メンズ試合結果」カテゴリーアーカイブ

通算216勝143負5分
【2019年】(7勝1負)
vs 門仲ジャバーズ(2019冬季江東区二部決勝)
vs MMF(2019冬季千代田区一部決勝)
vs れぐるす(2019冬季千代田区一部リーグ)
vs G・T CREW(2019冬季千代田区一部リーグ)
vs CRANES(2019冬季千代田区一部リーグ)
vs 南砂クラブ(2019冬季江東区二部リーグ)
vs とよすの空(2019冬季江東区二部リーグ)
vs 辰巳クラブ(2019冬季江東区二部リーグ)

——————————————————————————–
2018年】(17勝3負)台東区秋季一部優勝、港区春季二部優勝、千代田区冬季二部優勝、江東区冬季二部優勝
2017年】(16勝11負1分、得点76.4点、失点63.3点)江東区秋季四部優勝
2016年】(22勝13負1分、得点72.9点、失点65.9点 )台東区秋季一部優勝
2015年】(26勝15負1分、得点73.3点、失点65.1点)江東区秋季四部優勝、葛飾区春季二部優勝、港区春季二部優勝
【2014年】(19勝23負)墨田区春季一部優勝、港区春季四部優勝
【2013年】(30勝20負)港区夏季五部優勝、港区冬季七部優勝、新宿区冬季Gリーグ優勝
【2012年】(28勝25負2分)墨田区秋季二部優勝、港区秋季八部優勝、墨田区春季三部優勝
【2011年】(26勝10負)台東区秋季二部優勝、葛飾区秋季二部優勝、品川区冬季二部B優勝
【2010年】(25勝22負)

vs 門仲ジャバーズ(2019冬季江東区二部決勝)

すでに一部昇格を決めている二部決勝戦。
勝っても何ももらえないので、いまひとつモチベーションがあがりにくい試合ではあるが、千代田が負けてしまったので、ひとつ優勝しておきたい。
相手は前回30点差で勝利した門仲ジャバーズ。
強豪さるずを下しての予選突破。

【江東区二部決勝】
vs 門仲ジャバーズクラッシュ

〇スコア
1Q:14-21(14-21)
2Q:37-48(23-27)
3Q:60-70(23-22)
4Q:87-86(27-16)

とりあえず、シュートが入る入る。
相手9番と13番のミドルがほぼノーミスの大量得点。
最悪の立ち上がりから常に10~15点差を追いかける展開。
ディフェンスをマンツー→2-3→マンツー→3-2→マンツーと色々と変えるが、相手の速攻にやられるので対応がうまくできない。
4Qはオールコート気味にタイトに当たり、当たってないところにシュートを打たせ、ラスト1分での逆転。
そこから、相手エースの12番に決められて再逆転の1点ビハインドのマイボール。
痛恨のオフェンスファウルで相手ボール。
ファウルして相手のフリースローが1本外れてくれて2点ビハインド、残り20秒、マイボール。
洋成からマナトへDHO。
マナトのレイアップが外れファウルも鳴らない。
万事休すかと思われたが、ゴンのチップからのオフェンスリバウンド。
最後は今日、イマイチ当たってない洋成がオープンになりパス、3Pを沈めて大逆転勝利!

ここ数年で一番熱い試合でした。

2019年:7勝1負

【第92回春季連盟杯 江東区バスケットボール大会結果】
※当ブログでは開催時期を基に、他大会に合わせて冬季大会と呼んでいます。

1部優勝:トロピカーナ
1部準優勝:亀戸連合
※両チームとも、あまり集まってなかったですね。

2部優勝:COSMOS
2部準優勝:門仲ジャバーズ
※江東区史に残る劇的な幕切れでした(笑)

3部優勝2チーム:B.Y.O.B、バナナスムージー
※東京都2位のk-talkがバナナスムージーとして参加していました。

4部優勝4チーム:青木管工、Legends、Seairs、カジャーレ
※カジャーレが四部は勿体ない…

vs MMF(2019冬季千代田区一部決勝)

私がCOSMOSに加入して以来初めての千代田区決勝。(それより前は知らない)
結論から言うと76-111の完敗で準優勝!

相手は、千代田区連覇、都民大会3連覇、東京都クラブ2連覇、関東大会準優勝、ボーンズカップ優勝のMMF。
ちょっとしたトラブルがあり、メンバーも予選よりは薄め。
プレイも自滅系が多かったのも事実だけど、フルフルの状態だったとしても20点は差があるかな。
っていうか、MMFが本当に強かった。
U-18日本代表で拓大の山梨君とかずるいっしょ!
来年は、予選を毎回一点差ぐらいのギリギリまぐれに勝ち上がってきましたって雰囲気を出さないと駄目だな。(笑)

試合の詳細はMMFさんのブログをご覧ください。
COSMOSが1on1主体で攻めたのに対し、MMFはスクリーンやパッシングで上手にオープンを作り、高確率のアウトサイドシュート。
いや~3Pが入る、入る。入り過ぎでしょ!
シュートを外しても、3人ぐらいでオフェンスリバウンドに飛びついてくるアグレッシブさでリバウンドがとれない。
メンツが変わるとオールコートプレスを仕掛けてくる。ここで3つぐらいチームターンオーバーがあったな~
なによりもディフェンスリバウンドからのトランジションが速い!
こちらのシュートが外れて、相手がディフェンスリバウンドを取り、「よし、走るぞ」と思った時にはすでに三人が速攻に走っている。
セーフティーがいても3対1、3対2などのアウトナンバーに追い込まれてのイージーシュートに持ち込まれた。

そして東京クラブナンバーワンとの噂もあるCに、拓大PGの山梨君。
うーん、死角がなかった。
ここをこうしておけばとか、このミスがなかったらとか、そういうレベルではなかったな。

もうこうなったら、胸を張って千代田区初の準優勝を誇りたいと思います。
いやいや、相手の実績を勝手に拝借して、東京都準優勝、関東ベスト4ぐらいに誇張しておこうと思います。

【千代田区一部決勝】
vs MMF(エムエムエフ)
〇スコア
1Q:?-?(?-?)
2Q:?-?(?-?)
3Q:?-?(?-?)
4Q:76-111(?-?)

2019年:6勝1負(85.7%)

ジャン捻挫、康介帰京、MMF(拓大)の山梨君

【千代田区結果】
1部優勝:MMF
1部準優勝:COSMOS

2部A優勝:キャリアコンサルティング(1部昇格)
2部A準優勝:PHANTOMS

2部B優勝:EY(1部昇格)…

vs れぐるす(2019冬季千代田区一部リーグ)

【千代田区一部リーグ3/3】
vs れぐるす
〇スコア
1Q:23-14(23-14)
2Q:57-24(34-10)
3Q:73-36(26-12)
4Q:124-44(41-8)

れぐるすは、GTクルー相手に10点差だったので強敵を想定していましたが、当日は若手がいなかったみたいです。
結果、ガード陣が上から当たって、スティールからの速攻も飛び出し、80点差の快勝でした。
2019年:6勝0負(100.0%)

そして、千代田区予選三連勝で決勝進出!
決勝は都民大会三連覇、東京都クラブ連覇、関東準優勝のMMF。
5年ほど前は手の届きそうな目標ですが、気づいたらはるか雲の上のチームとなりました。
集まりは悪そうで、かなり厳しい戦いになりそうですが、滅多にできる機会ではないので、頑張りましょう!
うーん、厳しいか(笑)…