カテゴリー別アーカイブ: ファンダメンタル

【オフェンス】
ゼロステップ×ユーロステップ 2018/08/06
ハンドサイン 2018/07/23
ランニングシュートバリエーション 2018/05/07
PTPに基づいたランニングシュート 2018/04/17
アンダーハンドレイアップとオーバーハンドレイアップ 2018/04/11
アウトサイドアウトとキックアウト 2018/03/20
オフボールスクリーンの種類とコツ 2017/11/15
オフェンスリバウンドの役割 2017/11/08
スタックからのカッティング 2017/08/03
ノックアウトシューティング 2017/03/08
ポストへのボール入れ 2017/02/23
エンドライン沿いのペネトレイト 2017/01/31
オフェンスリバウンドとディフェンスリバウンド 2017/01/25
4つの抜く技術 2016/12/21
シザース 2016/12/14
オフボールオフェンスの動き方 2016/11/30
ドライブの合わせ(4D) 2016/11/16
ボール運びとキャッチミス 2016/11/09
オフボールの2on2スクリーンプレイ 2016/08/24
ボースハンドシュート 2016/08/10
バスケットボールのフェイクの種類を思いつく限りあげてみた 2016/07/20
フォーメーションの覚え方と考え方 2016/01/06
対小さなゾーンオフェンス 2015/08/26
スクリーンのかけ方・もらい方、2対1の攻め方・守り方 2015/08/05
ステップバックシュート 2015/07/01
残り2分10点ビハインドやりました 2015/05/13
3対2と3対3 2015/04/22
V字レイアップ 2014/07/17

——————————————————————————–

【ディフェンス】
対ピックディフェンス/ホワイト・ブルー・レッド 2018/06/27
ブリッツ-対オンボールピックディフェンス 2018/04/30
バンプ 2018/04/06
マッチアップゾーンとスライディングゾーン 2018/03/23
抜かれた方向で異なるヘルプの動き方 2018/02/09
ポストのミスマッチ対策 2017/10/18
リバウンド後のキープ姿勢、スクリーンアウトの正面と背面の違い 2017/02/08
オフェンスリバウンドとディフェンスリバウンド 2017/01/25
ボールボイスとラストボイス 2017/01/11
ショーディフェンス 2015/10/28
マンツーマンディフェンスの復習 2015/10/14
女子ゾーンディフェンスコンセプト 2015/07/28
ファンディフェンスとファネルディフェンス 2015/04/28

——————————————————————————–

【トレーニング】
スクエアパス&ピック 2017/01/18
サーキットトレーニング(インナーマッスル・アウターマッスル) 2015/08/19
周辺視野&状況判断強化トレーニング 2015/02/20

——————————————————————————–

【座学】
スポーツ指導者のための倫理ガイドライン 2018/02/09
ゼロステップ 2018/02/06
ウォームアップとクールダウン 2017/12/12
クラブチームの男女の違い(女子クラブチームの男性コーチ向け) 2017/12/08
バスケIQ向上計画表 2017/10/20
ジャンプボール考察 2017/10/05
セカンドネイチャー 2016/11/09
35秒3点ビハインド実演 2016/10/12
3C分析 2016/10/05
交代とタイムアウト 2016/09/14
ファウルゲーム 2016/09/07
ターンオーバー考察 2016/08/09
バスケットボールのラインとエリアなどの名前を覚える 2016/07/27
アドバイススクランブルについて 2015/06/13
五右衛門個人スキル向上トレーニング 2015/06/08
普段から審判をやろう 2016/02/03
ファウルの定義 2016/01/20
ソリューションスキル~問題解決のいろは~ 2015/12/16
ステップインシュートは軸足を離した後に自由足で踏み切ってジャンプしてもトラベリングではありません 2015/05/19

ハンドサイン

JBAのコーチ研修の余談でハンドサインを習いました。
私は初見でしたが、学生時代に採用していたチームもあったみたいですね。

【ハンドサイン】
テスト的にパッサーとレシーバー間のハンドサインを導入します。

1、パー
手のひらにパスをくれという意思表示。

2、指差し
指の前方(1mなど)にパスをくれという意思表示。

3、グー
バックドアを狙ってるという意思表示。
まわりのプレイヤーもボールサイド側のインサイドをあけるように協力すること。

4、グーを上に
ピック(スクリーン)に行くという意思表示。

5、ヘッドタッチ
ハイピックを仕掛けるという意思表示。
他の三人もハイピックであることを把握し、スペーシングを意識すること。

5、チョキ
は~い、みんな集合!写真撮るよ!!

使用例(グー)
ウイングでVカット、からのバックドアをする時。
レシーバーはバックドアしてるのに、パッサーがウイングにパスを出してしまうターンオーバーを回避できる等。

実質、ほとんど3グーのみの使用となります。
早速ピックアップゲームで試したところ、1ゲームに1回程度成功しました。

別件ですが、ハイピックは今後使っていきたい戦術です。
国際試合だと、ハイピック使用率がセットオフェンスの30~40%はあるみたいです。
クラブではあまり使われませんが、バンバン使っていきたいです。…

対ピックディフェンス/ホワイト・ブルー・レッド

現在オンボールピックに対して、当チームの男子はブリッツ、女子はスイッチアップをベースにしています。
もう一度、おさらいしておきます。

【オンボールピックのオフェンス側の狙い】

「スクリーンを使ってそのままドライブしてレイアップ」
これが理想的な狙いですが、そんなに簡単にはうまく行きません。
よって、オフェンス側の狙いは下記の二つと考えています。

・スイッチさせてミスマッチを作る

特にディフェンス側に取り決めがないと、スクリーンで抜かれた後にヘルプの感覚でスイッチすることが多いと思います。
ハンドラーに対してビックマンが、インサイドに対してガードがつくことで、高さと速さのミスマッチが同時に作れます。
優先順位としてはインサイドでのミスマッチが最も効果的です。

・2対1を作る

ストロングサイド側にスクリーンをかけると、外側からD→O→D→Oの順番になります。
一番外側のDをロックすることで、O→D→Oの2対1を作り出すことができます。
ピックマンがダイブ、ハンドラーがドライブすることで、Dはゴールに進む両方に対応しなくてはいけなくなります。

オフェンスの狙いから逆算して考えると、現在当チームの女子が適用しているスイッチアップはベストではないと思っています。

【レッド、ブルー、ホワイト】

実戦では、レッド、ブルー、ホワイトに呼び分けて、状況に応じて使い分けます。
使い分けるのが難しければ、状況に関わらず事前に決めておいても、ある程度は防げます。

【ホワイト(アンダー)】

ホワイト(アンダー)とは、スクリナーディフェンスがスクリーンの後ろ(アンダー)で構えることです。
ユーザーよりもスクリナーのロールなどを優先してケアしたい時は、ホワイトにせざるをえません。
また、ユーザーの3Pがない時は、ハンドラーが一瞬ノーマークになっても怖くないので、ホワイトで消極的守備しても大丈夫です。
メリットは、ピック&ロールに対応できるので、ディフェンスが二人で完結できることです。
デメリットは、ボールマンがフリーになるので、ディフェンスが後手になることです。

【ブルー(ショー&バック)】

ブルー(ショー&バック)とは、スクリナーディフェンスがソフトショー(スクリーンの横程度に出て存在感を見せる)して、ドライブを止めます。
ドライブを止めたら、すぐに戻ることで、マッチアップを入れ替えずにスクリーンに対応します。
オンボールピックに対して、最もベーシックな守り方となります。
メリットは、ボールマンとスクリナーの両方を均等にケアできることです。
デメリットは、ショーをしてしまうのでピックマンのダイブ(ピック&ロール)に弱いことです。
ショーしている間にボールマンのディフェンスがロックすることで、ダイブを阻止できます。

【レッド(ブリッツ)】

レッド(ブリッツ)とは、スクリナーディフェンスがハードショー(スクリーンの前(オーバー)まで出る)して、ボールマンを完全に止めます。
ボールマンディフェンスもすぐにダブルチーム(急襲=ブリッツ)に切り替えます。
激しいディフェンスでボールを奪うのが理想です。
または、ダイブしたオフェンスにパスを狙うふわっとしたパスを三番目の選手(スタント)でインターセプトします。
詳しくは動画を参考にしてください。

レッドは3つのディフェンスの中で最も攻撃的なディフェンスとなります。
メリットは、勿論、ターンオーバーを誘発することができます。
デメリットは、三人目(スタント)が必要となりカバーのカバーまであるので運動量もあがります。…

ランニングシュート(レイアップ)バリエーション

【手の使い方による分類】

・アンダーハンド
手のひらが上を向いたレイアップシュート
スラムダンクの「庶民シュート」の形

・オーバーハンド
手のひらが下を向いたレイアップシュート
欧米では、レイアップというとオーバーハンドから教える
私は基本、こっちです。

・ワンハンド
ボールを片手で支え、そのまま片手でシュート
反対の手でブロックをガードできる

・ラグビーシュート
ボールを体で抱え込むことで密集地帯でもボールを守れる

【投げる位置による分類】

・リングシュート(レイイン)
バックボードを使わず、直接リングに入れる

・バンクシュート
バックボードにあてて狙う
こっちの方が簡単

【ステップによる分類】

・レギュラーステップ
通常の二歩のステップ
普通のレイアップ
左から行くときも右手(利き手)でうてばいいと思う

・ツーステップ
両足着地・両足ジャンプ
レギュラーステップよりもパワーをつけたシュートがうてる

・ワンステップ(パーカーステップ)
片足着地・片足ジャンプ
実用性はないかな

・ワンツーステップ
片足着地片足ジャンプ→両足着地両足ジャンプ
以前は空中でボールをキャッチしないとだめだったが、ゼロステップで使いやすくなった

・ギャロップステップ
片足ジャンプ→両足着地
ワンツーステップとはほぼ同意だが、個人的な解釈としては「強く速く」がギャロップ

・ステップインシュート
ピポットを使って踏み込んでシュート
両足で飛ばないとトラベリングと言う人もいるが、踏み込んだ際に軸足を離して、自由足だけで飛んでも大丈夫
でも、ルール知らない人に吹かれたら仕方ない…