カテゴリー別アーカイブ: 五右衛門-ファンダメンタル

【オフェンス】
オフボールスクリーンの種類とコツ 2017/11/15
オフェンスリバウンドの役割 2017/11/08
スタックからのカッティング 2017/08/03
ノックアウトシューティング 2017/03/08
ポストへのボール入れ 2017/02/23
エンドライン沿いのペネトレイト 2017/01/31
オフェンスリバウンドとディフェンスリバウンド 2017/01/25
4つの抜く技術 2016/12/21
シザース 2016/12/14
オフボールオフェンスの動き方 2016/11/30
ドライブの合わせ(4D) 2016/11/16
ボール運びとキャッチミス 2016/11/9
オフボールの2on2スクリーンプレイ 2016/8/24
ランニングシュートバリエーション 2016/8/17
ボースハンドシュート 2016/8/10
バスケットボールのフェイクの種類を思いつく限りあげてみた 2016/7/20
フォーメーションの覚え方と考え方 2016/1/6
対小さなゾーンオフェンス 2015/8/26
スクリーンのかけ方・もらい方、2対1の攻め方・守り方 2015/8/5
ステップバックシュート 2015/7/1
残り2分10点ビハインドやりました 2015/5/13
3対2と3対3 2015/4/22
V字レイアップ 2014/7/17

——————————————————————————–

【ディフェンス】
ポストのミスマッチ対策 2017/10/18
リバウンド後のキープ姿勢、スクリーンアウトの正面と背面の違い 2017/02/08
オフェンスリバウンドとディフェンスリバウンド 2017/01/25
ボールボイスとラストボイス 2017/01/11
対「ピック&ロール」ディフェンス 2015/11/11
ショーディフェンス 2015/10/28
マンツーマンディフェンスの復習 2015/10/14
女子ゾーンディフェンスコンセプト 2015/7/28
ファンディフェンスとファネルディフェンス 2015/4/28

——————————————————————————–

【トレーニング】
スクエアパス&ピック 2017/1/18
サーキットトレーニング(インナーマッスル・アウターマッスル) 2015/8/19
周辺視野&状況判断強化トレーニング 2015/2/20

——————————————————————————–

【座学】
バスケIQ向上計画表 2017/10/20
ジャンプボール考察 2017/10/05
セカンドネイチャー 2016/11/09
35秒3点ビハインド実演 2016/10/12
3C分析 2016/10/05
交代とタイムアウト 2016/09/14
ファウルゲーム 2016/9/7
ターンオーバー考察 2016/08/09
バスケットボールのラインとエリアなどの名前を覚える 2016/07/27
アドバイススクランブルについて 2015/6/13
五右衛門個人スキル向上トレーニング 2015/6/8
普段から審判をやろう 2016/2/3
ファウルの定義 2016/1/20
ソリューションスキル~問題解決のいろは~ 2015/12/16
ステップインシュートは軸足を離した後に自由足で踏み切ってジャンプしてもトラベリングではありません 2015/5/19

オフボールスクリーンの種類とコツ

2017/11/14プラクティスレポート

【オフボールスクリーンの種類とコツ】

オンボールスクリーンは、だれがやってもスクリーンまではうまくいきます。
そのあとのロールやポップの選択、シュートの成否は別ですが。
対して、オフボールスルクリーンは、そもそもスクリーンがかからないなど、得手不得手の差が大きいです。
それは種類ごとにコツが異なるスクリーンを、全部同じスクリーンとして対応しているからなのかと推測しました。
そこで、種類ごとのスクリーンのコツを解説します。

〇オフボールスクリーンの種類

オフボールでのアウトサイドプレイヤー(ユーザー)とインサイドプレイヤー(スクリナー)の組み合わせのスクリーンプレイです。
この4つだけを抑えておけば十分です。

・アップスクリーン
・ダウンスクリーン
・フレアスクリーン
・フレックススクリーン

〇アップスクリーン

スクリナーがエンドライン方向から、上ってかけるスクリーンです。
この形で多いのは、ターゲットの背後からかける形(バックスクリーン)です。
ルール上では、ディフェンスがよけられるように一歩の距離をあけるよう指示がありますが、私はシール(ターゲットにくっつく)までやるべきだと思います。
NBAでも、Bリーグ・Wリーグでも、クラブでも、学生でも、この手のファウルを吹かれたのを見たことがありません。
ターゲットの背後からかけられるので、シールが簡単にできます。
ユーザーは、一度フェイクを入れて、ゴール方向に素早くカッティングします。
通常は、ノーマークにならないよう、もう一人のディフェンスがバンプすると思うので、当たり負けしなければ、ゴールの可能性が生まれます。
コツ:スクリナーはシール。ユーザーはフェイク+素早いカッティング。

〇ダウンスクリーン

スクリナーがエンドライン方向に、下がってかけるスクリーンです。
ダウンスクリーンが一番、得手不得手がはっきりするスクリーンだと思います。
この形で多いのは、ターゲットの正面からかける形(フロントスクリーン)です。
ターゲットに見られながらかけるので、無理やりシールできません。
なので、スクリナーよりもユーザーが頭を使う必要があります。
ディフェンスの位置を見ながら、レギュラーカット、バックドアカット、カールカット、フレアカットなどを選択します。
ユーザーの動きが大事なので、ブラッシングが大事になります。
ナスティプレイ(汚いプレイ)になるので、あまり推奨できませんが、スクリナーにおすすめの動きがあります。
スクリーン&ダイブという言葉があり、スクリナーは通常、スクリーン後にリングへダイブします。
ターゲットがスクリナーよりもリング側にいる場合は、このダイブを利用して、ターゲットに体をぶつけてしまいます。
スクリーンっぽくやってしまうと、ムービングスクリーンになりますので、ダイブっぽくやります。
コツ:ユーザーはディフェンスの動きに合わせて選択+ブラッシング。

〇フレアスクリーン

フレアとは、「広がる」という意味です。
主に、コーナー(0度)方向にリングから離れる動きをさします。
なので、スクリナーは外側から横向きに(サイドスクリーン)スクリーンをかけます。…

オフェンスリバウンドの役割

2017/11/7プラクティスレポート
まずは今回、男子参加者が多くなりすぎてしまい、多大なご迷惑をおかけしました。
練習の出欠をとっていないもので、ムラがありますが、なるべく調整できるように頑張ります。

【オフェンスリバウンド】

セーフティー以外は、全員がオフェンスリバウンドに絡めと伝え続けてきましたが、精神論に傾いてきたので、技術的な解説をします。

〇オフェンスリバウンドの役割

・トライアングルポジション3名
・ハーフリバウンダー1名
・セーフティー1名
自チームのシュートに対しては、上記の3+1+1の役割分担を担います。

〇トライアングルポジション

トライアングルポジションとは、フリースローレーンにある四角いブロック(ニュートラルブロック)2つとセミサークルの頂点を結んだ三角形です。
下記の画像の矢印が指している黒い三角形です。

3名はこのポジションを目指して飛び込みます。
相手にスクリーンアウトされないようにかわしながら飛び込みます。
万一スクリーンアウトされたら、ファウルにならないようゴール下に押し込むか、緩急を使って回り込みます。

〇ハーフリバウンダー

ハーフリバウンダーとは、ロングリバウンドに対応する選手です。
シュートと同時にフリースローラインを目指し、ボールがリングにあたる頃にはフリースローラインを踏んでおきたいです。
ボールがロングリバウンドになりそうならば飛び込んでリバウンドを狙います。
相手チームにリバウンドをとられそうになったら、セーフティーを手伝うか、タッチダウンパスを出されないよう、ボールにプレッシャーをかけて、速攻を出させないようにします。

〇セーフティー

セーフティーとは、相手の速攻に備えるための選手です。
他のプレイヤーがオフェンスリバウンドにいけるのは、セーフティーがしっかりしているというのが前提です。
セーフティーの理想は、ボールがリングにあたるタイミングでハーフラインを踏むです。
ハーフラインよりも相手チームが後ろにいるのであれば、もっと下がります。
相手の速攻に対して並走して追いつける位置ではなく、迎えられる位置まで戻ることが理想です。
基本的にはポイントガードがセーフティー。(PGでなくてもいいですが)
ウイングよりも高い位置からの3Pであれば、シュートをうったプレイヤーがそのままバックランでセーフティー。
シューターが自分で軌道を読めるのであれば、そのままリバウンドにいくので、一番高い位置(通常PG)がセーフティー。

〇オフェンスリバウンドは意欲と技術

ディフェンスリバウンドは体格とスクリーンアウトが大事ですが、オフェンスリバウンドで大事なのは意欲と技術です。
特に意欲が大事です。
位置やタイミング的にリバウンドに行っても取れないからとあきらめてしまうプレイヤーもいますが、基本は可能な限り絡むことです。
自分がリバウンドに絡むと、2:3が3:3になり、他のプレイヤーがオフェンスリバウンドをとりやすくなるからです。
オフェンスリバウンドはチームのシュートミスを帳消しにできる最高の武器です。
是非、意欲的に取り組んでください。

【レポート】

〇メニュー

男子、ランニングシュート→3対2→3対3…

バスケIQ向上計画表

男子ゲームのインターバルを利用して、バスケIQ向上に向けたミーティングを開始したいと思います。

【タイムスケジュール】

7:15開場
7:30練習開始
8:00ゲーム開始(8分×4回×男女)
9:05最終練習
9:15終了
9:30退館

8分のミーティングが4回できることになります。
1回目、インナーマッスルサーキット
2回目、ミーティング(スクランブルアドバイス→バスケIQ向上ディスカッション)
3回目、アウターマッスルサーキット
4回目、予備

【スクランブルアドバイス】

スクランブルアドバイス(下図の黄色背景部分)とは、一人のプレイヤーにフォーカスし、みんなで意見交換することです。
今までは自由形式で意見を言っていましたが、意見が出なかったり、発言者が偏ってしまい、結論が出にくい傾向にありました。
改善案として、順番に「グッド」と「モア」を一個ずつ発表したいと思います。
その意見は議事録にまとめて、グループに活字として共有します。
そして、8分以内に仮の結論をだします。
まずはコーチから始め、番号が若い順に一人ずつ一巡します。

【バスケIQ向上ディスカッション】

一巡したら、バスケIQ向上ディスカッションに入ります。
「バスケットボール 戦術の基本と実戦での活かし方 日高哲朗著」の目次をベースに下記の順番でテーマを決めます。

・パーソナルオフェンス→ディフェンス
・コンビネーションオフェンス→ディフェンス
・チームオフェンス→ディフェンス
・ベンチワーク

今までバラバラに入ってきたバスケットボールの知識を、体系的に網羅することで、全部がつながる感覚をつかめると幸いです。
教材をベースに解説3分、ディスカッション3分で進めたいと思います。
練習に来れなかったメンバーのために、LINEで共有します。