カテゴリー別アーカイブ: ファンダメンタル

【オフェンス】
ゼロステップ×ユーロステップ 2018/08/06
ハンドサイン 2018/07/23
ランニングシュートバリエーション 2018/05/07
PTPに基づいたランニングシュート 2018/04/17
アンダーハンドレイアップとオーバーハンドレイアップ 2018/04/11
アウトサイドアウトとキックアウト 2018/03/20
オフボールスクリーンの種類とコツ 2017/11/15
オフェンスリバウンドの役割 2017/11/08
スタックからのカッティング 2017/08/03
ノックアウトシューティング 2017/03/08
ポストへのボール入れ 2017/02/23
エンドライン沿いのペネトレイト 2017/01/31
オフェンスリバウンドとディフェンスリバウンド 2017/01/25
4つの抜く技術 2016/12/21
シザース 2016/12/14
オフボールオフェンスの動き方 2016/11/30
ドライブの合わせ(4D) 2016/11/16
ボール運びとキャッチミス 2016/11/09
オフボールの2on2スクリーンプレイ 2016/08/24
ボースハンドシュート 2016/08/10
バスケットボールのフェイクの種類を思いつく限りあげてみた 2016/07/20
フォーメーションの覚え方と考え方 2016/01/06
対小さなゾーンオフェンス 2015/08/26
スクリーンのかけ方・もらい方、2対1の攻め方・守り方 2015/08/05
ステップバックシュート 2015/07/01
残り2分10点ビハインドやりました 2015/05/13
3対2と3対3 2015/04/22
V字レイアップ 2014/07/17

——————————————————————————–

【ディフェンス】
クローズドディナイとオープンディナイ 2018/10/11
対ピックディフェンス/ホワイト・ブルー・レッド 2018/06/27
ブリッツ-対オンボールピックディフェンス 2018/04/30
バンプ 2018/04/06
マッチアップゾーンとスライディングゾーン 2018/03/23
抜かれた方向で異なるヘルプの動き方 2018/02/09
ポストのミスマッチ対策 2017/10/18
リバウンド後のキープ姿勢、スクリーンアウトの正面と背面の違い 2017/02/08
オフェンスリバウンドとディフェンスリバウンド 2017/01/25
ボールボイスとラストボイス 2017/01/11
ショーディフェンス 2015/10/28
マンツーマンディフェンスの復習 2015/10/14
女子ゾーンディフェンスコンセプト 2015/07/28
ファンディフェンスとファネルディフェンス 2015/04/28

——————————————————————————–

【トレーニング】
スクエアパス&ピック 2017/01/18
サーキットトレーニング(インナーマッスル・アウターマッスル) 2015/08/19
周辺視野&状況判断強化トレーニング 2015/02/20

——————————————————————————–

【座学】
シュートアフターファウル 2018/11/21
ナンバープレイなどのフォーメーションを覚える流れ 2018/11/15
フェイク・ア・ファウル(フロッピング、シミュレーション) 2018/11/02
モチベーション不要論 2018/10/26
バスケにおける良いプレイと悪いプレイの定義 2018/10/17
スポーツ指導者のための倫理ガイドライン 2018/02/09
ゼロステップ 2018/02/06
ウォームアップとクールダウン 2017/12/12
クラブチームの男女の違い(女子クラブチームの男性コーチ向け) 2017/12/08
バスケIQ向上計画表 2017/10/20
ジャンプボール考察 2017/10/05
セカンドネイチャー 2016/11/09
35秒3点ビハインド実演 2016/10/12
3C分析 2016/10/05
交代とタイムアウト 2016/09/14
ファウルゲーム 2016/09/07
ターンオーバー考察 2016/08/09
バスケットボールのラインとエリアなどの名前を覚える 2016/07/27
普段から審判をやろう 2016/02/03
ファウルの定義 2016/01/20
ソリューションスキル~問題解決のいろは~ 2015/12/16
ステップインシュートは軸足を離した後に自由足で踏み切ってジャンプしてもトラベリングではありません 2015/05/19

——————————————————————————–

【JBAルールテスト用問題集】2018/11/20更新
001~010問
011~020問
021~030問
031~040問

シュートアフターファウル

【シュートアフターファウル三行まとめ】

☑ボールコントロール(オフェンス)は、シュートのボールがプレーヤーの手から離れたときに終わる。
☑シュートモーションは、両足が床に着地した時に終わる。
☑ボールが手から離れてから、両足が床に着地するまでのグレーゾーンが存在する。

【両足が着地したらシュート動作は終わる】

まずは画像をご欄ください。

第15条:ショットの動作中のプレーヤー
15-1-2:ショットの動作は:プレーヤーがボールを相手チームのバスケットに向けて、スロー、タップ、ダンクをしようと、ひと続きの動作を開始したと審判が判断したときに始まり、ボールがそのプレーヤーの手を離れるか、シューターが空中にいる場合は両足がフロアに着地したときに終わる。

ルールブックの条文通り、両足が床につけばシュート動作が終わるので、そのあとにディフェンスがぶつかってファウルしても、フリースローにはなりません。
というか、シュートの後の接触はプレイに影響がないので、通常はファウルにはなりません。
例えば、上から覆いかぶさるぐらいに、接触が強くて、影響が大きい場合のみファウルをコールします。
ちょっとの接触でシューターが倒れた場合はオフェンス側のフェイクアファウルで、二回目からはオフェンスのテクニカルファウルとなります。

【小さいようで大きな差】

仮にシュートが成功した場合は、フリースローワンスロー(期待値1.0)なのか?シュートを成功したチームのスローイン(期待値1.0)なのか?なので、大きな差は生じません。

しかし、スリーポイントを外した場合には決定的な違いが発生します。
スリーポイントを外した場合は、スリースロー(期待値2.4)なのか?ワンポゼッション(期待値1.0)なのか?になります。
ここは審判が判定ミスすると、かわいそうな部分です。

【シュートアフターファウルかの検証動画】


例えば上記の動画。
空中でぶつかっていたらシュートファウル、着地後にぶつかっていたら通常のパーソナルファウルとなります。
このケースの場合は・・・・・微妙過ぎる。
ほぼ同時で判別がつかない場合は、フリースローの方がよい気がします、雰囲気的に。
動画の例が悪くてすみません、見つからんので仕方ない。
とりあえず、フォロースルーがしっかりと残っていても、両足が着地していたらフリースローにならないということだけはお間違えなく。

【三井寿vs松本のフォーポイントプレイの疑惑】


私、このプレイに昔から疑惑を感じていました。
残念ながら三井(濃ユニ#14)の足が見えないので、両足がついていたかどうかわかりません。
だが、松本(白ユニ#6)の高さを見れば、三井が地面付近にいたのではないかと推測できます。
もし、三井がある程度の高さでジャンプをしているとすれば、松本のジャンプ力は半端ないことになります。
まぁ漫画ですし、全国優勝常連チームだから半端ないジャンプ力かもしれませんが。
なんてったって、松本稔は山王工業でなければ、どこでもエースを張れる選手なもんで。
結論、スラムダンクはいつだって、絶対に正しい!!

【シュートファウル?クイズ】

ここまでは茶番みたいな内容でしたが、ここから本編になります。
下記の問題に答えてみてください。…

2018年度 JBAルールテスト用問題集(031~040問)

JBAルールテスト用の問題集からの出題です。

【Q31、ピリオドのスタート】

第1ピリオド以外のピリオドは、ボールがスローインするプレーヤーに与えられたときに始まる。
A31へ

【Q32、フリースロー】

フリースローの場合、フリースローシューターにボールが与えられたとき、ボールはライブになる。
A32へ

【Q33、シュート成功後】

フィールドゴールあるいはフリースローが成功したとき、ボールはデッドになる。
A33へ

【Q34、空中】

プレーヤーが空中にいるときは、最後に触れていたフロアにいるものとみなされる。
A34へ

【Q35、ジャンプボール】

ジャンプボールで、クルーチーフの手からボールが離れるまで、ジャンパー以外のプレーヤーは体のどの部分もサークルのラインに触れたり、超えたりしてはならない。
A35へ

【Q36、フリースロー】

最後のフリースローが成功しなかったときに、両チームのプレーヤーがフリースローのバイオレーションをしたとき、ジャンプボールシチュエーションになる。
A36へ

【Q37、オルタネイティングポゼッション】

オルタネイティングポゼッションのスローインは、スローインをするチームにファウルが宣せられたときに終わる。
A37へ

【Q38、ボールをこぶしでたたく】

ボールをこぶしでたたくことは、バイオレーションである。
A38へ

【Q39、チームコントロール】

フィールドゴールかフリースローのショットをしてボールがプレーヤーの手から離れたとき、チームコントロールは終了する。
A39へ

【Q40、シュートの動作】

シューターが空中にいる場合は、ショットの動作は片足がフロアに着地したときに終わる。
A40へ

A31、ピリオドのスタート】

第1ピリオド以外のピリオドは、ボールがスローインするプレーヤーに与えられたときに始まる。
正解:〇
難易度:C
解説:ピリオドの始まりはスローワーにボールが渡された時。
時間と24秒が開始されるのは、コート内のプレイヤーがさわった時。
この二つが混乱するのでしょう。
スローワーにボールが渡された時点でファウルが成立します。

ナンバープレイなどのフォーメーションを覚える流れ

【フォーメーションを覚える三行まとめ】

ゾーンアタックやナンバープレイなどのように、システマチックなオフェンスをチーム内で浸透させるための流れを整理しました。

☑作戦盤などで伝える
☑ウォークスルー→リミテッド→フルディフェンスで実践
☑紅白試合→練習試合→公式試合で実践

【流れ】

イメージング
→ウォークスルー
→リミテッドディフェンス
→フルディフェンス
→スクリメージ
→プラクティスゲーム
→オフィシャルマッチ

【イメージング】

イメージングとは情報を伝え、プレイヤーに動きをイメージさせることです。
タクティックボード(作戦盤)をつかって教えることが多いと思います。
最近では、YOUTUBEのおかげで、動画を使ってイメージさせることが多いですね。
居酒屋だと、ジョッキをプレイヤー、おしぼりをボールに見立てて、即席の作戦盤を使って説明したりしています。

【ウォークスルー】

ウォークスルーとは、共有したイメージをコートで確かめることです。
歩きまたはジョグ程度のスピードで、エントリー(最初の動き)からシュートまでの一連の動作を確かめます。
最初はディフェンスがいない状態で始めて、イメージするためにディフェンスに入ってもらう順番です。
ここで、動きを理解できていなければ、そのまま説明するか、再度作戦盤を通して説明します。
「アウトプットは最大のインプット」の言葉通り、分からない人に作戦盤を使って説明してもらうのが一番、本人の理解度が最も高まる方法となります。

【リミテッドディフェンス】

リミテッドディフェンスとは制限つきのディフェンスを入れた状態でナンバープレイをすることです。
ウォークスルーを通して、動きそのものを理解した後は、実際にディフェンスについてもらいます。
しかし、オフェンス側はプレイを理解するために、応用のプレイをしません。
ある意味制限つきのオフェンスとなります。
制限つきオフェンスに対してディフェンスが自由に守ると、オフェンスが成功するのが困難となります。
よって、ディフェンスにも制限をつけてもらうのが通常の流れです。
よくあるのは「スイッチをしない」とかですね。
もしくは、ディフェンスも同じ動きを確認しているので予測ができてしまうのを「知らない前提で守る」とかです。
リミテッドディフェンスを通してファーストオプションを確立させます。
制限があったとしてもディフェンスがいる状態で成功させることでプレイヤーの自信をつけさせることも価値があります。

【フルディフェンス】

憶えるという段階の最終章であるフルディフェンスです。
実戦でも通用するように、自由かつタイト(激しめ)に守ってもらいます。
ここでディフェンスが最初の想定にはなかった動きで対応してきます。
初期のイメージだと、ここのスクリーンが決まればノーマークでシュートがうてる。。。はずだったのに、スイッチで対応されてしまい、ノーマークができなかった。