プラクティスレポート」カテゴリーアーカイブ

2020/09/week3-月曜&火曜練習記忘備録

色々とコーチ関係のオファーを頂きました。
まだ実現できるか確実ではありませんが、前向きに進めたいと思います。
おつなぎ頂いたバスケ関係者の皆様に感謝です。

【月曜基礎練習メニュー】

・個人シュート指導
・ランニングシュート
・ジャンプシュート
・2対2オンボールピックプレイ

【個人シュート指導】

今日は初参加頂いた方に何をテーマとしているか聞き、15分ほどシュートの個人指導を行いました。
シュートが外れると全く入らなくなるという悩みを抱えていたようだったので、シュート修正力のアプローチをしました。
傾向としてはフォームにばらつきがあり、ジャンプ前とジャンプ後で左にずれることが多いので、なるべくまっすぐに飛ぶことでフォームを固めるよう指導しました。
すると、プラシーボの影響が強いタイプなのか、偶然なのか、3Pが10/20という高確率でした。
バスケ経験がミニバスで1年程度と少なく、ブランクがある(再開して1年程度)割にはなかなかの成功率だと思います。
多分、シュートセンスがあるのだと思います。

〇無意識を有意識に、有意識を無意識に


成長とは、できなかったことができるようになることです。
意図的に成長するためには、無意識に気づきを与えて有意識にします。
有意識を継続することで、無能(できなかったこと)を有能(できるよう)にします。
さらに有意識で継続することで、最終的には無意識でも自然とできるようにします。

これを今回のシュートフォームに置き換えます。
シュートが横にずれる要因はフォームの偏りです。
ずれているかどうかは動画などで見ないと気付きません。
まずは「気づくこと」と、「直す意思を持つこと」です。
しかし、フォームを気にしながらシュートをすると窮屈です。
シュート成功率も落ちるかもしれません。

ほとんどの人がこの段階で諦めてしまいます。
しかし、成功率は気にせずに、まっすぐなフォームになっているか?
ボールがまっすぐに飛んでいるか?
に意識を集中させれば、段々と正しいフォームが固まってきます。
フォームが固まると横にずれる要因が減っていきます。
横にずれる要因が減れば、縦にずれる要因(力の調整)に絞れます。
気付けば、シュート力があがり、フォームも意識しなくても真っすぐになります。
まぁ、またずれていくので、ゴールはありませんが・・・・

こんな感じで考えています。
次はいつ参加いただけるかわかりませんが、手ごたえと反応はあったので、継続的に見させて頂きたいと思います。

【ランニングシュート】

〇右からのランニングシュート

オフドリブルシュートのバリエーションで練習しました。
・レギュラー(右手右足)…

2020/xx月曜&火曜練習記、シュート&レイアップ強化月間

【月曜練習】

月曜は少数を対象にしたシュート&レイアップメニュー。
5人+子供4人でした。

〇レイアップ連続成功(3人)

決めたら+1、外したら-1でみんなで+50になるまでレイアップ。
ノンプレッシャーでも外す人は結構外しますね。
なんでなんだろう?
どうすれば高確率で入るのだろうか?
ノーマークのレイアップの場合は、ジャンプ前のステップが大事なんだと思っています。

〇対面シュート(4人)

ゴール下連続8本連続イン×3メニュー
ミドルレンジ4人全体で4本連続イン×10メニュー
フリースロー5分以内に4人全体で8本連続イン(7本連続が最高で達成ならず)
3P4人全体で3本連続イン×5メニュー

〇フリー

1時間ぐらい余ったので、2対2ぐらいまではやろうかなと思いましたが、子供が飽きてしまったので、フリーで。
シューティングやる人、フットワークやる人とフリー利用となりました。

【火曜練習】

7:15開場、7:25~7:40練習、7:40~9:15ゲームの流れです。

〇レイアップ

ディフェンスと競った状態、または接触した状態でのレイアップをしました。
左右計6本中4本(イメージは75%以上)は決めたい(またはファウルをもらいたい)と思います。
サイズが大きくてスピードがある人は難なく決められますが、サイズが小さい人はタフショットになりますね。
スピードで勝負するか、ステップでかわすか、ジェイルなども取り入れられるといいですね。

〇シュート

20本イン×3箇所の対面シュート。
シンプルなメニューにしましたが、本当は少しいじりたいとは思います。
実際の試合に合わせて、あまりミートをしないジャンプシュートが逆にいいのでは?とも思ってます。
「試合を意識した練習」も大事ですが、「練習通りの試合を意識した練習」というのもありだと思ってます。

〇3対3

ここしばらくテーマにしているスタックとスプリットアクション縛りにしました。
もう少し繰り返し練習してスクリメージでも自然にできるようになるのが理想です。
公式試合で自然にできるようになるには、まだまだ継続が必要ですね。

【火曜スクリメージ】

8分流しで男女交互に5回やりました。
今回も女子はレギュラー6人とゲスト5人だったので、そのまま分けました。…

2020/xx練習記、ラスト品川総合

コロナ期間で浜松町体育館が使えなかったので、イレギュラーで確保していた品川総合体育館。
火曜はバレーボールなどの一般開放の貸し出しがあるようで、予約がとれなくなりました。
なので、今回が品川総合体育館を使わせてもらうラストデイとなります。
時間・立地・サイズ・設備は完璧でした。
費用がお高いのと、電源が使えないこと以外は最高の環境でした。

【6:00~6:30、個人練習】

6:00の開場に合わせて、すでに4~5人ほどメンバーがいました。
浜松町の体育館だと7:15オープンなので、いつもと比べると時間のロスがなくて最高ですね。
個人練習の時間は、下記を意識しました。

〇個人シューティング
真っすぐボールが飛ぶフォームになっているか?
→真っすぐボールが飛んでいるか?
→アーチがバックボードよりも高いか?
フォームに納得がいけば、3P練習に入ります。
今日は、トップとウイングで3/4入ったらお終い。
クリエイトシュートとして、レッグスルー&バックチェンジを素早くついてからのプルアップを数本やりました。

〇ハンドリング
ほぼランニング目的ですが、ただ走ってもつまらないので、ドリブルをしながら50%程度のスピードで走ります。
オールコートをファウルラインとハーフラインで四分割して一往復。
四分割の節目でフロントチェンジ、レッグスルー、バックチェンジの切り返しをいれました。

〇ダイナミックストレッチ
筋温を一度あげることを股関節まわりを意識的に大きく動かしました。
あとは左右差や日々の柔軟性などの違いを自覚します。
プラシーボかもしれませんが、ダイナミックストレッチをやるかやらないかで可動域が変わる気がします。
こちらもドリブルをしながら、ダイナミックストレッチを行いました。

〇フットワーク
最近、青学ランを再開しました。
24秒で二往復半ダッシュして、48秒のインターバル。
・・・が、まったく走れん。
二往復半走るのに28秒ぐらいかかり、10本はやりたかったが3本でダウン。
10年前は技量のなさを、ダッシュの本数でカバーしていたのに、体力の衰えを改めて実感しました。

【6:30~7:00、男子シュート練習】

男子がこの時間から5人おり、ボールがない人もいたので、チームでシュート練習をしました。
シューター、コンテスト、リバウンダー、パッサーを1シュートずつ5人でまわします。
0度ミドルで20本決めたら、→45度→90度→逆45度→逆0度→0度3P→45度3P・・・で1往復10か所となります。
定番のメニューだと思ってましたが、リョウ以外は初めてやったそうです。

【7:00~7:30、チーム練習】

いつもは15分(5分×3メニュー)しか練習時間を確保できないので、倍の30分はありがたいです。

〇ランニングシュート
トップとウイングで交互にドリブルシュートするメニューです。…