カテゴリー別アーカイブ: 五右衛門-ファンダメンタル

【オフェンス】
ノックアウトシューティング 2017/03/08
ポストへのボール入れ 2017/02/23
エンドライン沿いのペネトレイト 2017/01/31
オフェンスリバウンドとディフェンスリバウンド 2017/01/25
4つの抜く技術 2016/12/21
シザース 2016/12/14
オフボールオフェンスの動き方 2016/11/30
ドライブの合わせ(4D) 2016/11/16
ボール運びとキャッチミス 2016/11/9
オフボールの2on2スクリーンプレイ 2016/8/24
ランニングシュートバリエーション 2016/8/17
ボースハンドシュート 2016/8/10
バスケットボールのフェイクの種類を思いつく限りあげてみた 2016/7/20
フォーメーションの覚え方と考え方 2016/1/6
対小さなゾーンオフェンス 2015/8/26
スクリーンのかけ方・もらい方、2対1の攻め方・守り方 2015/8/5
ステップバックシュート 2015/7/1
残り2分10点ビハインドやりました 2015/5/13
3対2と3対3 2015/4/22
V字レイアップ 2014/7/17

——————————————————————————–

【ディフェンス】
リバウンド後のキープ姿勢、スクリーンアウトの正面と背面の違い 2017/02/08
オフェンスリバウンドとディフェンスリバウンド 2017/01/25
ボールボイスとラストボイス 2017/01/11
対「ピック&ロール」ディフェンス 2015/11/11
ショーディフェンス 2015/10/28
マンツーマンディフェンスの復習 2015/10/14
女子ゾーンディフェンスコンセプト 2015/7/28
ファンディフェンスとファネルディフェンス 2015/4/28

——————————————————————————–

【トレーニング】
スクエアパス&ピック 2017/1/18
サーキットトレーニング(インナーマッスル・アウターマッスル) 2015/8/19
周辺視野&状況判断強化トレーニング 2015/2/20

——————————————————————————–

【座学】
セカンドネイチャー 2016/11/09
35秒3点ビハインド実演 2016/10/12
3C分析 2016/10/05
交代とタイムアウト 2016/09/14
ファウルゲーム 2016/9/7
ターンオーバー考察 2016/08/09
バスケットボールのラインとエリアなどの名前を覚える 2016/07/27
アドバイススクランブルについて 2015/6/13
五右衛門個人スキル向上トレーニング 2015/6/8
普段から審判をやろう 2016/2/3
ファウルの定義 2016/1/20
ソリューションスキル~問題解決のいろは~ 2015/12/16
ステップインシュートは軸足を離した後に自由足で踏み切ってジャンプしてもトラベリングではありません 2015/5/19

ノックアウトシューティング

2017/3/7プラクティスレポート

【ノックアウト~シューティングゲーム~】

今日は練習終わりのチームシューティングの時間にシューティングゲームの『ノックアウト』をやりました。

〇ノックアウトルール

・使用するボールは2個
・参加人数は3人以上、何人まででも大丈夫だが10人ぐらいが最大目安。

1、フリースローラインを先頭に縦一列で並ぶ。先頭から二人までがボールを持つ。
2、先頭のプレイヤーがシュートを放ったら、二番目のプレイヤーもシュートをうって良い。
3、ボールが外れたら、自分でリバウンドを取って、ミドルレンジから入るまでシュートをうつ。
4、前のプレイヤーがシュートを決めたら、列の先頭にパスして、一番後ろに並び直す。
5、後のプレイヤーが、前のプレイヤーよりも先にシュートを決めたらノックアウト。前のプレイヤーは脱落する。脱落したプレイヤーは先頭にパスをして抜ける。
6、最後の一人になるまで続ける。最後の二人は二回連続で決めてノックアウトとなる。

1971ikeさんのノックアウトフリースロー※多少ルールが異なります。

【本日の練習メニュー】

〇参加者

・男9人
・女10人

〇メニュー

・対面シュート2種類
その1、トップはバンクシュート。コーナーはリングシュート。
その2、ローポストは、シール→バックロール。ハイポは縦足キャッチ→前足を引いてジャンプシュート。
・ランニングシュート(UCLA)
・ゲーム→男子はゾーン。女子はセーフティ、キャリー、オフボールの動きを確認
・インナーマッスルサーキット
・インターバルミーティング
・対面シュート男女対抗→女子勝ち
・シューティングゲーム「ノックアウト」→りっちゃん優勝

あん・りー・とろわー
ニャー

以上です。…

ポストへのボール入れ

2017/2/21練習記

【ポストへのボール入れ】

男子試合インターバル時に、女子でポストへのボール入れに対して、入れる方・もらう方、ディフェンスの立場で話し合いました。

〇ポストマン

・シールする。マークマンを抑える。
・ターゲットハンドでパスコースを示す。
・1.5秒入らなければ、スペースをあける。

〇パッサー

・バウンズパスで入れる。(チェストパスはカットしやすい)
・ミートさせてパスを出す。
・角度を変える(ドリブルorパス)
・フラッシュのタイミングに合わせてパスを出す。

〇ディフェンス

・シールされないように、密着しない。
・半身になる。

今回はディスカッションでした。
ボールを使って確認できなかったので、次回は体育館で実践します。

【その他の主な練習内容】

〇対面ミートシュート

練習中は、「シュート後にフォロースルーを2秒残す」。
シュートがリリースされる動作をスタートからラストまで毎回統一します。
それを確認するために、フォロースルーを毎回残してください。
目安は2秒です。
フォロースルーを残すことでシュートが入るわけではありません。
イメージ通りの動作ができたかを確認するために、フォロースルーを残します。

〇ゾーンオフェンス

対2-3(2-1-2)用のゾーンオフェンスです。
片サイドに4人寄って、4対3のアウトナンバーを作ることが狙いです。
4対4になってしまうと、ただ狭いだけなので、4対3を作り上げることが理想です。
コツは「上のディフェンスをボールマンにおびき寄せる」。
これができたら、ほぼ成功します。
※継続して練習し、頭で理解し、最後はセカンドネイチャーにまで落とし込みましょう。

ゾーンオフェンスのコツ
・パスフェイクを頻繁に。
・ギャップ(ディフェンスとディフェンスの間)に立つ

【本日の練習メニュー】

〇参加者

・男12人
・女9人

〇メニュー

リバウンド後のキープ姿勢、スクリーンアウトの正面と背面の違い

2017/2/7練習記
日曜の女子試合はかなりの身長差がありました。
よってリバウンドを取られてしまうのは仕方ないことですが、策もなく、一方的に取られ続けるのも考え物ですね。
試合中にでも、悪い部分は良くしていくことで、価値のある敗戦につなげていきましょう!

【スクリーンアウトの向きの比較】

今回はスクリーンアウトをさぼっていた訳ではありません。
しかし、身長差が20cmもあれば、考えながらスクリーンアウトしないと、抑えようがありません。
スクリーンアウトしてもリバウンドを上から取られてしまうのであれば、正面からスクリーンアウトしましょう。

〇項目
背面(通常のスクリーンアウト)
正面(背面でも抑えられない場合)

〇バランス
背面:押されると倒れやすい
正面:押されても倒れにくい

〇力
背面:力を入れにくい
正面:力を入れやすい

〇視野
背面:相手の動きが見にくい
正面:相手の動きが見やすい

〇力の方向
背面:ぶつかってくるのを耐える受け身
正面:自分から抑えに行く自発

〇リバウンド
背面:優位なポジションをキープしリバウンドにいける
正面:スクリーンアウトがメインになり、リバウンドには行きにくい

結論、相手との力関係を考えて、スクリーンアウトの向きを背面>側面>正面と切り替える。

【リバウンド後のボールキープ】

リバウンド後にパスコースを探している間に寄られて、ボールを奪われることがまだ散見されます。
速攻につなげるためには、ディフェンスリバウンド→アウトレットパス(横)→タッチダウンパス(縦)→ワンマン速攻がベストだと思います。
しかし、無理せずに確実なボールキープを優先でいきましょう。
トリプルスレットの位置でボールを持っても二人に囲まれたら奪われるので、抱え込む習慣をつけてください。

【本日の練習メニュー】

〇参加者

・男13人
・女9人

〇メニュー

男子、ミートシュート→
・ミートシュート
・男子…