マニアックバスケ用語」カテゴリーアーカイブ

上級者というか、もはやマニア向けのバスケ用語辞典です。
初めて聞いた言葉や、曖昧に理解した言葉だけをまとめた自分用のマニアックバスケ用語辞典です。
一部の地域や、特定のコーチしか使わない場合もあります。

メンバー向け限定公開バスケ用語辞典
—————————————-
ア行
アライメント/alignment
アンリトンルール/unwritten rules
インバート/invert
アーリー・ポスト/early post
ウインドウ/window
ウェッジ/wedge
カ行
カオス/chaos
ガベージ・タイム/garbage time
クロス・ドリブル・ジャブ/cross dribble jab
クロージング・ラインナップ/closing lineup
コモンファウル/common foul
コンテイン/contain
コンテスト/contests
ゴースティング/ghosting
コースト・トゥ・コースト/coast to coast
サ行
サイティング/sighting
サークル・ルール/circle rule
サークル・ムーブ/circle move
ジャッグル/juggle
シャムゴッド/shamgod
シャロー・カット/shallow cut
シュートアラウンド/shootaround
シュート・コンテスト/shoot contests
シュート・ヘジテーション/shoot hesitation
ショート・ロール/short roll
スイートスポット/sweet spot
ステップアップスクリーン/step up screen
スペイン・ピック/spain pick
スタント/stunt
スラスト・ステップ/thrust step
スロット/slot
ソフトセンタリング/soft centering
タ行
ダッグイン/dug in
ツー・フォー・ワン/two for one
DHO/dribble hand off
デコイ/decoy
デザイン/design
デッド・ターンオーバー/live turnover, dead
デッド・ロー/dead low
ドノバン・ステップ/donovan step
トランジション・スリー/transition three
ドリブル・キャッチ・アップ/dribble catch up
トレント・タッカー・ルール/trent tucker rule
ナ行
ネイル/nail
ハ行
ハドル/huddle
バンパー/bumper
パーミング/palming
ピック・ポケット/pick pocket
ヒット・バック/hit back
BLOB/baseline out of bounds
PVT/position・vision・talk
ファインセンタリング/fine centering
フィルム・セッション/film session
プッシュスクリーン/push screen
プット・バック/put back
フライングエルボー/flying elbow
ブラッド・エリア/blood area
ブリッツ/blitz
プルアップジャンパー/pull up jumper
フロッピー/floppy
フロム・ダウンタウン/from downtown
ペイント・タッチ/paint touch
ヘルプ・ザ・ヘルパー/help the helper
ポケットゲーム/pocket game
ポケットパスト/pocket pass
ホット・ハンド/hot hand
ボーナス/bonus
ボール・プッシュ/ball push
マ行
マジックタッチ/magic touch
ヤ行

ラ行
ライブ・ターンオーバー/live turnover, dead turnover
ランニングスクリーン/running screen
ラブオフ/rub off
リアクト/react
リジェクト/reject
リップ・スル-/rip through
リフト/lift
レイトコール/late call
レントゲン/roentgen
ロード・マネジメント/load management
ロール・プレイヤー/role player
ワ行
ワン・ショット・プレイ/one shoot pley

ゴースティング/ghostingとは?バスケットボール用語辞典

【ゴースティング/ghosting】

ゴースティング(ゴースト・スクリーン)とは、スクリーンをかけるかのように近づくものの、そのままスクリーンをかけずに通り過ぎることです。

ghos(ゴースト)を日本語訳すると、「幽霊」という意味となります。
ghosting(ゴースティング)を日本語訳すると、急に連絡を絶つという意味となります

ゴースティングは、Ghost Screen(ゴーストスクリーン)、お化けスクリーンとも表現したりします。
スクリーンの信号を送ったあとにスクリーンに行かない、ディフェンスに対するフェイクとなります。

【ゴースティングのプレイ例】

PGがトップの位置でドリブルをしています。
Cがランニングスクリーン(走りながらのスクリーン)でハイピックに行きました。
他の三人はスペースを広くとって、3Pラインのコーナー近辺におります。
まさにハイピックのためのスペースです。
PGのディフェンスはスクリーンを警戒して、目線を後方に向けています。


Cがハイピックに行くと思いきや、ゴースティングで、逆サイドのウイングにカッティングしました。
チームの決め事だったのでしょうか、Cのディフェンスはスイッチで対応しました。
PGのディフェンスはスクリーンがきたタイミングでスイッチしようとしたのか、スクリーンが来なかったので、スイッチのタイミングを逸しました。
目線は自分のマークマンです。


スイッチが行われたことに気付いたPGのディフェンスが慌てて、Cにクローズアウトします。
その後、Cはシュートフェイクでディフェンスをかわし、ワンドリしてコンテスト(シュートチェック)されながらも3Pを決めました。…

デザイン/designとは?バスケットボール用語辞典

【デザイン/design】

デザインとは、目的達成のために意図をもっと行動すること。です。
セットオフェンス(ナンバープレイ)はデザインされたオフェンスとなります。
フリーオフェンスの中で偶発的に発生したプレイはデザインされたプレイとはなりません。

【デザインとは見た目だけではない】

デザインと聞いて、パっとイメージするものは、「見た目を良くする作業・またはその創作物」だと思います。
「良いデザイン=見た目が良い物、悪いデザイン=見た目が悪いデザイン」などのようにです。
しかし、見た目はデザインの一部に過ぎず、様々な要素で構成されています。

【セットオフェンスのデザインの構成要素】

バスケットボールでデザインされたプレイとなると、下記をイメージします。

〇ストラテジー

ステラテジーとは戦略です。
セットオフェンスの場合、目的・ゴールはなんなのか?
一般的には、高いオフェンスレーティング(得点期待値)が目的となります。
しかし、時には、短い(長い)時間でシュートしたいなどの目的を兼ねることもあります。

〇ユーザビリティ

ユーズビリティは使用性のことです。
NBAで使われているという理由でクラブチームに落とし込んでも、シュート能力が違うので当てはまらないこともあります。
デザインする際に、ユーザビリティは必須項目となります。

〇アイデンティティ

アイディンティティは、独自性や印象と解釈してください。
ゼロから全く新しくデザインするのは難しいですが、反対にすべてをコピーしてデザインされたものも面白みがありません。
デザインする立場としての満足感、周りからの印象・評価もデザインの構成要素となります。

【全てが「デザインする」となる】

「デザインとは、目的達成のために意図をもっと行動すること。」なので、セットオフェンス以外も全てがデザインとなります。
チーム構成もデザインして作られるのか、偶発的に完成するのか。
NBAでプレイタイムをあらかじめ決めている采配もデザインされたメンバーチェンジとなります。…

ウインドウ/windowって何?バックボードの内側の四角の名前

【ウインドウ/window】

ウインドウとは、バックボードの内側の四角の名前です。
ウインドウ(window)を直訳すると、『窓』という意味です。

【コーナー】

ウインドウの上の角をトップコーナー、下の角をボトムコーナーと呼びます。
トップコーナーはバンクシュートをうつ際の目安になるので、よく使われます。
ボトムコーナーはほとんど使われません。

【有名だけど名前を知られていない】

引用元:バスケットゴールの黒い四角の枠について! – バスケッゴールの四角の黒い… – Yahoo!知恵袋
Q、バスケッゴールの四角の黒い枠ってあるじゃないですか。
あれの正式名称ってあるのでしょうか?
あるのならば教えて頂けると幸いです。
一応調べましたが全然引っかからなくて…
A、私も分からなくて、詳しい人に聞いて見ましたが、枠の部分を「サポートエリア枠」と言っていました。
指導をする時には、「あの枠に当てれば、シュートが入るから」と教えているので…

引用元:バスケのシュートを決める!NHKすイエんサー
④ “ストライクゾーン”をねらう
ストライクゾーンとは、ゴールのうしろの板(バックボード)にかかれた線の角のあたりのことです。(番組でつけた呼びかたです。)

たしかにネット上で検索してみてもヒットしませんでした。
ウインドウおよびトップコーナーの名称は日高先生の講習会で教わりました。