ウィメンズ試合結果」カテゴリーアーカイブ

♀ vs C様、練習試合@高田馬場(2019年07月)

オフシーズン(夏季)の練習試合第七弾、最終編!
自発性のアップ。コーチの指示でなく、自分またはメンバーからの声で動く意識。「やらされている」から「やっている」への変化。
チーム戦術やフォーメーションにおいては、軸が完成しているので、あとは微調整と、積極的な柔軟さを取り入れていきます。

【スコア】
COSMOS vs 練習試合
1Q:15-7(15-7)
2Q:32-21(17-14)
3Q:52-29(20-8)
4Q:73-46(21-17)
※10分ランニングタイム、フリースロー・タイムアウトあり

試合は人数差がそのまま点差に出た感じですかね。
個々の能力は互角だったと思います。
というか、ギャロップとか、ディープスリーとか上手だったな。

ちょっと思ったのが、ハドル(試合中に集まるやつ)ですね。
ルールなので、なんとなく集まってるだけになってます。
これをもうちょっと積極的に使っていきたいな。
なので、下記に修正します。

1、何となく集まってる→Gが手招きをして集める
2、バラバラに立ってる→円陣を組む
3、話すこと
a、戦術的なことがあれば優先、マッチアップの再確認やクセなどの確認、ターンオーバーの振り返りとか。
b、なければ心理状態の確認を。落ち込んでれば励ます(サイキングアップ)、熱くなりすぎてたらおちつかせる(リラクゼーション)を意識します。
c、なにもなければ、雑談でもokです。コミュニケーションをとる習慣づけですね。

ハドルも技術なので、練習して、ちょっとずつ向上しましょう。
とりあえず、ナイスゲームでした。

2019年4勝5負(練習試合6勝1負)…

♀ vs M様、練習試合@白金高輪(2019年07月)

オフシーズン(夏季)の練習試合第六弾、七夕編!
今回のテーマは、実績・実力ともに格上相手(三鷹市・品川区優勝)にも、自分たちのバスケをやる(通用できるか確かめる)ことでした。
プラス練習試合が連勝続きだったので、そろそろ負けて鼻っ柱を折って、もう一度初心に戻ることも視野に入れてました。

【スコア】
COSMOS vs 練習試合
1Q:11-12(11-12)
2Q:23-25(12-13)
3Q:36-38(13-13)
4Q:51-52(15-14)
※10分ランニングタイム、フリースロー・タイムアウトあり

久しぶりにディフェンスのあたりが強いチームと試合できました。
今回、ワンサイドも覚悟していましたが、最初から最後まで接戦(全Q1点差以内のほぼ互角)となりました。
両チームとも集まりが悪かったのと、ジャッジがワンマン審判だったのでブラインドが全然吹けなかったのも影響したかな?
忖度はしてないけど、ぶっちゃけインサイドは全然吹けてなかったかな。
ボールマンへのコンテイン、一線のあたり、二線のあたり、ヘルプ&ローテーションなどすごく頑張ったと思います。
課題は同じターンオーバーが続いたこと(ポストフィードパス)と、気を抜いた時のオフェンスリバウンドからのセカンドチャンスをやられたことですね。
とても良い気付きをいただけました。
また、練習試合をやりましょう。


みんなでマンチカンポーズ


彦星様募集中!

2019年4勝5負(練習試合5勝1負)

【ターンオーバー考察】
2019/07/10追記

感覚的にターンオーバーが多かった気がしたので計測・考察しました。

ポイント1
ターンオーバー率が高かった
いつもは5オフェンスに1回のターンオーバーですが、今回は3オフェンスに1回のターンオーバーでした。
平均:17TO÷77ポゼッション=22%
vsMNC:21TO÷68ポゼッション=31%

ポイント2
パスのターンオーバーが多い
パスのTO数、17回/21回(80%)
ドリブルのTO数、4回/21回(20%)

ポイント3
特にポストに入れるパスのターンオーバーが多かった
ポストフィードのTO数、9回/21回(42%)

原因
普段の練習や試合でポストへのパスカットを狙われる習慣がないため、いつもと同じプレイを続けてしまった。…

♀ vs S様、練習試合@西早稲田(2019年06月)

オフシーズン(夏季)の練習試合第五弾、合宿明け編!
今回のテーマは、
オフェンス:セットオフェンスとボールプッシュ
ディフェンス:タイトマンツーとクローズアウト

【スコア】
COSMOS vs 練習試合
1Q:11-11(11-11)
2Q:28-25(17-14)
3Q:39-34(11-9)
4Q:60-40(21-6)
※8分プレーイングタイム、フリースロー・タイムアウトあり

今回も十分な人数とインサイドが集まったので、タイトマンツーを選択。
3Qまでは競りましたが、人数の利もあって4Qに一気に引き離して、練習試合5連勝!!

今回、注目すべき点は、セットオフェンスの成功率・期待値がともにフリーオフェンスを上回ったことです。
ブレイクの攻撃力が圧倒的であることも改めて実感しました。


2019年4勝5負(練習試合5勝0負)

次はいよいよ品川・三鷹優勝などの強豪マンチカン!
ついに連勝記録がストップか(笑)…