ショーディフェンスとゴエモンタオルと台東区準優勝

あとんす

台東区一部準優勝銀メダル、
ゴエモンタオル制作記念です。
ショーディフェンスとゴエモンタオルと台東区準優勝


【参加者】

男13人、女13人


【練習メニュー】
・ショーディフェンスの確認
・男女別レイアップ
・男女別ゲーム
・インナーサーキット&アウターサーキット
・17タッチ


【ショーディフェンスの確認】
☆☆☆前提☆☆☆
オーソドックスなディフェンスではなく、
激しいディフェンスを、
チームで統一(コンセンサスを一致)していく為の決めごと
です。
☆☆☆二線☆☆☆
体に触りつつディナイ
※二線とマークマンの距離が遠いいと、
バンプもショーディフェンスもしにくい。
☆☆☆スクリーンに行かれたら☆☆☆
可能ならスクリーンをセットする前に、
バンプして、外側に押し出す。
理想は移動コースに入ってスクリーンを無効化する。
☆☆☆スクリーンに行かれた場合☆☆☆
スクリーンのディフェンスが激しくスイッチアップして、
ボールマンの動きを止める。
同時にボールマンのディフェンスが反対から挟んで、
激しいダブルチームでボールを奪う。
パスをださせない。
出させてもゆるいパスを、
スリップ(スクリナーがゴール方向に切れること)したプレイヤーに出させる。
☆☆☆駄目なプレイ☆☆☆
スイッチアップの圧力が弱く、抜かれる。
ディフェンスの間を抜かれる。
スリップしたプレイヤー以外にパスされる。
☆☆☆許されるプレイ☆☆☆
ファールを吹かれる。
※現在のステータスで練習中のファールは気にしません。
ただしファールで止めるプレイは完全禁止です。
☆☆☆ゆるいパスが出たら☆☆☆
三線がインターセプト(パスカット)する。
!!!ここがトラップの肝!!!

☆☆☆要約☆☆☆

スクリーンプレイに対しては、
激しいショーディフェンスからのダブルチームで、
スリップしたオフェンスにゆるいパスを出させて、
三線がインターセプトする
トラップを積極的に仕掛ける。

完成度が低いと、穴も発生しやすいですし、
サイズ差が大きいとミスマッチも生まれますが、
練習で積極的にやってきましょう。
今後、オンボールスクリーンに対しては、
オートマチックにショーディフェンスからのトラップでいきます。
共有お願いします。


【次回のメニュー予定】
祝日は休みです。
次回は、大人の都合で金曜です。
また忘年会は、12/22(火)の、
年内最終活動日&祝前日になりました。
あん・どぅ・とろわ
にゃ~~~~~!!!!!