カテゴリー別アーカイブ: ウィメンズ試合結果

♀ vs NBC(2018春季葛飾区一部三位決定戦)

【スコア】
五右衛門 vs NBC
1Q:8-9(8-9)
2Q:24-23(16-14)
3Q:30-33(6-10)
4Q:39-44(9-11)

またしても予選に20点差で勝った相手に本選で負けました。
6人編成で一人怪我してしまった場合、戦術もなにもなくなっちゃうよな~
インサイドが一枚ってのもきついな~
それでも試合に臨んで、勝ちを目指すならば、普段の練習からハードに取り組まないといけないと思う。
・・・・と愚痴ってみたが、5点差以内の敗戦は完全にコーチのせいです。

さて、今回の主敗因は、イージーシュート(レイアップ)のミス。
特にレイアップ(ゴール下シュートもレイアップです)で8本ぐらいミスったかな。
そのうち5本でも決まっていたら+10点で49-44ぐらいで勝っていたと思います。

レイアップは集中して決めようってもんでもなく、ステップとコンタクトの慣れだと思う。
練習で改善していきましょう!

2018年(5勝4負)…

♀ vs ブラックガールズ(2018春季葛飾区一部準決勝)

【スコア】
五右衛門 vs ブラックガールズ
1Q:15-13(15-13)
2Q:27-35(12-22)
3Q:41-50(14-15)
4Q:61-64(20-14)

予選一位通過でしたが、予選で接戦をものにしたブラックガールズにリベンジされました。
今回はちょっと分析してみます。

自-相手
18-35 オフェンスリバウンド
19-31 ディフェンスリバウンド
37-66 トータルリバウンド

敗因はリバウンドの差です。
常に3~4箇所、時には全ポジションでミスマッチが生じたのでディフェンスリバウンドの差は仕方ありません。
しかし、オフェンスリバウンドの差は問題です。
自チームの18リバウンドはよく取れた方だと思います。
当チーム試合平均が14.3、指標としているWリーグ平均が13.2なので、グッド!
ただ、35個もオフェンスリバウンドを取られたら、通常では手も足もでない点差になるはずです。
ここんところ、ずっとそうかな。
インサイドはリクルートしない限り、どこのチームも自然には集まらないので仕方ない。
この35個取られたオフェンスリバウンドを今後は13個までに抑えたいと思っています。

うちは小さいからスクリーンをしても上から取られてしまいます。
なので、正面または側面から抑える。
特に初動さえ抑えてしまえば、オフェンスリバウンドなんてそうそう取れません。
背面でスクリーンアウトした場合はケツで押し出す。
相手に背面で抑えられたら、ゴール下に押し込む。
一度、確認しましょう。

2018年(5勝3負)…

♀ vs 損保ジャパン日本興亜(2018千代田区冬季順位決定戦)

【千代田区冬季OP順位決定戦】
vs 損保ジャパン日本興亜
1Q:22-16(22-16)
2Q:33-39(11-23)
3Q:50-49(17-10)
4Q:63-57(13-8)

去年の敗因であるターンオーバーとオフェンスリバウンドを取らせないことを確認し、試合に臨みました。
去年同様、最高の立ち上がりでリードをする。
しかし、最初の10失点全てをオフェンスリバウンドからのセカンドチャンスで失点。
以降も、ポストプレイとリバウンドからの失点を止めきれず、シーソーゲーム。
最後は3Pが連続で入り、2年目通算4試合目で初めて千代田区で勝つことができました!


2018年(5勝2負)…