プラクティスレポート」カテゴリーアーカイブ

2022/01-トレーニングレポート、あけおめ

女子バスケチーム五右衛門の練習メニュー忘備録です。
チームの意図的成長と、コーチのコーチングスキルアップのために記録しています。

【week1@五反田】

〇タイムスケジュール

18:45、オープン
19:15、プレMTG&トレーニングスタート
19:30、スクリメージ
20:45、フィニッシュ
21:00、クローズ&ポストMTG

〇練習メニュー

1、ツーガードポジションからのゲームシチュエーションレイアップ。
2、対面シュート
3、3-3※D→O→ハドル

〇MTG

1、オフェンストランジションの確認
2、ディフェンストランジションの確認
3、ロング・ツーの得点期待値の確認→後述
4、ゾーンアタックの確認
5、三線スタントおよびヘルプザヘルパーの確認
6、ジャマーの再確認
7、練習場所の確認(五反田or浜松町)
8、大会日程の確認(主に千代田区)

〇ロング・ツーの得点期待値の確認


当チームでは、オープンシチュエーションの場合、ロング・ツーは狙わず、ラインを確認して、一歩下がって3Pをうつことというルールを作りました。

上記は某大会の決勝&準決勝の両チームのシュートエリア別の本数・確率・期待値(ORtg)です。
3試合×2チームなので、合計6チーム分のデーターとなります。
エリアをペイント、ミドル、ロング・ツー、3Pの四つに区分してあります。
統計としては、数量が低すぎて証拠レベルは低いですが、いかにロングツーの確率が悪いかの証拠の一つとなります。
3Pシュートは2Pシュートの1.5倍の得点となります。
なので、2Pシュートは3Pシュートの1.5倍の成功率を期待されます。
ディフェンスでは、ロング・ツーのシュートをコンテストして撃たせたらグッドとなります。

〇集中の再定義

集中とは、目的を達成するのに最適な精神状態で、今やるべきプレイへの意識と行動が伴っている状態。
逆に集中していない状態例を下記に挙げみます。
・ミスをひきずり、次やるプレイに意識がいっていない。
・必要以上に興奮しており、次やるプレイに意識がいっていない。
・結果への意識(フリースローを外したら負ける、フリースローを決めないといけない)が強くなり、次やるプレイ(フリースロー動作に集中)に意識がいってない。
・全く違うことを考えており、次やるプレイに意識がいっていない。(←全員共通の集中していない、分かりやすい例)
・ひとつのことへの意識が強すぎてしまい、連続したプレイができていない(コンテストまではできたが、その後のスクリーンアウトやディフェンスリバウンドやオフェンストランジションができていない)

ここまで含めて、集中していると定義づけします。…

2021年ゴエモン球納め

コロナに振り回された激動の2021年でした。
MVPはまいちん、次点はヒデミ。
今年も二人にチームを引っ張ってもらいました。


また、新人のマドカ&チアキも色々とありがとうございました。
特にマドカには、代表者会議や港区の面倒な書類の手続きを全部やってもらい、とても助かりました。

2022年は1/4からスタートです。
コロナでどうなるかわかりませんが、大会も続きますので、頑張りましょう!

対面シュート

トランジション練習

スクリメージも一本だけ公開します

2021/12-トレーニングレポート、12月&1月は男女シェアになります

女子バスケチーム五右衛門の練習メニュー忘備録です。
チームの意図的成長と、コーチのコーチングスキルアップのために記録しています。
week1@五反田
week2@五反田
week3@五反田
week4@五反田

【12月テーマ】

12月のテーマは「トランジション」です。
前回の試合で感じた「集中力」の部分の強化です。

「速く走る」ではなく「早く走る」です。
「速く走る」ためには「体・足」が必要です。
「早く走る」ためには「意識・集中力」が必要です。

「集中」の定義を、「今やるべきプレイ&次やるべきプレイを意識できている」に統一しました。
スクリメージを繰り返すごとに、どんどん良くなってきました。
12月中にトランジションの強いチームに切り替え(トランジション)しましょう。

再度、言語化しました。

〇トランジションディフェンス

・ジャマー
インバウンドパスを妨害して、速攻をださせない。
隙あらば、スティールする。

・コンテイン
ボールキャリーを包み込み、ボールプッシュを遅らせる。
隙あらば、スティールする。
ジャマー&コンテインでストップザボールとなります。

・スプリントバック
頑張って相手より速く走って戻る。

・グッドビジョン
戻りながらもボールマンとマークマンと相手リードマン(先頭にいる人)を目線で捉える。

・リムラン
ゴールに向かって一直線に戻る

・キャッチアップ
アーク(スリーポイントライン)の内側までスプリントバックしてから、マークマンを捕まえに上がる。

〇トランジションオフェンス

・リードマン
先頭を走るオフェンスはショートコーナーを埋める。
トレイラーが来るまでに時間があれば、クロススクリーンも有効。

・トレーラー
後から追いかけてくる人は、リードマンにダウンスクリーンする。
そのままエントリー(攻撃開始)…