カテゴリー別アーカイブ: ファンダメンタル

【オフェンス】
ゼロステップ×ユーロステップ 2018/08/06
ハンドサイン 2018/07/23
ランニングシュートバリエーション 2018/05/07
PTPに基づいたランニングシュート 2018/04/17
アンダーハンドレイアップとオーバーハンドレイアップ 2018/04/11
アウトサイドアウトとキックアウト 2018/03/20
オフボールスクリーンの種類とコツ 2017/11/15
オフェンスリバウンドの役割 2017/11/08
スタックからのカッティング 2017/08/03
ノックアウトシューティング 2017/03/08
ポストへのボール入れ 2017/02/23
エンドライン沿いのペネトレイト 2017/01/31
オフェンスリバウンドとディフェンスリバウンド 2017/01/25
4つの抜く技術 2016/12/21
シザース 2016/12/14
オフボールオフェンスの動き方 2016/11/30
ドライブの合わせ(4D) 2016/11/16
ボール運びとキャッチミス 2016/11/09
オフボールの2on2スクリーンプレイ 2016/08/24
ボースハンドシュート 2016/08/10
バスケットボールのフェイクの種類を思いつく限りあげてみた 2016/07/20
フォーメーションの覚え方と考え方 2016/01/06
対小さなゾーンオフェンス 2015/08/26
スクリーンのかけ方・もらい方、2対1の攻め方・守り方 2015/08/05
ステップバックシュート 2015/07/01
残り2分10点ビハインドやりました 2015/05/13
3対2と3対3 2015/04/22
V字レイアップ 2014/07/17

——————————————————————————–

【ディフェンス】
クローズドディナイとオープンディナイ 2018/10/11
対ピックディフェンス/ホワイト・ブルー・レッド 2018/06/27
ブリッツ-対オンボールピックディフェンス 2018/04/30
バンプ 2018/04/06
マッチアップゾーンとスライディングゾーン 2018/03/23
抜かれた方向で異なるヘルプの動き方 2018/02/09
ポストのミスマッチ対策 2017/10/18
リバウンド後のキープ姿勢、スクリーンアウトの正面と背面の違い 2017/02/08
オフェンスリバウンドとディフェンスリバウンド 2017/01/25
ボールボイスとラストボイス 2017/01/11
ショーディフェンス 2015/10/28
マンツーマンディフェンスの復習 2015/10/14
女子ゾーンディフェンスコンセプト 2015/07/28
ファンディフェンスとファネルディフェンス 2015/04/28

——————————————————————————–

【トレーニング】
スクエアパス&ピック 2017/01/18
サーキットトレーニング(インナーマッスル・アウターマッスル) 2015/08/19
周辺視野&状況判断強化トレーニング 2015/02/20

——————————————————————————–

【座学】
シュートアフターファウル 2018/11/21
ナンバープレイなどのフォーメーションを覚える流れ 2018/11/15
フェイク・ア・ファウル(フロッピング、シミュレーション) 2018/11/02
モチベーション不要論 2018/10/26
バスケにおける良いプレイと悪いプレイの定義 2018/10/17
スポーツ指導者のための倫理ガイドライン 2018/02/09
ゼロステップ 2018/02/06
ウォームアップとクールダウン 2017/12/12
クラブチームの男女の違い(女子クラブチームの男性コーチ向け) 2017/12/08
バスケIQ向上計画表 2017/10/20
ジャンプボール考察 2017/10/05
セカンドネイチャー 2016/11/09
35秒3点ビハインド実演 2016/10/12
3C分析 2016/10/05
交代とタイムアウト 2016/09/14
ファウルゲーム 2016/09/07
ターンオーバー考察 2016/08/09
バスケットボールのラインとエリアなどの名前を覚える 2016/07/27
普段から審判をやろう 2016/02/03
ファウルの定義 2016/01/20
ソリューションスキル~問題解決のいろは~ 2015/12/16
ステップインシュートは軸足を離した後に自由足で踏み切ってジャンプしてもトラベリングではありません 2015/05/19

——————————————————————————–

【JBAルールテスト用問題集】2018/11/20更新
001~010問
011~020問
021~030問
031~040問

2018年度 JBAルールテスト用問題集(021~030問)

JBAルールテスト用の問題集からの出題です。

【Q21、ユニフォームの濃淡の交換】

両チームの話し合いで双方が了解した場合もシャツの色の濃淡は交換することはできない。
A21へ

【Q22、アームスリーブ】

アームスリーブは身につけても差し支えないが、同じチームのプレーヤーは同じ色を着用しなければならない。
A22へ

【Q23、ドクター】

ドクターは審判の許可なしにコートに入ることができる。
A23へ

【Q24、怪我の交代】

ゲーム中に出血をしたり傷口の開いているプレーヤーは、交代をしなければならない。
A24へ

【Q25、怪我の交代】

出血をしたり傷口の開いているプレーヤーはどちらかのチームに認められたタイムアウト中に回復した場合、スコアラーの交代のブザーの前であってもプレーを続行することはできない。
A25へ

【Q26、怪我の交代】

コーチによってゲームの最初に出場すると指定されたプレーヤーが怪我をした場合は、交代をすることができる。
この場合、相手チームも希望をすれば、同じ人数だけプレーヤーを交代することができる。

A26へ

【Q27、選手の遅刻】

ゲーム開始後に到着したチームメンバーはスコアシートに記載されていてもゲームに出場することはできない。
A27へ

【Q28、スコアラーズテーブルへの確認】

ゲーム中いつでも、コーチあるいはアシスタントコーチは、スコアラーズテーブルに行きスタッツの情報を得ることができる。
A28へ

【Q29、立ち続ける】

コーチとアシスタントコーチは、一度にどちらか1人であればゲーム中に立ち続けることを認められている。
A29へ

【Q30、プレーのインターバル】

ゲーム開始前のインターバルは、第1ピリオドを始めるジャンプボールで、トスアップのボールにどちらかのチームのジャンパーが触れたときに終わる。
A30へ

A21、ユニフォームの濃淡の交換】

両チームの話し合いで双方が了解した場合もシャツの色の濃淡は交換することはできない。
正解:×
難易度:D
解説:両チームの話し合いで双方が了解した場合は、シャツの色の濃淡を交換することができる。
参照:第4条 チーム

2018年度 JBAルールテスト用問題集(011~020問)

JBAルールテスト用の問題集からの出題です。

【Q11、チームベンチパーソネル】

通常、それぞれのチームベンチエリアには、コーチ、アシスタントコーチ、交代要員、5個のファウルを宣せられたチームメンバー、チーム関係者からなるチームベンチパーソネルのために16席(国内大会においては、チームベンチパーソネルのための席数は、大会主催者の考えにより変更することができる。)が用意されているが、座席に空きがあればチームベンチパーソネル以外の人もチームベンチエリアにいることができる。
A11へ

【Q12、スローインライン】

スローインラインとは、スコアラーズテーブルと反対側のサイドラインにコートの内側に向かってサイドラインと直角に引いた、長さ0.15mの2本のラインをいう。
A12へ

【Q13、ノーチャージセミサークル】

ノーチャージセミサークルのラインは、ノーチャージセミサークルエリアの一部である。
A13へ

【Q14、スタッツ担当者】

スタッツ担当者がいる場合は、スコアラーズテーブルの中央あるいは後ろに席を設ける。
A14へ

【Q15、バックストップユニット】

コートを背にして立ったときスコアラーズテーブルに向かって右側から、タイマー、ショットクロックオペレーター、コミッショナー(同席している場合)、スコアラー、アシスタントスコアラーの順に席を配置する。
A15へ

【Q16、バックストップユニット】

バックストップユニットとは、バックボードとプレッシャーリリースリングで構成されるバスケット、バックボードサポート(パッドを含む)で構成される。
A16へ

【Q17、バスケット】

バスケットとは、プレッシャーリリースリングとネットで構成される。
A17へ

【Q18、ブザー】

バスケットボールのゲームを行うときには、3種類以上の明瞭に異なる音色の、大きな音の出るブザーを用意しなければならない。
A18へ

【Q19、交代要員】

プレーのインターバル中は、プレーをする資格があるチームメンバーは全て交代要員とみなされる。
A19へ

【Q20、交代要員その2】

タイムアウトもしくはプレーのインターバル中、交代要員がスコアラーに交代を申し出たとき、プレーヤーは交代要員となる。
A20へ

A11、チームベンチパーソネル】

通常、それぞれのチームベンチエリアには、コーチ、アシスタントコーチ、交代要員、5個のファウルを宣せられたチームメンバー、チーム関係者からなるチームベンチパーソネルのために16席(国内大会においては、チームベンチパーソネルのための席数は、大会主催者の考えにより変更することができる。)が用意されているが、座席に空きがあればチームベンチパーソネル以外の人もチームベンチエリアにいることができる。
正解:×
難易度:D
解説:チームベンチパーソネル以外の人はチームベンチから後ろに2m以上離れていなければいけません。
最近では、クラブの試合で子どももベンチに入れなくなった大会が増えてきましたね。

参照:第2条 コート

2018年度 JBAルールテスト用問題集(001~010問)

JBAルールテスト用の問題集からの出題です。
自己学習用にアップしました。
引用:2018年度 JBAルールテスト用問題集

【Q1、自チームのバスケット】

バスケットボールにおいて、それぞれのチームの目的は「自チームのバスケットに得点すること」および「相手チームが得点することを妨げること」である。
A1へ

【Q2、進行】

ゲームは、審判、コミッショナー(同席している場合)によって進行される。
A2へ

【Q3、自チームのバスケット】

1チームが攻撃するバスケットを「自チームのバスケット」といい、防御するバスケットを「相手チームのバスケット」という。
A3へ

【Q4、コート】

コートの大きさは、ラインの内側からはかり、縦28m、横15mとする。
A4へ

【Q5、バックコート】

バックコートとは、自チームのバスケットの後ろのエンドライン、サイドライン、センターラインで区切られたコートの部分をいい、自チームのバスケットとそのバックボードの内側の部分を含む。
A5へ

【Q6、フロントコート】

フロントコートとは、相手チームのバスケットの後ろのエンドライン、サイドライン、センターラインの相手バスケット側の端で区切られたコートの部分をいい、相手チームのバスケットとそのバックボードの内側の部分を含む。
A6へ

【Q7、コート】

コートは、境界線(エンドラインおよびサイドライン)で囲まれている。
これらのラインはコートには含まれる。

A7へ

【Q8、センターライン】

センターラインは、両エンドラインと平行に両サイドラインの中央を結ぶ。
センターラインはサイドラインより外側に0.15m延長する。
センターラインはフロントコートの一部である。

A8へ

【Q9、制限区域】

制限区域は、エンドライン、フリースローラインおよびフリースローラインを両側0.65mずつ延長したライン、エンドラインの中央から左右2.45mの点からフリースローラインを延長したラインとの交点で区画されたコートの長方形の部分をいう。
エンドラインを含む制限区域を区画するラインは、制限区域の一部である。
A9へ

【Q10、スリーポイントライン】

スリーポイントラインは、スリーポイントフィールドゴールエリアに含まれる。
A10へ

A1、自チームのバスケット】