ファンダメンタル」カテゴリーアーカイブ

【オフェンス】
オフボールスクリーンの種類とコツ 2019/04/18更新
オフェンス戦術は4区分~フリー、モーション、オプショナル、セット~ 2019/04/04
スペインピック(ダブルスクリーン・ポップ&ロール) 2019/03/18
シャドウ、ボール運びのテクニック 2019/02/20
プレッシャーリリース 2019/01/10
ゼロステップ×ユーロステップ 2018/08/06
ハンドサイン 2018/07/23
ランニングシュートバリエーション 2018/05/07
PTPに基づいたランニングシュート 2018/04/17
アンダーハンドレイアップとオーバーハンドレイアップ 2018/04/11
アウトサイドアウトとキックアウト 2018/03/20
オフェンスリバウンドの役割 2017/11/08
スタックからのカッティング 2017/08/03
ノックアウトシューティング 2017/03/08
ポストへのボール入れ 2017/02/23
エンドライン沿いのペネトレイト 2017/01/31
オフェンスリバウンドとディフェンスリバウンド 2017/01/25
4つの抜く技術 2016/12/21
シザース 2016/12/14
オフボールオフェンスの動き方 2016/11/30
ドライブの合わせ(4D) 2016/11/16
ボール運びとキャッチミス 2016/11/09
オフボールの2on2スクリーンプレイ 2016/08/24
ボースハンドシュート 2016/08/10
バスケットボールのフェイクの種類を思いつく限りあげてみた 2016/07/20
フォーメーションの覚え方と考え方 2016/01/06
対小さなゾーンオフェンス 2015/08/26
スクリーンのかけ方・もらい方、2対1の攻め方・守り方 2015/08/05
ステップバックシュート 2015/07/01
残り2分10点ビハインドやりました 2015/05/13
3対2と3対3 2015/04/22
V字レイアップ 2014/07/17

——————————————————————————–

【ディフェンス】
クローズドディナイとオープンディナイ 2018/10/11
対ピックディフェンス/ホワイト・ブルー・レッド 2018/06/27
ブリッツ-対オンボールピックディフェンス 2018/04/30
バンプ 2018/04/06
マッチアップゾーンとスライディングゾーン 2018/03/23
抜かれた方向で異なるヘルプの動き方 2018/02/09
ポストのミスマッチ対策 2017/10/18
リバウンド後のキープ姿勢、スクリーンアウトの正面と背面の違い 2017/02/08
オフェンスリバウンドとディフェンスリバウンド 2017/01/25
ボールボイスとラストボイス 2017/01/11
ショーディフェンス 2015/10/28
マンツーマンディフェンスの復習 2015/10/14
女子ゾーンディフェンスコンセプト 2015/07/28
ファンディフェンスとファネルディフェンス 2015/04/28

——————————————————————————–

【トレーニング】
スクエアパス&ピック 2017/01/18
サーキットトレーニング(インナーマッスル・アウターマッスル) 2015/08/19
周辺視野&状況判断強化トレーニング 2015/02/20

——————————————————————————–

【座学】
審判の基本を押さえる、審判四原則・ファウル三確認主義・3S 2019/04/16
入ると思ってシュートすると成功率があがるのか? 2019/03/27
スタッツとボックススコアの付け方、ケーススタディー 2019/01/23
スタッツとボックススコアの見方 2019/01/22
ファウルアフターシュート 2018/11/21
ナンバープレイなどのフォーメーションを覚える流れ 2018/11/15
フェイク・ア・ファウル(フロッピング、シミュレーション) 2018/11/02
モチベーション不要論 2018/10/26
バスケにおける良いプレイと悪いプレイの定義 2018/10/17
スポーツ指導者のための倫理ガイドライン 2018/02/09
ゼロステップ 2018/02/06
ウォームアップとクールダウン 2017/12/12
クラブチームの男女の違い(女子クラブチームの男性コーチ向け) 2017/12/08
バスケIQ向上計画表 2017/10/20
ジャンプボール考察 2017/10/05
セカンドネイチャー 2016/11/09
35秒3点ビハインド実演 2016/10/12
3C分析 2016/10/05
交代とタイムアウト 2016/09/14
ファウルゲーム 2016/09/07
ターンオーバー考察 2016/08/09
バスケットボールのラインとエリアなどの名前を覚える 2016/07/27
ファウルの定義 2016/01/20
ソリューションスキル~問題解決のいろは~ 2015/12/16
ステップインシュートは軸足を離した後に自由足で踏み切ってジャンプしてもトラベリングではありません 2015/05/19

——————————————————————————–

【JBAルールテスト用問題集】2018/11/20更新
001~010問
011~020問
021~030問
031~040問

オフェンス戦術区分~フリー、モーション、オプショナル、セット~あなたはフリー派?セット派?

【オフェンス戦術四行まとめ】
☑フリーオフェンスとは、プレイヤーの自由意思のオフェンス
☑モーションオフェンスとは、約束事のあるフリーオフェンス
☑セットオフェンスとは、決まった方法で攻めるオフェンス
☑オプショナルオフェンスとは、ロジックツリーに従って攻めるオフェンス

【フリーとセット以外の選択肢】

対マンツーマンオフェンスと対ゾーンオフェンス(ゾーンアタック)。
オールコートを使ったファーストブレイクとセカンダリーブレイク、ハーフコートになればフリーオフェンスと一定の条件で発動するセットオフェンス。
大体こんな感じにとらえていました。

モーションオフェンスという言葉は、昔からよく聞くけど、結局良くなんだか分からないオフェンスでした。
セットオフェンスのひとつのプレイのこと?
ただでさえオフェンスの種類は複雑なので、今まで曖昧でしたが、「バスケットボールの教科書2~戦術と戦略の核心」にてわかりやすく説明されており、やっと理解することができました。
鈴木良和先生にスペシャルサンクスですね。
バスケットボールの教科書2よると、オフェンス戦術はフリー、モーション、オプショナル、セットの四つに区分けできるそうです。

【フリーオフェンス】

フリーオフェンスとは、プレイヤーがそれぞれ状況を分析して、その場にあった最適な選択を自由に行うオフェンスです。
その場で集まったピックアップゲームだと、当然フリーオフェンス一択になります。
また、クラブチームのように人の入れ替わりが多いチームもフリーオフェンス一辺倒のチームが多いです。
フリーオフェンスは個人の能力がそのまま試合に反映されます。
高いバスケIQを持っているチームであれば、フリーオフェンスの中でも色々なコンビネーションプレイを生み出せます。
正しい判断力がないと、チームオフェンスが機能せず、個の力で勝負してしまうことになります。

【モーションオフェンス】

モーションオフェンスとは、チームで統一した約束事のあるフリーオフェンスです。
フリーオフェンスから何も発展しないと、個の力を磨いてもらうしか、チーム力の向上ができません。
そこで、フリーオフェンスで発見したことを共有し、「こうなったら、必ずこれをする」などという約束事を作っていきます。

〇カッティング&リプレイス

パスを出した後の決まり事がないと、トップからパスを出した後にトップにとどまり続けるプレイヤーがいます。
チーム方針や状況によっても変わりますが、トップの動きが止まると、全体の動きも少なくなります。
そんなときパスを出したプレイヤーは必ずカッティングして、空いたスペースは他のプレイヤーがリプレイスすることを約束事とします。
この約束事のおかげで、一つの動作に連動して周りが動くことになります。
「どう動けばいいか分からない」と迷っているプレイヤーに対して、受け身の形で連動して動けます。…

入ると思ってシュートすると成功率があがるのか?バスケ心理学

【シュートとはシュート動作のルーティーンワーク】

「自信を持ってシュートをうて!」
「決めるつもりでシュートしろ!」
私も良く言いますし、よく耳にする言葉です。
ですが、実はこの言葉、あまり好きではありませんでした。
シュートはシュート動作(ルーティーンワーク)の追求作業。
自信があろうがなかろうが、動作が一緒ならば成功率に変化はない。
これが私の持論でした。

【接戦に強い】

過去3試合で、女子は4Qでの逆転負けに苦しんでいます。
試合後のミーティングで終盤での気持ちについて話しました。

「4Qで10点リードが3点リードにまで詰められた時に、負けるかも?と思った人いる?」
ほぼ全員が負けるかもと思っていたことが発覚。
「男子は接戦に驚異的に強いよ。
絶対に負けるかもなんて思わないから、絶対に勝つと思ってプレイし、実際に勝ってるよ。
まずは、負けるかもなんて思わないで、絶対に勝てるとマインドセットしようよ」
私はこれで簡単にマインドセットできちゃう人間なんですが、女子はマインドセットが難しいのでしょうね。

ただ、論点はこの先。
ん?「勝てるんだ」とマインドセットした方が本当にいいのか?
勝敗とは関係ないんじゃないのかな??
と、自問自答しました。

【単なる感情論では?】

・決めるつもりでシュートする。
・勝てると思って接戦をプレイする。
上記の二個はともに精神論で結果を変えようという試みですね。
これって感情論であり、本当に結果に影響を与えるのでしょうか?
悶々とする日々が過ぎた中、一つの書籍と出会い、疑いが晴れ、感情論ではないという確信に変わりました。

【PKでの心理と結果の関係】


スポーツ心理学者ジョルテの「期待の科学」に出てきたデータを図にしてみました。

サッカーのPKの平均成功率は75%のようです。
初対戦(直近でPKで試合したことがない相手)のチームに対しては成功率が74%と、平均成功率とほぼ一緒です。
4本中3本の成功が、一般的なPKの成功率だと思ってください。

それに対し、直近でPK勝ちしている相手チームに対してはシュート成功率が87%となります。
心理状態で言うと、勝てるかもと思っている状態ですね。
平均よりも12%アップという結果になります。

反対に、直近で…

スペインピック(ダブルスクリーン・ポップ&ロール)は今や世界中で使われるバスケ戦術

【スペインピック三行まとめ】
☑PnRのスクリナーにスクリーンする三人のコンビネーションプレイ。
☑リオ五輪でスペイン代表チームが多用したのでスペインピックが通称となった。
☑スペインピックを悟らせないための仕掛けを入れると効果的。

【スペインピックとは】

スペインピックとは、PnR(ピック&ロール)のピックマンのディフェンス(またはボールマンのディフェンス)に対して、三人目がスクリーンをかける、コンビネーションプレイです。
現在、NBAを含む多くの世界中のチームが採用しているコンビネーションプレイとなります。
正式名称は「ダブルスクリーン・ポップ&ロール」と呼びますが、リオ五輪(2016年)で銅メダルに輝いたスペイン代表チームが多用したことをきっかけに世界中へ広まったので「スペインピック」という通称名が流行しました。
「ボールマンがすべてではない-バスケの複雑な戦術が明らかになる本」の著者でもある千葉ジェッツヘッドコーチ大野篤史氏は「スクリーンヘッジャー」という名前で紹介しています。

【スペインピックの動き】

スペインピックは、先にかけたスクリナーがゴール方向にダイブ、後からきたピックマンが3Pラインの外側方向にポップアウトします。
ボールマンはドライブからのレイアップまたは止まってミドルシュート、ダイブへのディッシュ、ポップアウトへのアウトサイドパスを選択します。

トップリーグでは対スペインピックディフェンス(オールスイッチ、またはアンダー)も研究されていますが、クラブレベルだとまだ対応がうまくできていない状態です。

【スペインピックを分解写真で説明】

上のYOUTUBEを見てくれれば一発で分かると思いますが、一応説明します。

〇アライメント

本文では、オフェンスのG・F・Cを「OG」・「OF」・「OC」、ディフェンスを「DG」・「DF」・「DC」と表記しました。
画像だとスペースの関係で白字がオフェンス、黒字がディフェンスとなります。
スペインピックを仕掛ける位置としてはハイピック(OGが高めのトップの位置)が理想です。
ウイングピック(45度)からでも仕掛けられますが、ハイピックの方がスペースを広く使えるので、ハンドラーのドリブル技術があるならば、ハイピックがおすすめです。
最初にピックを仕掛けるスクリナー(OC)はインサイドにダイブして、ゴール下でパスを受けてアタックできるプレイヤーがおすすめです。
残り二名はスペースを最大限に確保できるようにコーナーにて待機します。
このオフボールマンの動きはピックプレイ全般に共通する大事な動きとなります。

〇1stピック


上記の画像だと、OCがミドル(真ん中)側にスクリーン(ピック)をかけました。
OGがスクリーン方向にドライブしたので、DGがファイトオーバーで対応しようとします。
結果的にはチェイス(追跡者)の形で、OGを後追いしています。
DCは自分のマッチアップに対して距離をとって守っています。
これはアンダーまたはホワイトという守り方で、OG、OCの両方に対応できるように守っています。
OCはゴール方向にダイブしています。

〇2ndピック


ここまでは普通のハイピックからのPnR(ピック&ロール)となります。
スペインピックの場合は、プラスして、OFがDCにバックスクリーン(背後からのスクリーン)を仕掛けます。
アンダーでOGとOCの両方に対応できるように守っていたDCが二回目の背後からのスクリーンで無力化します。

〇フィニッシュ