています。

〇ロケッツ「H-タウン」


テキサス州ヒューストンの愛称をH-タウンと呼びます。
Hから始まる都市は複数あれど、NBAに限らずH-タウンといえば、ヒューストンを指します。

〇バックス「クリーム・シティ」


クリーム色の建物からとって、クリームシティです。
おそらく、バックスの本拠地であるファイサーブ・フォーラムのことでしょうか。

〇ホーネッツ「バズ・シティ」


アメリカ独立戦争の時にイギリス軍指揮官に「スズメバチの巣」と言われたことでバズシティと呼ばれることになりました。
チーム名のホーネッツもスズメバチです。

〇ネッツ「ベッド・スタイ」

Gamblers vs Zen Balls(2021冬季品川区一部優勝)

前々回の決勝で負けたZen Ballsにリベンジしての品川区制覇となりました!
Gamblersに加入して、三回目の決勝で初めて優勝することができました。

今回は、佐野コーチの人脈で、ギャンブラーズに東京サンレーヴス東京海上日動ビッグブルーの混成チームでした。

プロ・セミプロ経験者の皆さんと一緒にバスケができて、色々と勉強させていただきました。
モーションオフェンス、ホーンズ、シャツ、J、BLOBボックスと多彩なセットオフェンスを高確率で成功し、大差をつけての優勝となりました。
というか、このメンバーで区民大会は出てはいけないと思います。

【2021冬季品川区一部トーナメント】
初戦 68-58 ブルーインズJr.
準々決勝 64-58 匠
準決勝 80-58 広尾人
決勝 94-66 Zen Balls

COSMOSではベスト4の二回が最高戦績でした。
Gamblersでは三度目の正直で、優勝達成です。
これで、中央区、荒川区、墨田区、台東区、江東区に続き品川区で6区目の制覇となります。…