トピックス」カテゴリーアーカイブ

結果よりも過程を求める

JBAから興味深いメールがきたので、共有しました。

『JBA公式指導者養成メールニュースvol.17 2019年10月9日(水)
スタンフォード大学教授で「MINDSET」の著者であるキャロル・S・ドゥエック氏によると、結果よりもその過程を大切にし、そこをほめるようなアプローチをしていくことで、子供はしなやかなマインドセットを形成することができるそうです。
しなやかマインドセットとは、持って生まれた才能、適性、興味、気質は1人ひとり異なるが、努力と経験を重ねることで、だれでもみな大きく伸びていけるという考え方のことを言います。
大切なのは結果より過程ということが科学的にも立証されているようです。

しかし、実際のコーチングを考えるとどうでしょうか?プレーヤーにはどちらを求めていますか?結果ですか、過程ですか?
そして、コーチとして自分自身に求めることは、結果でしょうか、過程でしょうか?コーチ自身、過程を大切にして行動していますか?

結果は一瞬ですが、過程は永く続きます。唯一正解な過程はない中で、様々な工夫を試し、チャレンジと失敗を繰り返すことができます。
まさに、過程は楽しむことができ、物事を長く続けることにもつながっていきます。

プレーヤーに過程を大切にして欲しいならば、コーチ自らが過程を楽しむ姿を見せたいものです。』

この中で一番気になったのはここです。
『そして、コーチとして自分自身に求めることは、結果でしょうか、過程でしょうか?
コーチ自身、過程を大切にして行動していますか?』

大人になると過程よりも結果に目が行ってしまいますよね。
それでは育成がうまくいかないので、結果より過程を重視したマネジメントを心掛けるようになりました。
しかし、自分自身に対してはやはり結果への意識が強すぎかもしれません。
自分に対しても、過程を大事にしようと、ふと思いました。
ほかにも出来ることよりも出来ないことに目が行ってしまったりと。

とりあえずキャロル・S・ドゥエックさんのマインドセットを読んでみます。

勉族 vs UP START(2019秋季東京都一回戦)

【レビュー】

東京都秋季選手権大会が始まりました。
相手はUP START(アップスタート)。
アップスタートは6人の少数精鋭でした。

1Qは、いつも通りのスローペースのバスケを展開し、2点差で終える。
2Qは、リバウンドからそのままボールプッシュして、リードを12点に広げる。
3Qは、ディフェンスを頑張り4失点に抑え、29点差に広げる。
またアップスタートが#14が5ファウルで退場し5人に。
4Q残り5分で#13が5ファウルで退場し4人に。
5対4ってやっぱり少し攻めにくいですね。
目の前が空いちゃうから安易に外からうってしまうのでしょうか。
そして、残り2分で一名足がつって3人に。
5対3は初めての経験でした。
点差もついていたので最後はお互いに流して、89-44の快勝で東京都初戦を制しました。

【スコア】

自チーム-相手チーム
1Q:17-15(17-15)
2Q:41-29(24-14)
3Q:62-33(21-4)
4Q:89-44(27-11)

【大会展望】


次の対戦相手は、第二シードのSimon Tokyo。
当たって砕けましょう!

リーグ全体を見渡すと、目立ったところで言えば、RBC東京がリーグと被ったみたいで不戦敗となっていますね。

当日、体育館で見かけた試合では、前TOの時間帯にMarksmen(マークスメン)と特別区の激しいトランジションゲームを行っていました。
前半は拮抗する形で特別区がリード。
3Qになってマークスメンが一気にランして勝負がほぼ決まったと思いました。
4Qで特別区がゾーンに変えて、形成が変わり、あわや逆転とギリギリまで詰めましたが、3Qのビハインドを巻き返すことができずに時間ぎれでした。
ギャンブラーズで一緒の特別区のタカシはキレッキレでした。

【感想】

個人的にはあまり練習にも行けていないのに、プレイタイムを多めに与えてもらい感謝しております。
普段あまり点を取るタイプではありませんが、3P3本のチームトップの21点も取れました。

アップスタートさんは、家の近所にスクールを構えており、もしかしたら息子をお邪魔させるかもしれません。
その時は、何卒よろしくお願いします。…