マニアックバスケ用語」カテゴリーアーカイブ

上級者というか、もはやマニア向けのバスケ用語辞典です。
初めて聞いた言葉や、曖昧に理解した言葉だけをまとめた自分用のマニアックバスケ用語辞典です。
一部の地域や、特定のコーチしか使わない場合もあります。

メンバー向け限定公開バスケ用語辞典
—————————————-
ア行
アライメント/alignment
アンリトンルール/unwritten rules
インバート/invert
アーリー・ポスト/early post
ウェッジ/wedge
カ行
カオス/chaos
ガベージ・タイム/garbage time
クロス・ドリブル・ジャブ/cross dribble jab
クロージング・ラインナップ/closing lineup
コモンファウル/common foul
コンテイン/contain
コンテスト/contests
コースト・トゥ・コースト/coast to coast
サ行
サイティング/sighting
サークル・ルール/circle rule
サークル・ムーブ/circle move
ジャッグル/juggle
シャムゴッド/shamgod
シャロー・カット/shallow cut
シュートアラウンド/shootaround
シュート・コンテスト/shoot contests
シュート・ヘジテーション/shoot hesitation
ショート・ロール/short roll
スイートスポット/sweet spot
ステップアップスクリーン/step up screen
スペイン・ピック/spain pick
スタント/stunt
スラスト・ステップ/thrust step
スロット/slot
タ行
ダッグイン/dug in
ツー・フォー・ワン/two for one
DHO/dribble hand off
デコイ/decoy
デッド・ターンオーバー/live turnover, dead
デッド・ロー/dead low
ドノバン・ステップ/donovan step
トランジション・スリー/transition three
ドリブル・キャッチ・アップ/dribble catch up
トレント・タッカー・ルール/trent tucker rule
ナ行
ネイル/nail
ハ行
ハドル/huddle
バンパー/bumper
パーミング/palming
ピック・ポケット/pick pocket
ヒット・バック/hit back
BLOB/baseline out of bounds
PVT/position・vision・talk
フィルム・セッション/film session
プッシュスクリーン/push screen
プット・バック/put back
フライングエルボー/flying elbow
ブラッド・エリア/blood area
ブリッツ/blitz
プルアップジャンパー/pull up jumper
フロッピー/floppy
フロム・ダウンタウン/from downtown
ペイント・タッチ/paint touch
ヘルプ・ザ・ヘルパー/help the helper
ポケットゲーム/pocket game
ポケットパスト/pocket pass
ホット・ハンド/hot hand
ボーナス/bonus
ボール・プッシュ/ball push
マ行

ヤ行

ラ行
ライブ・ターンオーバー/live turnover, dead turnover
ランニングスクリーン/running screen
ラブオフ/rub off
リアクト/react
リジェクト/reject
リップ・スル-/rip through
リフト/lift
レイトコール/late call
レントゲン/roentgen
ロード・マネジメント/load management
ロール・プレイヤー/role player
ワ行
ワン・ショット・プレイ/one shoot pley

アンリトンルール/unwritten rulesって何?バスケットボールの暗黙の了解

【アンリトンルール/unwritten rules】

アンリトンルールとはルールブックに書かれていない(暗黙)のルールのことです。
日本語では「暗黙の了解(明言しないものの、当事者間の理解が得られていること)」や「不文律」と表現します。
ルールブックには記載されていないが、長年の慣習で守らないといけないルールですが、地域や国民性により基準がバラバラなので、ごく稀に揉める原因にもなったりします。

【他のスポーツのアンリトンルール(暗黙の了解)】

暗黙のルールと言えば野球に多いですよね。

例えば、
・大差の試合では盗塁をしない。
大体、7回以降で5点差以上あると、実質禁止だそうです。
盗塁行為があった場合、守備側は無視するそうです。
守備側が無視した場合は、盗塁の記録もつかないそうです。

・大量リード時は、セーフティーバントは許されない。
実際に2010年に6-0でセーフティーバントをされたチームが、報復行為として、次の打者の腰あたりに球を投げられたそうです。
日本の国民性としては、報復行為は、受け入れがたいですね。

面白い暗黙のルールとしては、
・乱闘を傍観してはいけない
どれくらいの大事かというと、メジャーリーグで、怪我の為、スーツでメディア席にて観戦していた選手が乱闘が始まると、急いでユニフォームに着替えて、乱闘に参加したという逸話もあるほどです。
例え、スーパースターであっても、完全試合目前のピッチャーであっても、全員が乱闘に参加しないといけません。
それは、チーム愛が強いので、乱闘でてもなんでも仲間が体を張っている時は、積極的に参加しないといけないという考えがあるからです。
乱闘に参加しないと、チームメイトやファンから罵られるそうです。

その他の競技だと、サッカーの暗黙のルールが有名ですね。
・選手が怪我をした場合、ボールを持っている選手は、ピッチの外にボールを蹴りだして、プレイを止める。
そして、怪我の治療が終わると、またボールを蹴りだして、元のチームにボールを戻す。
実に紳士的な暗黙の了解だと思いますが、Jリーグのファジアーノ岡山は、「選手が倒れても主審が中断しないかぎりボールを蹴り出しません」と、宣言して話題にもなりました。
バスケットボールで同じ現象の場合は、オフェンス側が怪我をしている時でない限り、逆に相手が一人少ないので、攻撃のチャンスだと、プレイを止めずに攻めるべきだと個人的には思います。

卓球にも、
・10-0でリードしている場合は、完封しないように、
わざと1点取らせないといけない。
など、弱者をいたわる暗黙のルールがあります。

【バスケのアンリトンルール(暗黙の了解)】

バスケは、比較的新しいスポーツだからか、あまり暗黙のルールと呼ばれるものが存在せずルールブックに従って行動するのが基本となります。
有名なのは下記の二点だけです。
いずれも、ガベージタイム(勝敗が決まった後の残り時間)での慣習です。

・ガベージタイムに、勝っているチームはタイムアウトを取ってはいけない。
・ガベージタイムは、怪我防止のため、シュートに対してはファウルをしてはいけない。
・ガベージタイムに、派手なプレイ(ダンク等)や振る舞いをしてはいけない。
・勝敗が決まった最後の攻防で、どちらかがプレイをする意志がなくなれば、攻防をやめる。

ヘルプ・ザ・ヘルパー/help the helperって何?バスケ用語

【ヘルプ・ザ・ヘルパー/help the helper】

ヘルプ・ザ・ヘルパー/help the helperとは、三線がヘルプに行ったカバーをするディフェンスのことです。

コーチとしてNCAAチャンピオンを二回獲得したディーン・スミスが積極的に取り入れた戦術となります。

【10年勝ち続ける最強チームの作り方】

バスケ用語からは外れますが、ヘルプ・ザ・ヘルパーには、自分の役割範囲を越えて、チームを助ける精神を持つという意味もあります。
「10年勝ち続ける最強チームの作り方」という書籍で使われています。
目次から分かりやすい例を出すと、下記二点等があります。

・ジャージーの前面 ~自分の名前よりチーム名に価値を置く~
・類まれなチーム ~H2H文化は、活動の中心から2歩離れたところに芽生える~

自閉症の少年が起こした奇跡の実話。
この物語の主人公は、ニューヨークの郊外にある高校のバスケットボール部のマネージャー。
「J-マック」という愛称で親しまれている、自閉症の若者だ。
彼は、汗まみれのタオルを運んだり、水を取ってきたりするだけで嬉しくてたまらないほど、バスケットボールを愛していた。
試合に出ることはなかったが、毎日毎日、とびきりの笑顔で、せかせかと選手たちの世話役をしていた。

監督は、試合が自閉症の子どもにとって、集中力を向上させる良い機会になることに気がついていた。
そこで、J-マックをベンチ入りさせることにした。
するとたちまちチームの団結力が高まった。
先発メンバーは、良いプレーをしてはJ-マックに捧げた。
監督はその頃からある計画をじっくりと考えていた。
「もしほんの少しだけJ-マックを試合に出したら、素晴らしいことが起きるのではないだろうか」と。

2006年2月15日、監督は決断を下した。
J-マックを試合に出すことにしたのだ。
しかも消化試合ではなく、ライバル高校との地区優勝をかけた戦いだ!
残り時間が4分を切った時、J-マックはコートに出た。
チームメイトは素早くボールを回し、「シュートしろ!」と叫んだ。
J-マックのシュートは、バックボードにもリングにも当たらず外れる、エアボールになった。
はっきり言って、エアボール中のエアボールだった。

すぐ次のプレーでは、チームメイトはコートの端から端までボールをつないで、再びJ-マックへパスした。
今度は片手でボールを持ち上げるようにして放つレイアップシュートだ。
J-マックはこれも外した。
それでも彼は屈しなかった。
すると最高の結末が待っていた。

J-マックの3度目のシュートはスリーポイントを狙うことになった。

ロールプレイヤーって何?バスケ用語意味解説

【ロール・プレイヤー/role player】

ロールプレイヤーとは、補助的な役割を果たす選手のことです。
role(ロール)を翻訳すると「役割」となります。
ロールプレイヤーは、主にベンチスタート(スターターの場合は主力の補佐的等)で、チームが要求する特定の役割を担当します。
日本語だと「職人」と表現されることが多いです。
ロールプレーヤーと言えば「3&D」を連想するほど、「3&D」と呼ばれるプレイヤーはほとんどがロールプレイヤーとして扱われます。

【タイプ別の呼び分け】

〇スタープレイヤー

スコアラー(エース):オフェンスに優れて得点を取れる選手のことです。
得点王の候補となります。
例、ジェームズ・ハーデン

ツーウェイプレイヤー:オフェンスとディフェンスの両方に優れた選手のことです。
例、カワイ・レナード

オールラウンダー:得点・リバウンド・アシスト・ディフェンスと何でもできる選手のことです。
トリプルダブルを達成できる選手はオールラウンダーとなります。
例、レブロン・ジェームス

フランチャイズプレイヤー:長期間に渡ってチームを引っ張る選手のことです。
狭義には、一つのチームだけで活躍して引退する選手を指します。
例、ダーク・ノヴィツキー

スタープレイヤー二名を擁すると「ダイナミックデュオ」、三名を擁すると「ビッグスリー」と表現します。
以前は、ビッグスリーを擁するチームが優勝することが多かったです。
最近では、ダイナミックデュオを形成しロールプレイヤーが自分の役割をきちんとこなすチーム編成が多いです。

〇ロールプレイヤー

ピュアシューター:シュートのほとんどが3Pの選手のことです。
ドリブルからクリエイトするよりも味方のスクリーンを使ってキャッチ&シュートまたはワンドリから3Pをうつ場合が多いです。
3Pの超特化型の場合は、ディフェンスを苦手とする選手も存在します。
例、カイル・コーバー

3&D:オフェンスでは、3Pラインの外で待機して、スコアラーが得点しやすいようにします。…