カテゴリー別アーカイブ: ファンダメンタル

【オフェンス】
PTPに基づいたランニングシュート 2018/04/17
アンダーハンドレイアップとオーバーハンドレイアップ 2018/04/11
アウトサイドアウトとキックアウト 2018/03/20
オフボールスクリーンの種類とコツ 2017/11/15
オフェンスリバウンドの役割 2017/11/08
スタックからのカッティング 2017/08/03
ノックアウトシューティング 2017/03/08
ポストへのボール入れ 2017/02/23
エンドライン沿いのペネトレイト 2017/01/31
オフェンスリバウンドとディフェンスリバウンド 2017/01/25
4つの抜く技術 2016/12/21
シザース 2016/12/14
オフボールオフェンスの動き方 2016/11/30
ドライブの合わせ(4D) 2016/11/16
ボール運びとキャッチミス 2016/11/9
オフボールの2on2スクリーンプレイ 2016/8/24
ランニングシュートバリエーション 2016/8/17
ボースハンドシュート 2016/8/10
バスケットボールのフェイクの種類を思いつく限りあげてみた 2016/7/20
フォーメーションの覚え方と考え方 2016/1/6
対小さなゾーンオフェンス 2015/8/26
スクリーンのかけ方・もらい方、2対1の攻め方・守り方 2015/8/5
ステップバックシュート 2015/7/1
残り2分10点ビハインドやりました 2015/5/13
3対2と3対3 2015/4/22
V字レイアップ 2014/7/17

——————————————————————————–

【ディフェンス】
バンプ 2018/04/06
マッチアップゾーンとスライディングゾーン 2018/03/23
抜かれた方向で異なるヘルプの動き方 2018/02/09
ポストのミスマッチ対策 2017/10/18
リバウンド後のキープ姿勢、スクリーンアウトの正面と背面の違い 2017/02/08
オフェンスリバウンドとディフェンスリバウンド 2017/01/25
ボールボイスとラストボイス 2017/01/11
対「ピック&ロール」ディフェンス 2015/11/11
ショーディフェンス 2015/10/28
マンツーマンディフェンスの復習 2015/10/14
女子ゾーンディフェンスコンセプト 2015/7/28
ファンディフェンスとファネルディフェンス 2015/4/28

——————————————————————————–

【トレーニング】
スクエアパス&ピック 2017/1/18
サーキットトレーニング(インナーマッスル・アウターマッスル) 2015/8/19
周辺視野&状況判断強化トレーニング 2015/2/20

——————————————————————————–

【座学】
スポーツ指導者のための倫理ガイドライン 2018/02/09
ゼロステップ 2018/02/06
ウォームアップとクールダウン 2017/12/12
クラブチームの男女の違い(女子クラブチームの男性コーチ向け) 2017/12/08
バスケIQ向上計画表 2017/10/20
ジャンプボール考察 2017/10/05
セカンドネイチャー 2016/11/09
35秒3点ビハインド実演 2016/10/12
3C分析 2016/10/05
交代とタイムアウト 2016/09/14
ファウルゲーム 2016/9/7
ターンオーバー考察 2016/08/09
バスケットボールのラインとエリアなどの名前を覚える 2016/07/27
アドバイススクランブルについて 2015/6/13
五右衛門個人スキル向上トレーニング 2015/6/8
普段から審判をやろう 2016/2/3
ファウルの定義 2016/1/20
ソリューションスキル~問題解決のいろは~ 2015/12/16
ステップインシュートは軸足を離した後に自由足で踏み切ってジャンプしてもトラベリングではありません 2015/5/19

PTPに基づいたランニングシュート

前々から思っていたけど、練習前のレイアップに意義を見いだせません。
ハーフラインからパス→リング手前でリターンパスを受け取る→ステップを踏んでレイアップ
こんなプレイ、個人的には試合中にしたことが一度もありません、多分。

これはなんのためにやっているのでしょうか?
練習のための練習?
ボールを使ったウォーミングアップ?
たしかに、バスケし始めた頃は大事な練習でしたが、もう不要だと思います。

ということで、実戦的なレイアップに組み替えてみました。

【ドリブルシュート】

トップからウイングにパスエントリー
→ウイングからドライブ
→レイアップシュート。

レイアップは、キャッチ&レイアップはあまりなく、ほとんどがドリブルからのレイアップになると思います。
シンプルですが、実際によくあるプレイです。
ワンマン速攻のレイアップでもいいですし、ウイングで抜いた想定でもいいと思います。

【ダイブ】

トップからウイングにパスエントリー
→ウイングからドライブ
→合わせのダイブにパス
→レイアップシュート。

さきほどのドライブに合わせてダイブする流れです。
3・4・5番プレイヤーがやるプレイです。

【キックアウト】

トップからウイングにパスエントリー
→ウイングからドライブ
→合わせのドリフトにパス
→ジャンパー。

さきほどのダイブがインサイドプレイヤー向けの合わせだったのに対して、キックアウトはアウトサイドプレイヤーから流行りのストレッチ4向けの合わせのプレイです。
横方向からくるパスをキャッチして向きをリングに変えてうつシュートよりも、キックアウトで正面からくるパスの方がうちやすいです。

とゆうことでPTPに基づいたアップに組み替えてみました。
これを二本ずつ、左右やれば、12本のシュートとなります。

【戦術的ピリオダイゼーション理論】

PTP(戦術的ピリオダイゼーション理論)とは「練習の為の練習」はせず、「常に試合を意識した練習」をするということ。
レイアップの場合を使って説明します。
シューターは外しても、そのまま通り過ぎて、パッサーがリバウンドに入る。
本来、シューターはレイアップを上に飛ぶので、試合では外しても、自らとってセカンドチャンスを押し込む。
しかし、練習のレイアップが習慣化すると、レイアップのあとにオフェンスリバウンドにいかなくなる。
練習のせいでバスケが下手になることがないよう。…

アンダーハンドレイアップとオーバーハンドレイアップ

先日の女子の試合でレイアップがポロポロ落ちて負けたので、バリューワークスのコーチに相談させて頂きました。
そこでレイアップを勉強し直して、再定義し、練習から取り組むことにしました。
目指すは、「レイアップを絶対に外さないチーム」です。

【レイアップとは】

レイアップシュートとはバスケット(リング)付近からのシュートのことです。
引用元:【Skills&Drills】事実、多くの指導者が知らないレイアップシュートの真実
海外では上記のように定義していることが多く、私も同じ考えです。
よって、パワーレイアップだけでなく、フックシュート、ステップインシュート、アンダーハンドもオーバーハンドも全部がレイアップです。

皆さんが想像するレイアップは、おそらくスラムダンクの「庶民シュート」が強烈に印象づけたのだと思います。

私は「庶民シュート」を「アンダーハンドのランニングシュート」と呼んでいます。
勿論、普段は総称の「レイアップ」と呼んでいます。

まずは庶民シュートはレイアップの一種であり、レイアップ=庶民シュートという常識は捨ててください。

【置いてくるという感覚】

よく、「リングにボールを置いてくる感覚でうつ」という話がでます。

「置いてくる」というのは、ミドルレンジのシュートとは違って、柔らかくうつということを指しているのだと思います。
なので決して間違いではありませんが、「置いてくる」を額面通りに受け取ってはいけません。
画像のように、リングまでボールを持っていける人は、「ボールをリングに置いてくる」が最も最適な表現だと思います。
しかし、小学生や女子選手のように力がないプレイヤーに置いてくるという感覚を伝えるのは最適ではないと思います。
しっかりとボールをリリースすることを伝えた方が良いと思います。
後で述べますが、アンダーハンドレイアップは「置いてくる」という感覚が理解できる体躯ができてから取り組めばいいと思います。

【レイアップの何が難しい】

理屈から説明すると、レイアップだろうとロングシュートだろうとシュートとは前後と左右と高さの三点のずれをなくす作業です。
距離の短いレイアップの場合は、前後や左右よりも高さのずれをなくすのが最も困難となります。
力のない体躯でアンダーハンドレイアップをすると、より難しくなります。
結果、両手でコントロールする癖がついてしまうプレイヤーもいます。

両手でレイアップをすることが絶対に悪いわけではありませんが、デメリットの方が多いです。
両手のレイアップは高さを放棄することになり、リリースからゴールまでの距離(高さ)が遠くなるのでコントロールが難しくなるのと、リリースが低いのでブロックされやすくなります。

【オーバーハンドレイアップ】

では、どうすればいいかというと、オーバーハンドレイアップをお勧めします。

私の考えるオーバーハンドの利点は3つです。
・オーバーハンドだとリリースポイントがアンダーよりも高くなる。
・下から上に放るアンダーよりも、前方に放るオーバーの方が狙ったところに投げやすい。(バンクシュートが前提)
・普段のシュートがオーバーなので、レイアップだけアンダーにするよりも慣れている。(大人でもすぐ慣れると思います)

バンプ

バンプについて詳しく語っているサイトが見当たらなかったので、言語化してみました。

【バンプとは】

バンプ(bump)とは、「衝突、突き当たる、押しのける」という意味です。
バスケットボールでは、主にディフェンスが相手との接触すること、または接触時に押しのけることを指します。
通常、ディフェンスが相手の進路を妨害することはファールの対象となります。
よって、オフェンスよりも先に進路に入ることで、相手に遠回りさせる。
または先に進路に入ってバンプして、相手の進行を止めてしまいます。

【バンプをするシチュエーション】

狭義のバンプは基本的にオフボールマンに対して行います。

〇ボールカットバンプ

ローポストからハイポストへフラッシュする際、または逆サイドからフレックスカットする際。要は両方ともボールに寄ってくる動きに対して、バンプしてタイミングを遅らせたりキャンセルさせます。

〇ゴールカットバンプ

3Pラインよりも外のオフボールマンがゴール方向にカッティングの動きに対して、バンプしてタイミングを遅らせたりキャンセルさせます。

本当はもうちょい突っ込みたかったのですが、睡魔に襲われたので、今日はここまでにします。

〇スクリーンバンプ

自分のマークマンがボールマンDにスクリーンをかけに行こうとした動きに対して、バンプしてタイミングを遅らせたりキャンセルさせます。

〇リバウンドバンプ

オフェンスリバウンドにロングで飛び込んでくる動きに対して、バンプしてタイミングを遅らせたりキャンセルさせます。

〇ペイントバンプ

ペイントエリアに面を取ってくる動きに対して、バンプしてタイミングを遅らせたりキャンセルさせます。

【バンプの仕方】

両手(X字)または片手を自分の胸にくっつけます。
腕は使わずに自分の体重を乗せるイメージで体幹でバンプします。

【対バンプ】

〇相手を上回るならパワーで

バンプされてきてもパワーで上回るならばパワーで押しきってしまいます。

〇緩急

ぶつかりにいこうとするとさっと避けて交わし、油断すると体をぶつけてくる。
やられると結構、嫌ですね。

〇ダイブ

たとえばボール方向に進行中にバンプされたとしたら、バスケット側へのダイブに切り替えてしまう。
バンプは、相手の進行方向のひとつを止めるに過ぎないので、バンプへの意識が強すぎても、守りにくくなります。

上記、三つを織り交ぜると非常にバンプしにくくなります。…