マニアックバスケ用語」カテゴリーアーカイブ

上級者というか、もはやマニア向けのバスケ用語辞典です。
初めて聞いた言葉や、曖昧に理解した言葉だけをまとめた自分用のマニアックバスケ用語辞典です。

メンバー向け限定公開バスケ用語辞典
—————————————-
ア行
アライメント/alignment
アーリー・ポスト/early post
ウェッジ/wedge
カ行
カオス/chaos
ガベージ・タイム/garbage time
クロス・ドリブル・ジャブ/cross dribble jab
コンテイン/contain
コースト・トゥ・コースト/coast to coast
サ行
サイティング/sighting
サークル・ルール/circle rule
サークル・ムーブ/circle move
ジャッグル/juggle
シャムゴッド/shamgod
シャロー・カット/shallow cut
シュート・フェイク・クロスオーバー/shoot fake crossover
ショート・ロール/short roll
シールド/shield
スペイン・ピック/spain pick
スラスト・ステップ/thrust step
タ行
ダックイン/duck in
ダッグイン/dug in
ツー・フォー・ワン/two for one
ディープ・カット/deep cut
デコイ/decoy
デッド・ターンオーバー/live turnover, dead
デッド・ロー/dead low
ドノバン・ステップ/donovan step
ドリブル・キャッチ・アップ/dribble catch up
ナ行

ハ行
ハドル/huddle
バンパー/bumper
ヒット・バック/hit back
ブラッド・エリア/blood area
プルアップジャンパー/pull up jumper
ブリッツ/blitz
フロム・ダウンタウン/from downtown
ホット・ハンド/hot hand
ボール・プッシュ/ball push
マ行

ヤ行

ラ行
ライブ・ターンオーバー/live turnover, dead turnover
リジェクト/reject
リップ・スル-/rip through
リフト/lift
レントゲン/roentgen
ワ行
ワン・ショット・プレイ/one shoot pley

ワン・ショット・プレイ/one shoot pleyって何?バスケ用語

ワン・ショット・プレイ/one shoot pley

2019/09/12up
マニアック度★☆☆☆☆
ワン・ショット・プレイとは、各クォーターの残り24秒を切ってポゼッションを得た場合に選択するオフェンスのことです。
時間を使いきってシュートして、相手にポゼッションを与えずに終わらせます。

時間のコントロール

理想としては、10秒までボールをキープします。
8秒程度でアイソレーションかピックプレイで仕掛けます。
残り3秒程度を目安にレイアップかジャンプシュートします。
外れてオフェンスリバウンドを取れればワンチャンスあり、外れてディフェンスリバウンドを取られてもリスクはありません。

ワンショットプレイのやり方

・攻め方
時間の関係で、シンプルな方が良いです。
セットオフェンスのように複数回パスが必要なプレイは時間をマネジメントしにくいです。
具体的に言うと、アイソレーションが最も簡単になります。
または、ピックプレイからのドライブや合わせでも時間をコントロールしながら攻めやすいです。

・アライメント
ボールマンにヘルプディフェンスがこないような極端なスペーシングがおすすめです。
1-4ベースライン(1-4ローセット、4ダウン)だと、ボール周辺にヘルプがくることはありません。
このままステイし続けると、ボールマンが1on1からのロングシュートフェニッシュとなります。
4ダウンから4コーナーに展開すると、そのままハンドラーがレイアップまで行くことも可能です。…

シャムゴッド/shamgod

シャムゴッド(Shamgod)とは、前方に転がしたボールを反対の手で逆側にコントロールするドリブルムーブのことです。

ステップ1、左手でボールをコントロールしています。(左足が前)
ステップ2、ドリブルで、ボールが床についているタイミングで右足を前に出します。
ステップ3、オフェンスから見て左側(ストレート)に抜くため左足を前に出して加速します。
このタイミングで、通常左手でボールをコントロールするのを、反対の右手でコントロールします。
手と足がクロスした状態になります。
ステップ4、ボールを進ませる方向をストレート(左)からクロス(右)に変更します。
この動きをチェンジオブディレクションと呼びます。
ステップ5、そのまま右方向に抜きます。





ワシントン・ウィザーズのゴッド・シャムゴッド選手が有名にしたドリブルムーブです。

デコイ/decoyって何?バスケ用語の意味を解説

デコイ/decoy

2019/07/09up
マニアック度★★☆☆☆
デコイ/decoyとは、ディフェンスを(二人以上)引き付ける、囮役となるオフェンスプレイヤーのことおよび囮役となる動きのことです。

参照:月刊バスケットボールで連載中の『まんが バスケットボール用語辞典』

デコイ(decoy)とは、元来は狩猟で「囮に使う鳥の模型」という意味があります。

狩猟の時オトリに使われる野鳥の置物です。群れをつくる水鳥の習性をうまく利用して、飛んでいる鳥をおびき寄せる事が目的でした。

この「デコイ」という言葉の語源は、もともと、水鳥を一つの池におびき寄せるためにつくった人工の水路のことでした。広い水路の先にエサをまいておくと、水鳥たちはエサにつられてしだいに水路の奥まで泳ぎすすみ、最後には小さな池に集まったところを一網打尽、という狩猟をしていました。

おびき寄せるとき、エサのほかに模型も浮かばせておいたので、いつしか模型そのものもデコイと呼ぶようになりました。

ゾーンオフェンスの時のクラブドライブで引き付けてからのキックアウトもデコイとして捉えています。

他分野でのデコイ

・サッカー、ラグビー、アメリカンフットボール
「ディフェンダーを引きつけるために行う囮としての動き」と、同義となります。
むしろ、こっちのジャンルの方でもともとデコイを使っており、バスケでもデコイと呼ぶようになったのではないでしょうか。

・ファイナルファンタジー
「ファイナルファンタジーXIIに登場する魔法で、かけた対象に敵を引きつけさせ、集中的に攻撃を受させる効果」だそうです。
攻撃役にバーサク、盾役にデコイみたいです。
うーん、かけられたくないですね、平和が一番。

・エヴァンゲリオン
劇中での第7の使徒の上部にあるコアを攻撃してもダメージを与えられなかったところ、葛城ミサトが「デコイ(囮)」と発言しました。
真のコアは下部の球体内部にあったそうです。